新着情報

M女と聞いてたのに実際は責め好きの女王様だった

この体験談は約 3 分で読めます。

2ヶ月ぐらい前。
SMパートナー探し専門掲示板で、やっとこぎつけた女性と会うことになった。
当初、彼女はM女だと言っていたが、実際は責めるの大好き女王様だった・・・。

待ち合わせ当日。
軽く2人で食事をすませる。

女「今日はゆっくり時間ある?」

俺「うん!」

女「じゃ、一緒に面白いことしようね!」

そう言われ、速攻でホテルへ。
なにやら女は大き目のバックを肩に下げてチェックイン。
そして別々にシャワーを浴び、少しゆっくりしていると、女がバックに手を伸ばした。
何をするのかと思っていると、俺は女のなすがままに全裸で尻をついた状態で後ろ手に縛られた。

(えっ・・・俺が縛られてるし・・・)

そのまま足を引き上げるように縛られた。

女王様「今からいい気持ちにさせてやるけど、私がいいと言うまでイッたら駄目よ!」

俺「・・・」

女王様「わかった?!」

俺「はい」

女王様に、バイブと手コキを交互に混ぜながら攻め込まれた。
カリから裏スジ、玉袋、アナルまで満遍なく刺激され、すぐに追い詰められた。

俺「もうイキそうです!」

俺はなぜか奴隷気分・・・。

女王様「絶対イッちゃ駄目!鞭で引っ叩くわよ!」

俺「もう駄目!イク!イク!やめて!バイブ止めて!イク~!」

情けない泣き声を張り上げた俺。
女王様は、イク寸前で手もバイブもサッと離す。

女王様「駄目よ!まだイッちゃ!」

笑みを浮かべ、少し収まりかけてくると、我慢汁でベタベタのチンコを握られ、もう一方の手で先の部分をゆっくり撫でられた。
少し萎えかけていたチンコは快感ですぐにそそり勃つ。
女王様はさらに乳首に舌を這わせ始めた。
また追い詰められる俺。

俺「!やめて!イク!」

またもや情けない声で絶叫していたが、何回目かの寸止めの後・・・。

女王様「絶対にイッちゃ駄目だからね!」

チンコを握られ、先っぽをペロペロされ、乳首を噛まれる・・・。

俺「駄目!イク!許して!お願い!」

そのときの俺は、レイプされてる女のようだったと思う。
でも、今度は寸止めをしてくれなかった。

女王様「イッちゃ駄目!」

俺はついに錯乱状態でイッてしまいました。
しかし・・・、これで終わりではありませんでした。

イッてすぐに女王様は、「あと何回イケるかなー?!」と言いながらチンコをギュッと握り、精液そのものをローションのように馴染ませながら手コキを続けた。
そして2度目の発射。
さすがにすでにチンコは麻痺して真っ赤っ赤。
もう終わりだろうと思っていました。
ところが、そうではありませんでした。

イッてぐったりしている俺のアナルに精液のべっとりついたバイブが突っ込まれたのです。
前立腺を刺激され、チンコもペロペロ刺激され、また勃起させられると、今度は縛られた状態で女王様のアソコにIN。
もう完全に狂ってしまったようで、何回イカされたのか覚えていません。
気がついた時には縄を解かれチェックアウト。

また女王様と会いたいのですが、それ以来、連絡が途絶えてしまいました・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

逆援ネットナンパ