外国人にケツ穴をガバガバにさせられた彼女

この体験談は約 3 分で読めます。

大学の時に付き合ってた女の話です。
お互い英語系の同じ学科で、2年の時に同じゼミになった。
お互い趣味がダーツってこともあって、一緒にダーツバーとかネットカフェ行ってたら距離が近付いて恋人同士に。

純粋だけど、どこかズレてるところもある子だったけど、基本的には真面目で一生懸命。
バイトばっかしてた俺とは違い、実夏(彼女)は色々考えてて、3年の前期に大学の奨学金利用してカナダへ海外留学へ。
その話を聞いたとき、半年間海外に行くってことだし、向こうは日本人って人気あるみたいだから、ちょっと心配になった。
特に実夏は色白で黒髪、典型的な可愛らしい日本人って感じだったから、特に心配だった。
浮気とかするタイプじゃないけど、やっぱり心配で。

(まぁ、きちんと夢を持って行くんだから、ちゃらちゃら遊んだりしないよな。まさか実夏に限って・・・というか、エロ漫画の読みすぎかよ、俺・・・)くらいに考えてた。

期間は半年、休学して向こうの大学に留学して色々勉強するらしい。

そして、実夏が留学して3ヶ月くらい経った頃に、俺も実夏に会いにカナダへ行ったんだ。
久しぶりのデートにテンション上がって、その夜、久しぶりに実夏とセックスした。
相変わらず実夏の中はキツいし、久しぶりのセックスに興奮したけど、バックでエッチしてるときに違和感があった。
実夏のアナルは小さくて可愛らしかったけど、今は肉がはみ出て捲れあがって、ものすごい状態になってた。
どう見てもこの変化はおかしい。
変な胸騒ぎがした。

「実夏・・・留学して俺以外の奴とセックスした?」

不意打ちの質問に実夏の身体がビクっみたいになって・・・どう考えても、やってる反応だった。
そいつにアナルを弄られたんだろう。
それだけじゃなくて、やられたりしたのかもしれない。
嫉妬混じりで強い口調で質問すると・・・実夏は白状した。

「ご、ごめんね・・・その・・・寂しくて・・・こっちに住むようになった時にすぐに口説いてきた男の子がいて・・・」

かなり情熱的に口説かれたらしかった。
実夏も、なんだかんだで日本人で、外国人の強引さには勝てなかったらしい。

「その・・・2週間くらい、その人と友達になってから強引に部屋の中に入られて・・・でもセックスしたら浮気になっちゃうと思って・・・」

だから、アナルセックスさせたらしい。
かなりムカついたけど、同時にこの部屋で小柄な実夏が外人にアナル犯されてるところを想像して、興奮してたのも事実だ・・・。

「な、そいつと俺、どっちが大きい?」

「そ、そんなこと・・・言えないよ・・・」

その反応からして、そいつのほうが大きいんだろう。
実夏に会いたいために必死にバイトしてここまで来たのに、とか思いながらムカつきながら興奮しながら、俺はコンドームを外して不意打ちで実夏のアナルに挿入した。

「んんんんんんんんっ!」

実夏は勃起した俺をすんなり受け入れた。

「いきなりなんてっ・・・ひどいよぉ・・・」

悲しそうな声を出しながらも、濡れてもないのにすんなりケツ穴に受け入れて・・・。
実夏のアナルは熱かった。
アソコより熱を持ってて、ドロドロだったけど、かなりガバガバで、まだまだ余裕がありそうだった。
たぶん実夏のこと口説いてアナルを貫いた奴は、かなりのサイズだったんだろう。
そして完全にケツ穴でも感じられるように調教されてて、俺が動くたびに喘ぐ。

「実夏のケツ穴、ガバガバだな。そいつと何回くらいケツ穴でセックスしたんだよ?」

「そんなこと、言えないよぉ・・・」

乱れながら泣きそうな声になる。
恐らく一度や二度じゃない。
この3ヶ月の間に何回となくやられたんだろう。
そりゃこんな小さな日本人がケツ穴でこんなエロく喘いでたら、何回でもやりたくなるだろう。
悔しさとか悲しさとかを感じながら、そのまま俺は実夏のアナルに中出しした。

それから俺だけ日本に帰って、半年後に実夏も帰って来て、俺とまた付き合いたいって言ってきたけど、実夏と付き合う気にはなれなかった。
さすがに外国人にアナルセックスされてケツ穴をガバガバにさられたような女とは・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!