新着情報

ギャンブル依存のエロ主婦に1万で中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

会社帰りにパチンコ屋に寄ったときの話。
その日は結構順調で、スロットで1箱くらい出していた。
その隣で40歳くらいの主婦っぽい女の人が結構ハマっていた。

(うわ~、この人いくら突っ込んでんだろ?)と思いながら見ていた。

すると女の人が、「お兄さん、3000円貸してくれない?必ず返すから!」と突然話し掛けてきた。
もちろん俺は断った。
それでもこの女は諦められないようで、「出たら利子付けて返すから、ダメ?」としつこく聞いてくる。
それでも俺は、「イヤ、絶対無理」と断った。

するとこの女は俺の耳元で、「気持ち良いことしてあげよっか?」と囁いてきた。
突然のことに「えっ?!」と聞き返すと、「3000円くれたら口でしてあげるよ」と言ってきた。

この女、どう見ても馬鹿だが、顔とスタイルはまぁまぁ。

俺が、「でも、どこで・・・?」と聞くと、2台分の休憩札を取りに行き、そのまま女の車まで連れて行かれた。
車内に入ると、「じゃあチンチン出して」といきなりの発言。
言われるままに皮被りのチンポを出すと、ジュパジュパ音を立ててしゃぶりだした。
俺はせっかくだからと大きめの胸を揉んだり、ジーパンの上から尻を触ったりしまくった。
そして約10分後、口内で放出。
しかも女は飲み込んでくれた。
女は、「いっぱい出たね~」と満足そう。
俺は約束の3000円を渡し、二人で台に戻った。

それからも俺は相変わらず調子が良く出しまくったが、女の3000円は速攻で消えた。
すると案の定、「あと5000円貸して」と言ってきた。

俺「もうやめた方がいいんじゃないですか?」

女「今度は挿れてもいいよ」

俺は喜びを隠すように「仕方ないな~」と答え、また女の車へ向かった。
さすがにパチ屋の駐車場じゃまずいと思い、店から少し離れた暗がりに移動した。
後部座席に移動し、二人とも下半身は何も身に着けてない状態に。
ブラも外し、早速オッパイに吸い付きながら手マン。
女はアンアン言いながら簡単に濡れていった。
そしてすかさず騎乗位で挿入。
もちろん生。
女は自分で腰を振りながら物凄い喘ぎ様。
俺は妙に興奮して、発射寸前。

俺「やばい、イキそう!」

女「ちょ、ちょっと!中はマズイよ!」

俺「1万払うよ!」

女は「え~!」と一度は言ったが、何も言わなくなった。
もちろん俺は中で大量発射。

女は「大丈夫かな~?!」とかぶつぶつ言っていたが、1万円渡すとウキウキで店に戻った。

しかし店に戻ると、俺達の打っていた席には他の奴らが座っていた。
時間が経過しすぎていて、店員が空き台にしてしまったのだ。
俺が出していた2箱はなんとか清算できたが、可哀想なのは女の方。
さっきまで女が座ってた台はメチャメチャ出しまくってた。
凄い悔しがり方だったが、仕方なく他の台を打ち、俺が渡した1万円は速攻飲まれていた。
俺は見ていられなくなり、店を出た。

その後、中出ししたこともあり、その店には近づかなくなった。
半年くらい経ったある日、たまたまその店に行ってみると、あの女の姿があった。
しかもお腹を膨らませて、どう見ても妊娠している。
恐ろしくなった俺はそうっと店から去った。

後日、パチ仲間に探りを入れてもらったら、その女は毎日の様に店に現れ、打つ事もなく、キョロキョロと人を探してる様子らしい。
その話を聞いて、俺は2度とその店に近づかないことに決めた。

【ハンディコミック】神の乳母~異形に奪われた妻~
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛玩関係
最強媚薬エロティカセブン