新着情報

道で拾った泥酔キャバ嬢2人に中出し

この体験談は約 7 分で読めます。

もう結構前になるかな。
◯田のキャバで飲んでたんだけど、キャバ嬢のお持ち帰りに失敗したのさ。

「今日は彼氏が迎えに来るから◯◯クンと飲みに行けなくなった」って。

2回お持ち帰りしてる子だったから、(ヤリたくなったら店に行く!)って感じだったのに、ちょっと何かあてが外れてしまいムッとしててね。
大して飲んでねーし、仕方なしに店を出た後(ちょっとむなしい、負けた感じ)、車で帰ったのさ。
◯田駅の方に向かい車を走らせ、細い路地をやっとこ車で通ると、キャバ嬢らしき女が2人でうずくまってる。

「出たー!大ヨッパ、スゲー邪魔!」

などとぶちぶち言ってたけど、別の考えも出てきた!

「オネーサン車ぶつかっちゃうよー」

とか声かけてみる。

「あ、すいませーん」

「ほらー◯◯、轢かれるしー」

「ちょっと動いてよ」

なんて、どかそうとするが動かない。
俺は、「しょーがないなー大丈夫?」なんて言いながら車を降りていく。
状況を見るに、2人は両方とも酔っぱらいだが、1人は大ヨッパ、もう1人が辛うじてって感じだな。
店が引けたキャバ嬢なら普通は送りが付くはずなんだけどなぁとか思いながら・・・。

俺「すげーヨッパだね、何してんのよ、こんなとこで?」

女「ごめんなさい。チョーしつこい客がいてー、余裕でバックレたんだけど、コイツが死んでー」

全然余裕に見えないのは俺だけか?
要は店が終わって客とアフターしたんだけど、「やらせろ」としつこいので酒を飲ませて、潰れたところを見計らって逃げたと。
なるほどね、おまけに自分の限界も超えてしまったと。

俺「俺さ、送りのバイトやってんだけど、もう終わりだからついでに乗ってくか?」

何のついでか知らんけどさw
ワゴン車バンザイって感じで、向こうも、「え?いいの?」状態。

女「イヤイヤ、いいですよ、そんな、大丈夫ですからー」

俺「バッカ、こんな所で潰れてちゃ危ねえって、いいよ別についでだから」

ちょっと強気、しかも何のついでだ?

女「でもチョー悪いし、大丈夫だからいいです」

俺「まぁいいよ、別に金なんて取らねーから、今度店行くからサービス宜しく。とりあえずこの子積むかー」

ヨイショっと。

俺「で、何ちゃん?道を教えてもらうから横でいい?」

女「すみません、チョー助かったかも」

俺に角とシッポが生えてきましたよw
いざ車発進!
大ヨッパは後ろのシートで寝かしてる。
積み込む時、すでに触りまくり、でも無問題。
ちょっと行った所のコンビニで停める。

俺「とりあえず何か飲むか?酔い覚ました方がいいでしょ?」

女「ありがとー、チョー嬉しい、ってかチョー優しいかも」

俺「何にする?ビールでいい?w」

女「キャハハハ無理っ!覚めないし!」

俺「じゃミルクティでいっか?」

女「甘いコーヒーがいい」

なんて会話をしながらレッツゴー。
どうやら◯◯団地の方みたいだな。
適当な軽口叩きながら◯◯団地の近くまで来た。
キャバ嬢の愚痴なども聞いてあげてたのでいい感じだね。

俺「後ろの子、まだ駄目っぽいからちょっと車停めとこか?」

なんんて言いながら車を停めました、暗がりに。
結構運が良かったのが、この時に話を弾ませといて仲良くなっていたこと。
普通は「もうこの辺でいいです」状態になるんだけどな。
女も、もうちょっと話したい状態になってたから、お互いシートを倒し、寝転がりながらしばらく話をしてた。

女「なんか普通に眠くなっちゃったんですけど」

俺「じゃとりあえず帰って寝なされ、後ろの子はどうする?」

半分はこのまま仲良くなって後々口説こうかなとも思っていたのさ、ま、うまく行けばね、それはそれ。

女「無理、まだここにいる」

俺「じゃ、とりあえず楽しい話でもして」

女「訳わかんないしーw」

俺もだ!
そのまましばらく会話・・・と言うか、もはやピロートーク状態。
角とシッポは何処へやら。

女「普通に眠いしー。◯◯クン(もうクン付けだしな)ちょっとしたら起こしてー」

(キュピーン!ちょっとチャンス!)

俺「寝たらイタズラするから宜しく」

女「サイテーだし」

俺「お約束でしょ?早く寝なされ、イタズラ出来ないと困るから」

女「何それ~、最悪ジャン。◯◯クンってヤリチン星人だったのね?騙されたわァ」

全っ然嫌そうじゃなかったので調子コイてみた。

俺「ヤリチン星人はヤラナイと星に帰れないのさ」(←馬鹿)

女「チョー最悪、店の子とやればいいじゃん」

俺「無理、ろくなのいねぇし(本当は、送迎なんてやってねーし)、◯◯みたいに可愛いコいねーし」

女「チョー口説いてるよ、この男は。アタシ、喰われちゃう・・・シクシク」

俺「ハイハイ、もう寝な。イタズラ出来ねーからよ」

と、なんとなく女が寝始めた。
こっそり胸を揉んでみる。
女は何も言わない。
俺の中で性獣君臨!
カモンマイサン!

とはいえ、凄くソフトにお触り開始。
服の上から撫でる、優しく風のように撫でながらブラをちょっと下げる。
上半分レース地みたいなもんだからシャツの上からずらす感じ。
乳首確認!
撫でてると立ってきた。
しばらくコリコリ弄ってると異変が!

女「んっ・・・」

俺ビックリ!
てっきり怒られるかと思ったら、こっちに向きを変えてきただけだったのね。
しかし仕事がしやすくなりました。
(今考えるとわざとか?)
シャツがたわんだので下から胸に手を入れてみる。

「隊長!生乳首発見しました!」とか小さく言ってみる。

「うむ、ごくろう!舐めてみたまえ」とか自作自演、・・・いや自問自答しながらシャツをそっと捲る。

この状態だとバレてもおふざけって感じで通せるかなと思ってさ。
しばらく生乳首レロレロしまくってるとまたもや異変!

女「ンッ・・・気持ちいい・・・かも・・・」

って俺の頭を凄く弱いが抱きかかえてきた!
ちなみに若い子の乳首はどうしてあんなにとんがってんだろな?
子供産んだら円柱型になるよな。

それは置いといて、起きてんじゃん!
そうなったらこっちも止められません。
甘噛み状態で激しく舐めながら優しく背筋を撫でる。
そのうち女が・・・。

女「ンッ・・・ンンッ・・・ヤリたくなっちゃうでしょー・・・ンッ・・・気持ちよくすぐったい」

とか言ってきたので・・・。

俺「くすぐったいのちょっと我慢してて・・・気持ちよくなってくるから・・・」

なんて甘い声で応戦しちゃったり。
ここまで来りゃもうこっちのもんでしょう。
ここからは、ちょっと当時の会話形式で書くね。

女「マジヤバイ・・・気持ちいい・・・結構遊んでんでしょ・・・ンンッ!」

俺「遊んでなんかないって、だって◯◯すげ可愛いんだもの」(←意味がわからん)

女「絶対遊んでんよ、この男わぁ・・・チョーヤバイ・・・マジキモチイ」

そのままやっと下の方へ・・・しかしまだまだソフトタッチ。
昔インターネットで一生懸命勉強したその成果や如何に!
女も店帰りなのに短いスカート&見せパン。
見せパンの上からちょっと力入れ気味で縦方向に擦る。

(見せパン固っ)

女「もう我慢できなくなっちゃうよ・・・チョー気持ちいい、手・・・入れてもいいよ・・・」

パンツと見せパン(見えパンとも言う)を一気に下ろす。
・・・が、ブーツが邪魔で脱げない!
仕方がないのでカエルみたいな格好になる。
マンコの周りだけ、触れるか触れないかの力で撫でる。
女の腰がグネグネ動く。

女「◯◯クン・・・エッチしよ・・・」

ここまできて何言ってんだか、言われなくとも止まりませぬ。
とりあえずマンコ舐め開始。
さっきより強く俺の頭を押さえてマンコに押し付けながら腰を振ってきた。

(い、息が・・・)

片手でなんとかブーツを脱がす。
ジッパさえ下ろせばあとは楽、全部脱がしてみる。
とりあえず下は全脱がし、思いっきり足を開かせ、さらにマン舐め。
相変わらず顔を押し付ける。
攻守交替、フェラをしてもらうが結構上手い!

(最近の子ときたら・・・)

俺「ウッ、気持ちいい・・・上手いな、お前も遊びすぎ!」

女「そんなことないよ、◯◯クンほどじゃないって」

俺「ヤベ、イッちゃうよ。◯◯に入れていい?」

女「イイヨ・・・」

挿入開始!
女は後ろの子も気にしてか声を一生懸命噛み殺す。

俺「イッちゃうかも・・・」

女「今日生理終わりだから全部出していいよ」

すみません、中出しです、神様のプレゼント。
終わった後、あることに気付くんだけど、(後ろの子、大丈夫かな?)と思ってみたらまだ寝てる。
でも熟睡っぽくないんだよね、結構ヨッパなはずなんだけど。
てなことを2人で話してたら・・・。

女「◯◯?起きてる?シカト?(俺に)コイツ、起きてるっぽい!」

俺「イタズラするしかないな」

女「マジ?やめなよ!キモッ!」

俺「っていうか、今やったし!」

そうこう言いながら俺が今終わった子とスケベな遊びして(触りっこ等)また盛り上がってきたので、◯◯にもスケベなイタズラしよう!となったのさ。
(さっきの話はどこ行った?)
で、女が、「ほーら、気持ちいいだろ」とか言って胸を揉んでたので、俺はいきなりマンコに手を伸ばす。
足を閉じていたけど、上向かせて見せパンの脇から指を入れる。

(それにしても見せパン固てぇ!)

毛を乗り越えて下の方へ・・・(ええっっ!)

女「ホントに指入れてる!マジ?ヤラシー!」

俺は全然気にしません。
それよりもっと気になることがあったのです。

俺「なんかスゲー濡れてるぞ、見せパンじゃなかったら思いっきり濡れてるの分かるし」

女「マジ?バレてた?◯◯、起きろよー!」

俺「ちょっとやってみたいことがあるんだけどお願い」

女「何?◯◯とヤルの?ハイ!無理~」

俺「ヤラナイっての(怒)。ちょっと来て」

両方の女のマンコに両手の指入れて「これをやってみたかった」と。
女にさんざん文句言われながらも指は両方こねくり回しました。
片方の指は千切れるんじゃないかと思ったけどね。
でも、そのうちもう1人がハァハァ言い始めた。

(やっぱ起きてるよこいつ!っていうか酔ってないの???)

1人がハァハァしだすともう1人も盛り上がってきた!
しかも無言!
さっきまで話してたのに。
とりあえず、もう1人の見せパン&パンツを脱がす。
さっきの子は中出したのですげーヌルってた。
凄く変なカッコで両手でマンコ突きまくってる俺。
こんな事ならホテルでも行きゃ良かった。
そのうち、もう1人の前にチンコ出したら無言で口に入れてくれた。
そのままその子とヤッちゃって。
さっきの子には指マンしながらね。

その後、夜が明け始めたんで2人降ろして帰ったんだけど、なんかサクサク降りてったような気が・・・。
酔いはとっくに覚めてたのか?
後半戦はほとんどみんな無口だったな。
でも大ヨッパの子はいつ起きてたんだろ?
普通はゲロ吐いてそのまんまなんだけどね。

嘘みたいな話だけど本当の話。
けど、もう2度とないだろな。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

婚外恋愛