高校生の息子とその友人たちの性玩具に堕ちた私

この体験談は約 5 分で読めます。

1人息子の夏休み初日にとんでもない体験をしてしまいました。

私は42歳の専業主婦です。
主人は46歳、仕事の帰りも遅く、月に1、2度の愛情の感じられないセックスが続いています。
主人以外と関係を持つ勇気もなく、週3のオナニーで私の身体は満足しています。
通販でローターやバイブなど色々とグッズを揃えて楽しんでいました。

平日の昼間は1人きりなので、マンションのドアにカギを掛けてリビングで1時間ほど楽しみます。
もう3年くらい続いていて、安心して気持ち良くなれるんです。
子供の夏休みが始まっちゃうとオナニーもあまり出来ないから、7月に入ってからは息子が登校した日にオナニーをしていました。

7月15日のことです。

「今日は午前授業で1時頃に帰って来るから昼めしを作っておいて」

そう言って息子は学校に行きました。
掃除洗濯と済ませて、10時過ぎにオナニーを始めました。
リビングで全裸になり、オマンコに太めのバイブを挿入して動かしていると、リビングのドアが開き息子が入って来たんです。
目が合うと2人とも固まってしまい、数秒間そのままでした。

「すげーな、お母さん!生で見たの初めて!AVみたい!お母さんの身体でも興奮するよ!ヤバイよ!でも、やっぱりまずいよ」

そう言うと息子は自分の部屋に入って行きました。
私はどうしたらいいのかわからず頭の中は真っ白に・・・。
服を着て、しばらく放心状態でした。

「お母さん、お腹空いた!さっきのは見なかったということで良いよね。俺は大丈夫だよ、今まで通りね」

私は恥ずかしくて何も言えませんでした。

昨日のことです。
息子の友達が3人遊びに来ていました。

「お母さん、なんでもいいから飲み物持って来て」

息子の部屋をノックしてドアを開けてびっくりしました。
4人とも全裸でパソコンのいやらしい動画を見ながらオチンチンをしごいていたんです。

「おばさんもオナニーするんでしょ?俺の母ちゃんもう50歳になるけど、オナニーじゃ我慢出来なくて、俺が中1の頃からチンチン入れてるよ!今日も朝っぱらからしゃぶりついて来て、一発抜かれちゃったよ!おばさんのオナニーの話をタカ(息子)から聞いて、『お前の母さんだってチンチン見たらやりたくなるよ』って教えてやったら、『そんなことない』って言うから、それなら見せたらいいじゃんってことで、みんなでオナニーしてます」

友達の1人が平気な顔をして言ってきました。
そして4人が勃起したオチンチンを見せてきたんですが、息子のオチンチンがあんなに立派になっていたなんて・・・。

「お母さん、俺やっぱり我慢できない。入れたいよ!俺だけ仲間はずれなんだよ。3人とも自分のお母さんと初体験したって!だめなら、◯◯君のお母さんが喜んで筆おろししくれるって!」

友達の1人が私の後ろに回って私の頭を押さえつけました。

「しゃぶてあげなよ、タカ、どうしてもおばさんがいいんだって!」

私は立膝をついて息子のオチンチンを握ってしまいました。
それは硬く熱く勃起していて、先を含むと息子の口から「ウッ」と声が出て、少しずつ奥まで咥えてオチンチンをしゃぶっていました。
人前でフェラチオをするなんて初体験です。
ましてや相手は一人息子・・・。

「お母さん、気持ちいいよ、こんなに気持ちいいなんて」

他の友達が私の胸を揉みだして、Tシャツを捲られてブラジャーを外されて直に触りだしました。

「ダメよ、やめなさい」

言葉と裏腹に身体は感じ始めていました。

「結構巨乳じゃん。乳首もデカいし色も黒いぞ!おばさん好きでしょ、エッチするの?」

「何、触ってんだよ!俺だってまだ触ってないのに」

息子が怒って言いました。

「ごめん、ごめん、触るくらいいいじゃん!舐めるのはタカな!オマンコだって、最初に見るのも、触るのも、舐めるのも、入れるのもタカだから許してくれよ!」

「お母さん、ありがとう!それ以上我慢出来ない、出ちゃうから!」

息子は私を床に寝かすとTシャツを脱がして上半身を露わにしました。
そしておっぱいを揉みながら乳首を吸ってきました。
友達の3人はオチンチンを擦りながら私と息子の行為を見ています。
息子は下半身に手を伸ばし、スカートを脱がしてパンティーを下げられました。
開らかれたオマンコはすでにかなり濡れていました。

「お母さんのオマンコ触るよ、いい?・・・ヌルヌルしてる、これがオマンコなんだ」

クリトリスを触りながら指を膣の中に入れて動かし始めました。
私は声を出して感じだしてしまいました。

「お母さん、気持ちいいの?僕、初めてだからよく分からないけど、これでいいんでしょ?」

興奮しきった息子が激しく指を動かます。

「ちょっと痛いかも、もっと優しく動かして」

「ごめんね、優しくだね」

優しく動かされると、もうダメでした。

「いい、いい、そう、そこよ」

私の理性は飛んでいました。
ついに息子がオマンコ舐めてきました。

「ダメ、もう我慢できない!ちょうだい!タカちゃんのオチンチンを入れて!」

自分から息子のオチンチン握って上に乗り、騎乗位の体勢でゆっくりと腰を落としました。

「温かくて気持ちいいよ、これがオマンコの中なんだ。でももう出そう!中で出したら子供出来ちゃうよ」

息子の限界を知りながら、私は構わず腰を振り続けました。
すぐに息子が中に射精したのがわかりました。
オチンチンを抜くと大量の精液が流れ出してきました。
息子のオチンチンを口で綺麗にしてあげると、まだピクピクしていました。

「お母さん、ありがとう。最高に気持ち良かった。でも大丈夫なの?」

「タカちゃんは何も心配しなくていいの。お母さんも気持ち良かったわ」

友達のことなど忘れていました。

「タカ、やったじゃん!気持ち良いだろ、おまんこ!次は俺たちの番ね」

1人の子が、いきなり精液も拭いていないオマンコにバックから強引に挿入してきて・・・。
気持ち良いんです、この子のオチンチン・・・。
息子のより長くて太くて・・・。

「おばさん、まだイッてないだろ!俺がイカせてあげるから」

彼、まだ高校生なのに凄いんです。
ゆっくり速くとリズムに変化をつけながら、クリトリスも同時に触られて、すぐに一度目の頂点が来ました。

「おばさん、今イッたでしょ。すごい締まったよ。ちょっとヤバかったけど、まだまだだよ。ほら、◯◯もしゃぶってもらいな、たぶん上手だから」

初めての経験ばかりが私をおかしくしました。
人前でなど考えもしなかったセックス・・・それも息子と・・・。
気が付けば、口、オマンコ、両手にオチンチンと、一番楽しんでいるのは私でした。
何度も絶頂を迎え、息子と友達2人は3度ずつ射精しました。

一度、身体を許せば、彼らを止めることは出来ません。
夏休みはまだ始まったばかりでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!