新着情報

いつもアソコがじゅわってなるギリギリの整体

この体験談は約 3 分で読めます。

私は主婦で知り合いの喫茶店でバイトをしています。
その喫茶店の常連さんに、年齢不詳(たぶん40代半ばくらい)だけど、ちょっとステキなオジ様がいます。
マスターはその人を「先生」って呼んでるので、何をしてる人か聞いたら、店から5分程の所で整体院をやっているという事でした。

腰痛や下半身のムクミなどで悩んでいる私は、マスターから「相談してみたら?」と言われて、ある日その先生に話を聞いてもらいました。
すると先生は、「腰痛の他に、膝にも痛みがあるだろう」と言うんです。
そのことはマスターにも言ってませんでした。
確かに腰痛ほどじゃないけど時々膝に痛みを感じていました。
なぜ分かったのか聞いたところ、先生は仕事柄、人の立ち姿や歩き方を見ただけで大体の不調が分かるとのことでした。

(この人は信用できる)

そう思った私は次のお休みに予約を入れ、でも整体は初めてなので、期待と少しの不安を持って先生の所へ行きました。
私は流行のスキニージーンズを穿いていたので、治療着(シルクのパジャマ)に着替えると、ドキドキしながらベッドに寝ました。

先生は足を片方ずつ持ち上げて膝や足首を探ったりしてきますが、その手の平はホワンって感じで温かく、心地良いものでした。
先生曰く、痛い方の左足がやや短いことと外側に傾いていること、それで体が傾くので腰痛と膝痛になるとのことでした。

「つまりは軽いO脚なんだよね。で、膝と股関節に負担がかかるから、腰にも来るし、むくみやすくなる」

そう言われて、私はドキッとしました。
私、仕事中は動きやすいのでジーンズかパンツを穿いているから足を見せたことはないし、むくみのことは話してなかったのに・・・。

「じゃあO脚の矯正から行きましょうか。下半身が安定すれば腰痛の方も自然と改善されるからね」

私は同意するしかありません。
O脚は股関節や膝、足首の問題ということで、足首の施術が始まりました。
先生は私にタオルをかけてくれて、手が直接肌に触れることはないのですが、その温もりだけは伝わってきてすごく気持ちいいんです。
そして片膝を立てて横に開き、膝から内ももを手の平で、グ、グッと押し付け根近くまで来ると・・・。

(あっ、そこは・・・)

私の弱い所なので、思わずアソコに力が入りますが、フッと手が離れます。
安心したのと同時に少しだけガッカリしている自分に気がつくと、それからは先生の手の動きが気になって仕方ありません。
左右の足を同じようにされると私の下半身は火照っていきました。
アソコが湿っている気がして心配でしたが、先生は淡々と施術を続けてきます。

うつ伏せになってから、腰から骨盤に沿って臀部(お尻)をマッサージされると、少し痛い時もあるけど、とても気持ちよくて、つい、「アッ、ン、ン・・・」と、小さい声が出てしまいます。
先生の手が臀部から太ももの外側、膝、そして足首へ押し回しながら滑るように移動すると、もう下半身がゾクゾクして、思わず腰が動いてしまいます。
すると今度は先生の手は内側に来て、足首から膝、内ももへと同じように押し回しながらアソコのギリギリの所まで・・・。

ジュンッ。

アソコから愛液が湧くのを感じ、唇を噛み締めます。
それからの数分間は体が解れる心地良さと、別の快感とが混ざり合ったような不思議な世界にいました。

しばらくして施術が終わると先生は、「まあ、着替えると分かるから」と言って部屋を出ました。
(そこには更衣室がないので、着替えの時は先生が外に出ます)
パジャマを脱いで、恥ずかしいけどショーツの上からアソコを触るとやはり湿っていました。
思えば主人との夜の生活も少なくなっているし、これまでに経験したことのない不思議な快感でした。

そんなことを考えながらジーンズを穿くと・・・。

(アレ?!)

朝はキツくて無理やり押し込んだ太ももが楽に入るし、ジッパーを締めてもお尻がキツくありません。
そのことを先生に言うと、「まあ、体重は変わってないけどね」と笑っていましたが、私はすごく嬉しくて次の予約も入れました。

それからは月に1~2回、不思議な快感を味わっています。
最近は家に帰ってから、先生の手がもっと太ももの奥まで来ることを想像しながら、自分でしてしまうことがあります。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おっぱいエンジェル