ねじ曲がった性体験で変態になった彼女

この体験談は約 4 分で読めます。

私は40代前半のサラリーマンです。
結婚していて、妻も子供もいます。
結婚してからは浮気などなく、誠実な夫といったところですが、20代前半の頃は彼女がいてもセックスの相手を探しては遊んでいました。
その頃に出会った4つ年下の女の子、K子との話です。

出会ったのはK子が高校を卒業する少し前です。
小柄でグラマー、とびきり可愛いわけではありませんが、男好きのする顔立ちで、かなりモテる子でした。
ナンパされることも多かったそうですが、決して男について行くような子ではありませんでした。
にも関わらず、K子はかなりねじ曲がった性体験をしていました。

初体験はバイト先の店長にレイプされたそうです。
もちろんゴムなしの中出し。
妊娠させられたのではないかとビクビクしたそうです。

その後は好きだった男の子と付き合ったそうです。
彼と離れたくなくて、公園で朝まで一緒にいたそうです。
ホテルに行くお金もないので、公園で青姦。
セックスの最中に覗きが体を触ってくることもしばしばあったそうですが、大好きな彼氏とのセックスに夢中だったそうです。

ある日、彼氏の家に遊びに行って、彼のお兄さんと3人で話をしていたらエッチな話題になり、面白がって話をしていたのですが、突然彼氏がK子の体を触りだしたそうです。
冗談だと思い、笑いながら振り払っていたのですが、彼氏に押し倒され、服を剥ぎ取られ、下着もハサミで切り裂かれたそうです。
嫌がって抵抗すると、あそこにハサミを押し当てられ、無理やりセックスが始まりました。
彼のお兄さんも口にチンポを押し込んできて、顔を背けて口から出したのですが、「中出しされたくなければしゃぶれ」と言われて、従わざるを得ませんでした。
早く終わることを祈りながらな耐えていましたが、彼氏が「中に出していいか?」と聞いてきたので、「やめて!」とお願いしましたが結局中出し。
そして休む間もなく、今度はお兄さんが入れてきました。
泣き叫んで抵抗しましたが、男2人の力に抗えるはずもなく・・・。
2人が勃たなくなるまで代わる代わる犯され、中出しされまくったそうです。

その結果、妊娠してしまい、彼氏にそのことを告げても「兄貴の子じゃないの?」とあしらわれ、挙句に捨てられるはめに。
学校にも妊娠がばれてしまい、大学の推薦も取り消され、なんとか学校は卒業できたものの、その後は荒んだ生活を送ったと言います。

そんなK子と、最初は遊びのつもりで付き合っていましたが、セックスの相性と魅力的な体に惹かれ、やがて付き合うようになりました。
K子は遊び人ではありませんし、経験人数も多くはありませんでしたが、彼女はとても献身的で、男に尽くすタイプのセックスです。
ホテルに行っても部屋に入るなり私のズボンを脱がせ、跪いてフェラを始めます。
一度始めると私が射精するまで離さず、最後は精子を「美味しい」と言ってすべて飲み干します。
ベッドでは私を四つん這いにさせて、アナルに吸い付きながらチンポをしごきます。
私が攻めれば嬌声をあげて挿入をねだります。
普段はゴムを付けて挿入しますが、「生で入れて欲しい」とねだります。
安全日にはもちろん中出しです。

変態的な行為にも興味津々で、アナルでも私を受け入れます。
最初は痛がっていましたが、何度かするうちにアナルでもよがるようになりました。
私と付き合いだしてから、さらにセックスは大胆になり、私が許せば誰とでも寝るような子になりました。

私の仕事が終わるのを待って、迎えに来てはカーセックス。
その後、ホテルでセックス。
帰りにアベックが集まってカーセックスしている場所に行き、彼女を全裸にして外でセックス。
誰かに見られていると思うとそれだけで感じてしまうようで、挿入すると同時にイッてしまい、腰が立たなくなることもありました。
ノーブラ、ノーパンで来させたりしました。

恥ずかしがりながらも従順に私の言葉に従う彼女を可愛く思いながらも行為はエスカレートしていき、テレクラで知り合った男とデートさせることになりました。
待ち合わせ場所近くまで送って行き、こっそり後をつけると、人気がない港に車が停まりました。
後で聞いたのですが、服を脱がされ、体を触られながら相手のチンポをしごいてオナニーを手伝ってあげたそうです。
どうしても下着を譲って欲しいと言われ、新しい下着を買えるだけのお金を受け取って譲ったため、帰ってきたときには洋服の下には何も着けていませんでした。
ホテルにも誘われたらしいのですが、私が待っているので断ったとのこと。

「連絡して、気にせず行ったら良かったのに」

そう言うと、すごく残念がっていました。

ダメ元で複数プレイの話を持ちかけた際も快諾でした。
テレクラで相手を探し、30代前半の男性とプレイすることになりました。
結局、私とその男性は緊張してしまい、最後までイクことができなかったのですが、彼女はその男性のキスだけでメロメロになり、ディープスロートフェラ。
最後は男性のアナルに吸い付いて、手コキしながら自分でオナニーして果てました。

2回目は、彼女だけでも満足できるようにと、経験豊富な年上の男性を選びました。
その男性は親子ほど歳が離れていました。
いざその場になると私は緊張してしまいましたが、彼女は躊躇せず裸になり、男性に体を洗ってもらいながらうっとりしていました。
ベッドでは年上男性の焦らすような愛撫に感じて、あそこに触れられる前にイッてしまったそうです。
その後、2人で交互に挿入すると、彼女は数え切れないほどイッてしまい、途中からは記憶がないそうです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド