新着情報

処女なのにギャルぶってたら彼の先輩たちに輪姦された

この体験談は約 3 分で読めます。

私は19歳の大学生です。
初体験はレイプでした。
正確に言えば、レイプされ続けました。

その頃から自分に自信があったし、可愛いとも思っていたし、メイクもファッションも思いっきりギャル仕様でした。
上級生や同学年の男の子達からもチヤホヤされていたけど、あまり相手にしなかったことが反感をかっていたのかもしれません。

そんな時に同級生の男の子から告白されて付き合うことになりました。
1週間ほどして、1人暮らしをしてた彼の先輩の家に行くことに。
彼と一緒に行ってみると、6人の先輩達がいました。
かなり緊張してたんだけど、彼が隣にいるからいいかと思っていました。

先輩達はお酒を飲んでました。
私と彼はジュースを飲んでたんだけど、しばらくした頃、1人の先輩が、「そろそろ始めるか」と言った途端でした。
彼が私を羽交い絞めにしたんです。

私が、「え?なになに?」って驚いていると、先輩達が私の両足を押さえこみ、「今からお前を輪姦すんだよ」って言ってきたんです。

私は彼に裏切られたこと、これからレイプされることに呆然としながらも、「嫌です、やめて下さい」って言ったんだけど、顔を何度かビンタされて頭がぼーっとしてきて声をあげることが出来ませんでした。
先輩達は私のショーツを脱がし、口の中に押し込んで声を出せないようにすると、両脇から両足を大きく開く格好にして押さえつけてきました。
そんな間にも、先輩達はおっぱいを揉んだり、あそこを触ったりして、色んなことを喋っていました。
記憶は曖昧だけど、色がどーだとか、毛がどーだとか言ってたと思います。

そして、先輩が自分のモノに唾をつけて入れようとしてる時に、彼が「まだ処女ですよ、こいつ」って・・・。

そしたら先輩達は騒ぎ出して、また色んなことを言っていました。
先輩は私のあそこに宛てがうと、一気に入れてきました。
経験のなかった私には、今まで感じたことのない予想を遥かに上回る痛みに、表現のしようのない声をあげていたと思います。
先輩はゆっくりと腰を動かし、おっぱいを揉みながら色んなことを言っています。
でもその時は何を言っていたのか全然記憶がありません。

しばらく腰を動かすと、先輩は私のお腹に出しました。
それから残りの先輩達が代わる代わるに私をレイプし、最後は彼でした。
彼は無言で腰を振り、彼もまた私のお腹に出しました。

それから3年間、その時にポラロイドカメラで撮っていた写真をネタに脅されて、犯され続けました。
学校に行けば休み時間とかに呼び出され、視聴覚室や用具室とかでフェラチオを強要されたり、授業をさぼらされて、先輩達数人にされたりもしました。
今思うと先生に見つからなかったのが不思議だけど、ちゃんと見張りを立ててからなのかもしれませんね。

私は親にも友達にも言えずに、ずっと我慢し続けました。
先輩達が卒業してからは、学校ではなかったけど、放課後や休日には呼び出されて、先輩の部屋や多人数で入れるホテルとかでもされました。

こうして3年間、ずっとレイプされ続けたんです。
もちろん最初はセックスが嫌で嫌でしょうがなかった。
頭では嫌悪感も感じていたし、考えるだけで吐き気もしました。
ただ、身体だけは感じることを覚えました。
その頃、イクということも知りました・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

裏女房庵
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。