新任女教師の受難

この体験談は約 2 分で読めます。

私は大学を出たての新任の中学教師です。
私の配属された学校は結構荒れてて、やんちゃな子が多く、ベテランの先生でも手を焼いているような状態です。
ですから新任の私なんかの言うことを聞くはずもなく、いい遊び相手です。

3年生の女子のグループとはいつも追いかけあいです。
その女の子たちは、油断してると後ろからズボンをずらされたり、いきなり胸を揉まれたり、ブラのホックを外されたり色々してきます。

「◯◯子(私)、胸小さいな」

私は『貧乳』というあだ名で呼ばれるようになりました。
まあBカップしかないので、今の子に比べたら確かに・・・。

修学旅行の風呂当番の時も、脱衣所で見ていたら女子数人に囲まれて・・・。

「なに私らの裸を見てるのよ」
「羨ましいのと違がうん、貧乳だから」

1人の子が、「ほら、すごいやろ、Dカップやで」って胸を突き出してきます。
確かにすごいボリュームです。

「早く服を着なさい」と言っても聞くはずもなく、逆に・・・。

「私らの裸見せたんやから、◯◯子も見せてみーな」
「そうやそうや、不公平や」

などと言い出す始末。
もちろん私が拒否して、「バカなこと言ってないで早く服を着なさい」と言うと、後ろからハーフパンツをずらされたんです。
それが、パンツも一緒に下がってしまい・・・。
さすがに「ごめんごめん」と謝ってきましたが・・・。

「◯◯子、セクシーなパンツ穿いてるやん」

もう泣きそうになりました。
でも、これでは終わらなかったんです。

次の日の夜の見回りの時(2日目はホテルに宿泊で2人部屋)、もう深夜の1時を過ぎていましたが、彼女らの部屋の前を通ったときドアが少し開いてたので閉めようとすると、中から「先生」って呼ぶ声が。
中に入るといきなり口を押さえられて、ベッドに押し倒されました。

「大きい声出したら、困るのは先生だよ」

頭が真っ白になりました。
2人がかりで上を脱がされました。

「昨日の風呂で見れなかったぶんや」
「やっぱ、しょぼいな」
「◯◯子、Aカップか」
「男できんで」
「私らが大きくしたるわ」

そう言って私の胸を揉み始めました。
私はなぜか声が出なくて、そのうち彼女らも服を脱いで・・・。

「このくらいないと男は喜ばんよ」

胸を両手で寄せて谷間を強調してきます。

「うわ、H美すごい!」
「試しに◯◯子のブラを着けてみてよ」
「こんな小さいの、入るわけないやん」

私の手を自分の胸に導いて揉ませようとします。
私は屈辱で涙が溢れ出しました。
私が拒むと今度は下の方に手を伸ばしてきました。
さすがに我に返って2人を振りほどいて、私は部屋を飛び出しました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!