地味な女の社員さんの連続手コキ責め

この体験談は約 4 分で読めます。

お中元の期間だけ配送センターでお届け先の宛先宛名の入力業務のバイトしてるんだが、地下の狭い事務所にバイトは俺1人。
たまに社員さんが進捗状況を確認に来るぐらいで、結構楽勝なバイトだった。

ある日、出勤していつものように1人で入力業務をしつつも朝からムラムラしてたので、そっとズボンを下ろしてチンコをシコシコしてたら、地味な女の社員さんが下りて来て見られてしまったのだ。
しばし俺はフリーズして頭の中が真っ白に・・・。
慌ててビンビンに反り返ってるチンコをどうにかズボンの中に収めて、何もなかったようにまた入力業務をする俺。

「何してたの?仕事中だよね?」

(あぁ、これでクビだなぁ)

そう思い、まぁ仕方ないかと開き直って、「すみません、どうしてもムラムラが収まらなくて・・・、つい自分でしちゃってました」と素直に答えた。
女の社員さんは無言のまま・・・。

俺は、「一生懸命頑張るので、どうか見逃してください」と一応懇願した。

だが社員さんはそのまま無言で出て行ってしまった。

(あぁ、きっと上司とかに報告されちゃってるんだろうなぁ)

そう思ったが、それから黙々と入力業務をしていたら、19時過ぎぐらいにさっきの社員さんがまた下りて来た。
そして冷たい口調で、「さっきのことは誰にも言ってないから、これからは真面目に仕事してください」と言われた。
俺はとっさに、「ありがとうございます。頑張ります」と言って頭を下げた。

すると・・・。

「溜まってるんだ(笑)。だからってこんなところでシコシコするってあり得ないよね」

俺は、「本当にすみません。もうしません」と再び頭を下げた。
すると、あろうことか、「溜まってるのにさっき止めちゃったんだよね?体に悪いでしょ?もう誰も下には来ないから、さっきの続きして見せて」なんてことを言ってきたんです。
さすがにそれはできないと思い、「ごめんなさい、勘弁してください」と三度頭を下げた。

「ふ~ん、見せてくれないなら上司に報告しちゃうけど、いい?」

「それは・・・。それだけは勘弁してください」

「じゃあ見せて」

「本気で言ってるんですか?」

「当たり前でしょ(怒)。早く見せなさいよ」

あんなに地味な女の社員さんが・・・。
俺は言われるままに恐る恐るベルトのバックルを外して、チャックを下ろした。
すると、「ほら、もたもたしてないで早く見せて!」と怒鳴られてしまった。

「は、はい・・・」

俺はビビりながらもズボンとパンツを下ろし、チンコを握ってシコシコし始めた。
当たり前だが人に見られながらしたことなんてなかったし、女の社員さんがマジマジと見てるので緊張しちゃってるし、なんかまた怒鳴られそうで怖いし・・・なかなか勃起しなかった。
無言の数分間が過ぎ去った。
沈黙を破ったのは女の社員さんだった。

「あれ、さっきはあんなに元気だったじゃん!そんなフニャチン見せて恥ずかしくないの?」

罵声が飛んできたかと思うと急に女の社員さんが近づいて来て、俺を立たせたまま、社員さんは椅子に座って俺のチンコに唾を垂らした。
そしてチンコを握りると、シコシコし始めたのだ。
さらにシコりながら、また唾を垂らした。
唾でヌルヌルになったチンコをシコシコされるとめっちゃ気持ちよくて、どんどんチンコが硬く大きくなっていくのがわかった。
いつの間にか俺はカチカチのフル勃起状態になった。

「ふん、すぐ勃起してやんの(笑)」

小馬鹿にされ、そのまま高速でシコられた。
女の社員さんは手首をローリングしながらチンコをシコるので、あまりの気持ちさにもう我慢の限界だった。

「あ、あ、ダメです。イッ、イッ、イッちゃいます」

言うのと同時に天に向かって大量の精子が勢いよく飛び出した。
幸い社員さんに精子はかからなかったが、そんなのお構いなしって感じで社員さんは表情ひとつ変えずに、「溜まってるんだから、まだイケるでしょ?」と言って、イッたばかりのチンコをまたシコり出した。
イッたばかりでチンコが敏感になってるので、思わず腰を引きながら呻いた。

「あぁぁぁ、あはぁぁぁ、ダメ、ダメです。イッたばかりだから・・・くすぐったいです」

すると、「ほら、何逃げてんの?まだ出るでしょ?ほら、ちゃんとしな」とまたも怒鳴られ、そのまま床に押し倒されてしまった。

そして女の社員さんは俺の両膝にどっかり腰を落として座ると、亀頭を高速でシコり出した。
イッたばかりでさらに亀頭を責められ、くすぐったくって逃げようとしたが、両膝の上に体重を掛けて座られているので身動きが取れなかった。
とにかく我慢してたら、まただんだんチンコが硬く大きくなってきた。
そしてそのまま高速でシコられて、また俺は呻きながら呆気なく女の社員さんの手の中で2回目の射精をしてしまった。

だが、俺の嫌な予感は的中した。
2回目の射精をした後も止めてくれずに、そのまま、またシコり出したのだ。
精子まみれのヌルヌルの手でシコられるのはこの上ない気持ちよさだったが、さすがに亀頭が敏感になりすぎて頭がおかしくなりそうだった。

「本当にもうダメです。ち、ち、ちょっと・・・あぅ、あぅ・・・。くすぐったいです。あはぁ、はぁ、あはぁ・・・」

それでも女の社員さんは表情ひとつ変えずに、「動くなよ!暴れるなよ!」と言ってシコり続ける。
絶叫しながら耐えていると、くすぐったさとおしっこしたさと射精感の3つが同時に襲ってきて・・・、おしっこでもない精子でもない透明な液体がピュピュって飛び出した。
出てるのに女の社員さんはさらに高速でシコる。
さらにピュピュ、ピュピュっとその液体が飛び出してくる。
何度かピュピュって出たあと、もう何も出なくなった。
それと同時に社員さんもシコるのを止めてくれた。
俺は信じられないくらい体が痙攣して、しばらく感覚がなかった。

「潮まで吹いちゃって・・・よかったじゃん。よっぽど気持ちよかったんだ(笑)」

笑われながら言われた。
そして女の社員さんはティッシュで手を拭いて、「ちゃんと床掃除して帰ってよ」と言って帰って行った。
今まで経験したことのない快感に頭が真っ白になっていて、俺は何も言い返せなかった。

その日以来、その女の社員さんと会っても何も言われないし、もちろん何もない。
もちろん俺からは何も言い出せないのだが・・・。
あの日の手コキ責めは何だったのか?
未だによくわからない。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!