キャバ嬢の彼女が常連客にレイプされそうになった件

この体験談は約 3 分で読めます。

彼女の名前は奈緒美(源氏名は『あみ』)。
仕事の日に会うときは、いつも終わった後すぐに会いに来る。
深夜になってしまうが、タクシーを使ってでも俺の部屋に来る。

しかし、その日は用事があるからと次の日の昼頃に会うことになった。
奈緒美を見た瞬間にエッチモードになる俺。
しかし奈緒美はどうもノリが悪かった。
しかし鈍感な俺はお構いなしにベッドに押し倒し、いつも通り正常位から始めた。
次第に声を上げはじめる奈緒美。

「ノリが悪い割には初めから濡れてんじゃん」とか言いながら、バックに持ち込む。

ガンガン突きつつ、何回お願いしても入れさせてくれない奈緒美。
尻の穴を見ていると、つい人差し指を舐め、ツプっと入れてみた。
いつもなら、「あっ、だめだってばー」とか甘い声を出す奈緒美が声を上げた。

「いたたっ!!」

不信に思った俺は、チンポを突くペースは変えずに後ろから奈緒美に、「どうした?痔にでもなったか?」と聞いた。

「うん、まあね」

相変わらずノリの悪い返事をする奈緒美。
そのときから声もあまり出さなくなった。

(・・・待てよ)

俺はもう一度尻の穴に指を入れた。
奈緒美は「いたぁっ!」と声を上げ、自分からチンポを抜いてしまい、「お尻を触ったら、もうしない」と俺を恨めしい目で見ながら言った。

「もうしないから」となだめて再開。

たっぷり奈緒美の膣内に出して(ゴム越しだが)、奈緒美の横に寝転んだ。

しばらくして俺は奈緒美にケツのことを聞いた。
いきなり痔になるはずないし、そんなに痛がるはずもない。

(誰かにケツを掘られたか?)

時間をかけてじっくりと問いただした。
初めはもじもじして言いにくそうだった奈緒美だったが、ぽつぽつと話し始めた。
以前から奈緒美に目をつけていた客にお持ち帰りされたということだった。
最近、かなり頻繁にモーションをかけられていたそうだ。
そいつは結構羽振りがいいし、まあ常連と言ってもいい客で、トラブルも起こしたことはないので、誘いをかわしつつあしらっていたそうだが、その日は、仕事が明けて俺のところに行こうとした時に、そいつが待っていたそうだ。
かなり酔っ払っていて歩くのもままならない感じだったので、その場で介抱しようとしたらしい。
そしたら、家がすぐ近くなので連れてって欲しいと言われ、そいつの部屋まで送っていった。
部屋に着くと男が数人いて、半ば強制的に部屋に連れ込まれた。
その中には他の常連客もいて、二次会と称して飲まされた。
奈緒美は酒にはそんなに強くない(勤務中はもちろん飲まない)ので、すぐにボーっとなってしまった。
常連客はいつもより悪ノリしてて、そのうち奈緒美の体を触り始めた。
最初は足とか肩とか触られてたが、だんだん服を脱がされ、ナマ乳を揉まれデジカメで写真も撮られた。
そのうちモーションをかけてた客が、どれほど奈緒美のことを気に入ってるかを他の常連客から切々と説かれ始めた。
酒をがんがん注がれ、服も剥かれて半分裸になっている奈緒美がやられるのは時間の問題だったらしい。

「すぐ終わるから」とか「ゴム付けるから」とか言いくるめられ、ついにその野郎にチンポを突っ込まれた。

他のやつらも黙って見てるだけなわけはなく、次々とされてしまったそうだ。
で、その中で調子こいた野郎が奈緒美のアナルに入れようとしてきた。
我に返った奈緒美は拒否しようとしたが、いつの間にか押さえ込まれて挿れられたそうだ。
かなりでかい声で叫んだせいで、みんなが引いてしまって、その隙に逃げてきたと言う。

まあそんな感じ。

「それってレイプじゃねえのか?」って聞いたんだが、奈緒美曰く「レイプってほどじゃない」と。

よくわからん。
その客をかばってんのか、実は楽しんでたのか・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!