年上のS女に専門のホテルで拘束されてアナル責め

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は拘束プレイが大好きだ。
特に『ミニスカの婦警さんに手錠で拘束される』っていうシチュエーションがたまらなくいい。
女を拘束したいというより、女に拘束されたい俺はM男なのかもしれない。
経験豊富なお姉さまに、拘束されて体の自由を奪われた状態で、あんなことやこんなことをされたいっていうのが俺の夢だった。

そして、ついこの間、SM専門の掲示板で、その夢を叶えたんだ!
やっぱ世の中って広いよな。
俺が年上のお姉さまに拘束されたいって願望を持っていたように、年下の男を拘束して好きにしたいって女もいるんだから。

レイカはスレンダーだけど、出るとこはぼーんと出ているなかなかの美人だった。
姉御肌っていう雰囲気で仕事もできそうなんだけど、若い男を拘束して、めちゃめちゃに感じさせるっていうのが、彼女のストレス解消法らしい。

「普段、おっさん達にセクハラされてるじゃない?たまには可愛い男の子を拘束して、泣くほどいじめてやりたくなるのよ」

そう言って妖艶に笑っていた。
レイカが選んだラブホテルに入ると、至る所に拘束するのに便利そうな金属製のポールがあった。

「拘束プレイするときは、このラブホテルが便利なのよ」

ベッドの上と下にも柵のような金属のポールが付けられている。

「アナタは拘束プレイは初めてなんでしょ?まずはベッドで優しく拘束してあげるわ」

俺は全裸で両手をベッドの上のポールに拘束された。
俺の希望通り手錠を使っての拘束で、すごく興奮する。

「もう・・・ちんぽが勃起しちゃってるじゃない。若いのね」

レイカの指がつつつ・・・と俺の竿を撫でた。
それだけの刺激なのに、喘ぎ声が漏れてしまうほど気持ちいい。

「敏感ねえ。今からそんなに感じてちゃ、これから大変よ?」

レイカが楽しそうに笑いながら俺の上に跨がった。
俺の小さな乳首を指先で転がして、舌でねっとりと舐める。

「うひっ・・・くすぐったいです・・・」

「あら。乳首は未開発なのね。じゃあまた今度にしましょう」

レイカはあっさりと俺のちんぽの方に移動した。
いよいよフェラチオしてもらえるのかと思ったら、足の付け根のあたりをマッサージにするように撫で始めた。
なんか・・・くすぐったいけど、気持ちいい。
玉袋をもみもみと両手で揉みほぐされて、蟻の門渡りを指先でなぞられる。
ちんぽにはなかなか触れてもらえなくて、俺は焦れったくなった。

「アナタはアナルも未開発なの?」

ツンツンとアナルを指先でつつかれて、俺はびくんと飛び上がってしまった。

「あ、当たり前じゃないですか!アナルなんて・・・」

「じゃあ、ちょっと痛いかもしれないわねー」

俺の股間に滴るくらいローションが垂らされた。
ちんぽにも玉袋にもアナルにも、ヌルヌルのローションがたっぷりついている。
ムニムニとアナルを指先でマッサージされて、俺はこそばゆい気持ちになった。

「や、ちょっと・・・やめてくださいよ」

「拘束プレイの間は好きにさせてくれる約束でしょ」

つぷっとアナルに細い綿棒のような物が挿れられた。
ヘ、変な感触・・・。

「本当は浣腸とかしちゃう方がいいんだけど、最初から飛ばしすぎるとついてこれないでしょ?」

アナルに次々と綿棒みたいな細い棒が挿ってくる。
さらにそれをアナルに出し入れされた。

「うっ・・・変な感じ・・・」

気持ち悪いけど気持ちいいみたいなおかしな感覚に耐えていると、いきなりちんぽが片手で包みこまれた。
レイカの指がちんぽ全体を上下に優しく擦ると、アナルの方も気持ち良さが増したような気がした。

「何これ!?あっ・・・やだっ・・・」

アナルの中の綿棒みたいなものが全部抜かれて、代わりにレイカの指が入ってきた。
すごく圧迫感があって苦しいのに、ちんぽをしごく手に意識を散らされて、喘ぎ声しか出ない。

「アナタの前立腺を捜しましょうね~。ここ?ここかな?」

アナルの奥を指で探られるのは奇妙な感覚だった。
触られているうちに他のところとはなんか違うところがあって、そこを集中的に触られると、すごく気持ち良かった。

「ここがアナタの前立腺ね。触っていくうちに、どんどん気持ち良くなるはずよ。我慢したご褒美にイカせてあげるわ」

前立腺を刺激されながら手コキでイカされるのは、これまでのどんなセックスよりも気持ちが良かった。
下半身がじーんと痺れて、たくさん射精した感じなのに、全然萎えない。

「元気ねえ。それじゃあ味見させてもらおうかな」

レイカは俺に見せつけるように、おまんこにちんぽを咥え込んだ。
挿入されただけで、すごく気持ちいい。

「いいモノ持ってるわね。一度射精してるのに、とっても硬くていい感じよ」

レイカは満足そうにしながら、きゅっとおまんこを締めた。

「まだくすぐったい?」

また乳首を摘まれて弄られると、さっきまでのようなくすぐったさはなくて、ちょっとだけ気持ち良かった。

「へ、変な感じです・・・」

「そう・・・気持ちいいのね」

乳首で感じるなんて女みたいで言えなかったのに、レイカはお見通しらしい。
レイカは自分で腰を振って、俺のちんぽから精液を搾り取った。

それからもレイカの拘束プレイは会うたびにエスカレートしていくんだけど、快楽に弱い俺は誘われると断れずに行ってしまう。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド