番台のオジサンに隅々まで見られて・・・。

この体験談は約 6 分で読めます。

21歳の女子大生です。
ある銭湯での出来事です。

その日は就職活動からの帰りで15時頃に自分のマンションに戻ったのですが、給湯器の故障でシャワーが使えなかったので、久しぶりに近所の銭湯に行きました。
何年ぶりでしょうか。
そこの銭湯は16時から営業しており、私は就職活動で大汗をかいたこともあり、営業開始すぐに行くことにしました。

そこはかなり古い銭湯で、男女別の入り口の暖簾をくぐると番台があり、そこに中年のオジサンが座っていました。
オジサンは「いらっしゃい」と声を掛けてくれましたが、男の人なので一瞬ドキッとしました。
でも、ここは銭湯なんだと気持ちを切り替え、その後は何も思わなくなりました。

脱衣所にはおばあさんと孫と思われる男の子が2人いるだけで閑散としており、私はお金を払ってロッカーの前で服を脱ぎ始めました。
すると、その男の子は私が服を脱いでいる姿をじっと見つめるのです。
小学校の低学年くらいでしょうか?
小さなおチンチンがピンと前を向いています。
おばあさんが男の子に、「◯◯ちゃん、お風呂入るよ!」と言って手を取り、私に会釈して風呂場に入っていきましたが、男の子はずっと私の裸を見つめていました。

私は服と下着を全部脱いで全裸になると、長い髪の毛を束ねるために、番台のすぐそばの大きな鏡の前に立ちました。
オジサンからは全裸の私が、正面斜め前から2メートルほどのところでよく見える位置です。
少し恥ずかしかったのですが、ここは銭湯・・・。
脱衣場の空間に、オジサンと全裸の私が無言で居合わせています。
女子大生の裸を堂々と見れるなんて、同級生の男たちからすれば、さぞや羨ましいんだろうなと思いました。
私のオッパイも、かなり濃いアンダーヘアも見放題なんですから。

髪を束ねる間、私は頭の後ろにしばらく両手を回していたので、白く豊かな若いオッパイが強調されていたはずです。
オジサンの強い視線を全身に感じました。
するとオジサンが番台から下りてきて歩み寄り、全裸の私に話し掛けてきて、「あの子はお母さんを亡くして、今はおばあさんが面倒を見ているんだよ」と教えてくれました。
どうやら近所に昔からお住まいの方のようでした。
私のような年齢の女性に、お母さんのイメージをだぶらせていたのかもしれません。
その後もオジサンは、「この辺の人?」「こんな早い時間に若い人は珍しいよ」とか話し掛けてきて、なかなか私は風呂場に行けませんでした。
その間もオジサンが私の全身を隈なく見ているのがわかりました。

「肌が若いね。ナイスバディだねぇ」

そう言って褒めてくれましたが、今ならセクハラでしょうね。
この銭湯に若い女性はあまり来ないのかなと思いました。

5分ほどして、ようやく風呂場に入りました。
お風呂に入って体を洗っていると、男の子が近づいてきました。
しばらく黙って見つめていましたが、「おねえちゃん、背中流すよ!」と声を掛けてきました。
向こうで体を洗っていたおばあさんが、「◯◯ちゃん、だめだよ!」と声を掛けてきましたが、私は「ありがとう。じゃあお願いしよっかな」と言ってボディタオルを渡しました。
おばあさんが、「すみません。この子、母親がいないもんで・・」とすまなそうに言ってきたので、「いいんですよ」と答えました。

男の子は一生懸命に私の背中をゴシゴシと洗ってくれるのですが、力が入りすぎて痛かったので、「ありがと。もういいよ」と言ってボディタオルを返してもらいました。
でも男の子は、「僕、もっと洗えるよ!」と言って私の前に回りこみ、素手でオッパイを握って洗い始めました。
相手が子供なのに、一瞬ビクッと感じてしまいました。
私は今、彼氏はいなくて、最近はセックスどころか他人に体を触られることもなかったので・・・。
少し驚きましたが、相手は子供なのですぐに変な気持ちはなくなりました。

ところが男の子は、今度は私の乳首を洗ってきました。
力任せにやるので、「あー、僕、痛いから優しくね!」とお願いしたのですが、女の乳首の敏感さなど知る由もありません。
力を緩めたら、今度はちょっと感じるような手つきで摘んできました。
またしても私は変な気持ちになり、少し感じ始めてきました。
母親のオッパイを思い出しているのでしょうか。
オッパイに執着があるようでした。

体を洗い終わると今度は、湯船に一緒に入ると言います。
おばあさんが、「だめだよ」と言っても、男の子は聞こうとしません。
私は、「いいんですよ。子供は好きですから。僕、おねえちゃんと一緒に入ろうね!」と言って湯船に入りました。
湯船に入っても男の子は、私のオッパイを触ってきて、乳首を一生懸命に吸ってきます。

(可哀想に、本当にお母さんが恋しいのね)

そう思い、彼のやりたい放題にさせていました。

私は身長167センチで体重は57キロ、胸は大きくて88センチくらいあります。
お椀型の白くてきれいな胸だと思っています。
乳首はピンクで普段は陥没していますが、男の子にずーっと吸われっ放しだったせいか、ツンと出て、少し赤くなってきていました。
小さな男の子なのに、久しぶりに弄られたせいで、不謹慎ですがだんだんおかしな気分になってきていました。
子供相手なのに、あそこも濡れ始めていたのに気づきました。

しばらくするとおばあさんが、湯船の奥の方にあるサウナに行くよと言って男の子を連れて行こうとしますが、「おねえちゃんも行こうよ」と誘ってきます。
私はサウナは苦手なのですが、断りきれずに3人で入ることになりました。
あそこが濡れていたので、気づかれないようにしなければと思っていました。

サウナに入ってしばらくすると汗が吹き出てきました。
おばあさんもサウナを出ようとするので私も出ようとすると、男の子が「まだいる!」と言って、私を出してくれません。

「じゃあもうちょっとだけね」

そう言って男の子と2人きりで入っていたのですが、男の子は汗だくの私の膝の上に乗って来て、またオッパイに吸い付いてきました。
本当に可哀想になってきました。
でも次第に熱さが限界に近づき、乳首を吸われていることで、また一層あそこが液を流し始め、私はだんだんおかしくなってきました。
そのうち私は気分が悪くなり、その場にうずくまってしまいました。
少しの間、のぼせて気を失ったようです。

気付くと私は脱衣所に運ばれ、バスタオルが敷かれた床の上に仰向けで寝かされようとしていました。
私を抱えていたのはオジサンでした。
おばあさんも私の足を抱えて手伝っているのがぼんやりと見えてきました。
オジサンが、サウナの中からここまで、裸の女子大生の柔らかい体を抱き上げて運んできてくれたようです。
他にはまだ客はいないようでした。
男の子が心配そうに見つめています。
オジサンの手が、私の太ももやお尻、オッパイを堂々と触ったり掴んでいます。

「彼女、大丈夫?声、聞こえてる?」

オジサンの声が聞こえますが、意識が朦朧として言葉を発することができません。
目も虚ろだったと思います。

「体を拭かなきゃね」

オジサンが自前の使い古されたような手ぬぐいで私の体を拭いてきました。
ツンと突き出た乳首も、大きなお椀型の胸も、黒く茂った濃いアンダーヘアも丁寧に拭いてくれていました。
でも丁寧すぎて、あそこまで拭かれてとても恥ずかしかったです。
きっと女の液体で濡れていたのがわかったと思います。
それくらい奥のほうまで、手ぬぐいに指を絡めて入れてきました。
ヌルヌルしていたので完全にバレていたと思います。
オジサンも私が意識朦朧としているのをいいことに、チャンスとばかりに積極的に私の体を弄んでいたように思いました。
おばあさんが男の子の体を拭いて服を着せている間、オジサンはずーっと私の体を弄んでいました。
女子大生の若いきれいな体を堂々と見れるだけでなく、オッパイやあそこを触りまくって介抱できたのですから、こんな役得なことありませんよね。
私はもう諦めて、完全にオジサンに体を許していました。
このオジサンの行為で、私はさらに濡れていたのかもしれません。

おばあさんには本当に何度も謝られて恐縮するほどでしたが、男の子は「おねえちゃん、また一緒にお風呂入ろうね!」と喜んで銭湯を出て行きました。
一時でも彼の母親代わりになれたのかなと、自分では良いことをしたような満足感がありました。
でもオジサンには私の全てを鑑賞されて、触られ、乳首が勃起してることも、あそこが濡れていたことも気付かれ、イタズラされてしまいました。

しばらくして落ち着いてから銭湯を出るとき、「お嬢さん、今日は大変だったけどありがとね」と言われました。

「また来てよね」と少しニヤッとした笑顔で見送られたので、ちょっと恥ずかしいような屈辱感を覚えました。

給湯器が直った今、もう銭湯に行く必要はないのですが、また行ってみたいと思っている私がいます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!