新着情報

溢れだす父母の思い出[前編]

この体験談は約 3 分で読めます。

私の子供の頃は、男子は丸刈り、女子はオカッパか三つ編みが普通だった。
それでもって、こどもの床屋は親がやるのが通り相場だった。

たいてい母親がバリカンで刈り、首筋とか顔を剃るのを父親がやっていた。
庭にイスを出し、首の周りの風呂敷を巻き、落ちた髪の毛は庭ほうきで掃除した。
床屋がないわけではなかったが、それだけ貧しかったのだ。
その当時の日本は、どこも同じだったから、そのことを貧しいとか恥ずかしいなんて思いもしなかった。
首筋なんかを剃るのは父親の仕事で風呂に一緒に入り、洗い場で父がひげを剃るカミソリで剃ってもらった。
なあんて書くと、どこがエッチな話かと。

オヤジに「じっとしてろ」と怒られながら剃ってもらい、その後、オヤジは洗い場の壁にぶら下げてある鏡を見ながら自分のひげを剃るのがいつものパターンであった。
私は湯船に浸かりながら、オヤジが立ってひげを剃るのを見ながら、ちょうど自分の目の高さにあるオヤジのチンポによく見惚れていた。
それはこどもの目から見ればグロテスクな一物であり、先っぽには完全にムケ返っているでかい亀頭が付いていた。
子供心に自分の朝顔のつぼみみたいな細いのとは大違いなのに興味津々でありました。

母親ともよく風呂に入ったので、ふっくらした土手にふんわりした恥毛が生えていて、その下あたりから割れ目がある。
洗い場にタワシをかけるときに後ろから見えるお尻の穴と割れ目の間は繋がっておらず、そのへんにもわずかながら薄い恥毛が生えていた。
まだ、勃起も始まってないガキでも結構興味を持っていた・・・らしい。

精通が始まり、チンポが立ち始めてからは当然一人で入るようになり、そんなある晩、洗い場で洗っているといつものようにチンポが立ち上がり、大砲のように突き出した状態になった。
その時ガラッと窓が開き、母親が覗き込んだ。

「湯加減はどお?」

とっさに湯桶で股を隠したが、勃起してムケた亀頭が母親の目に入ったらしい。

瞬間的に窓が閉められた。

母親にとって息子の勃起したチンポはどう感じたろう。

「すっごい!息子も大人なんだ」と思ったか、それから母親はいきなり開ける事はなくなった。

その頃になると、かつて見惚れていたオヤジのムケかえった巨大な亀頭が、夜に母と同衾すると固く反り返り、洗い場で見た母の柔らかく閉じた割れ目を押し広げ、巨大な陰茎は母の愛液にまみれながら、何度も抽送されたりして、睦言を云い合いながら、おびただしい精液が堰を切って子宮口に吐き出される。

そんな妄想が頭の中を駆け巡ってばかりいた。

お風呂で剃ってもらっていたのは小学校の低学年だったから、その後、妹が生まれている。
よくその頃、祖母が一緒に寝ようと誘ってくれていた。

アレはそういうことだったのか。
両親二人きりの閨房で子種を宿すべく、奔放に夫婦のお楽しみを満喫していたのだ。

当時、私は8歳。
そうすると母は29歳、父は34歳か。
そりゃ、種付けでなくてもやりまくり時代だったか。
そうだなあ、子が学校へ上がって手が空いて、夫婦生活に関心が戻り、成熟したカラダになっている母を、男盛りチンポの立ち盛りの父が放おっておくはずがない。
母のオマンコは毎晩乾く暇もなかったと思う。
いや、母が父のチンポなしで寝られなかったのが正解か。

そういや、あの頃、母の敷布団だけ下半分にバスタオルが敷いてあった。
当時は「なんで母だけ?」って言うと、「お母さんは夏でも腰が冷えるから・・」と言ってたが、あれは父の精液や母の愛液で敷布団が汚れるからだったんだな。
よくあのタオルは洗濯してたなあ。

そういや、夜中に小用に立った時、便所で母と鉢合わせ、母がしゃがんでるのを見たけど、寝巻きを捲って用を足してたけど、その下にパンツを穿いてなかったなあ。

・・・まだある。
風呂から上がった父がパンツを穿かず、前に宛てがってうろうろしてた。
母が「パンツ穿きなさいよ、みっともない」と、たしなめたら、「今日はパンツを穿かずにせにゃならんことがあるから」と言ったら黙ってしまった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!