新着情報

ガールズバーのかわい子ちゃんをデリヘルで発見[後編]

この体験談は約 5 分で読めます。

今朝、いつも一緒にバー行くTさんに昨日の話をしたら、「おい、うそだろ?」って驚いてた。
で、Tさんの家で隠れて覗かせてやるって約束してくれました。

Tさんは俺から見ても容姿も性格も遥かにキモく、体重は100キロ近い。
まあ類は友を呼ぶw
◯◯◯が俺に、「あの人は何もかも生理的にキツイ」って言うほど。
ちなみにバーでは俺より◯◯◯に金を使ってる。
で、「ボディタッチすらさせてくれない」と愚痴をよくこぼすw
しかも先週もバーに行ったみたい。
Tさんは俺よりずっと前から◯◯◯に通ってるし、前々からバーの帰り道で、「ヤリたいな~、◯◯◯と話してるだけでビンビン」って聞いてたから、Tさんが裸の◯◯◯を前にどうなるか見たくてw

Tさんが予約できたそうなので、2人で会社を早退しますw
あとからレポしますね。

Tさんの家から戻りました。
帰り際に、Tさんからお礼で2万貰ったw

12時に会社退社、Tさんが部屋を掃除したいとのことで、13時半頃に遅れてマンションに到着。
高そうな栄養ドリンクを飲みながらドア開けてくれた。
落ち着かないのか俺の話を受け流し気味で寝転んで談笑してた。
2時5分ぐらいに入り口のインターホンが鳴り、応対画面に◯◯◯が映った。

◯◯◯「●●です、こんにちわ~」

T「どうぞ~」

インターホンで話し終えたら・・・。

T「◯◯◯じゃんw」

俺「だろw」

T「隠れろ隠れろw勃ってきた~w」

俺は寝室のクローゼットに案内されて中で待機。
そして玄関チャイムのピーンポーンという音。
ちなみにTさんは◯◯◯が好きすぎて、1日5回もオナニーしたことあるって言ってたw

ガチャ。

◯◯◯「は・・・えっ・・・あの・・・」

T「俺君から聞いたw」

(俺が言ったって言うなよバカw)

◯◯◯「はぁ?マジやめて」

T「いいからいいから」

明らかに◯◯◯が怒りつつリビングに行ったみたい。
リビングの話はほとんど聞こえず。
俺、心臓バクバク&勃起。
5分ぐらいでシャワーに行った模様。
風呂場とは壁一枚隣だから丸聞こえw

◯◯◯「ほんと嫌」

T「脱いで脱いでw」

しばし沈黙。

◯◯◯「もう嫌」

T「おおー・・・!」

たぶん◯◯◯が裸になった。

◯◯◯「ちょっ、まじまだだめ・・・いや・・・だってば」

たぶんTさんが我慢できなくなってむしゃぶりついた。

◯◯◯「あっ・・・まだシャワー・・・お願い、いやもぅ」

後は息継ぎみたいな「はぅ、あー」ってしか声しか発してなかった。
しばしシャワーの音だけ聞こえる。
でも時折、◯◯◯が喘ぐ声がw

◯◯◯「もう終わったからやめ、いあぁ・・・」

ちょっと間があってが廊下に足音。
先にTさんが出てきて寝室待機。
この時、俺と目が合った模様w

そこにバスタオル巻いて◯◯◯が登場。
丈が短いのか、下の毛が隠れてないw
で、◯◯◯がベッドに腰掛けた途端、Tさんが襲うw

◯◯◯「いやだめ、まだやめ、ちょっとぁ・・・」

Tさんを引き離そうとするも・・・。

◯◯◯「ふぅん・・・ふぅん・・・あーっ」

股に顔を埋めて必死に舐めてた。
とにかく舐めてたw
口を押さえて堪えてたみたいだけど、喘ぎ声が漏れまくり。
10分ぐらい。
俺も昨日、あんな風にむしゃぶりついていたのかと思うと、変態ってスゲぇーw

T「俺君は言わないから大丈夫だって」

なぜか俺が悪者w

◯◯◯「ありがと・・・」

で、お互い少し沈黙。

◯◯◯「電気・・・」

昼間だから消してもよく見える!

◯◯◯「・・・うーんあっ・・・ふぅーんぁ」

フェラ開始。
この間Tさんは、「あー気持ちいい」を連呼w
◯◯◯がフェラする音が部屋中に聞こえる。

◯◯◯「ふふw」

そして69の体勢に。
◯◯◯の喘ぎが激しい。
もちろんTさんは夢中でクンニ、音が激しいw

◯◯◯「あぁ、だめ、ぁぁんいやん」

◯◯◯の顔がこっちに向いててよく見えたが、声を堪えるので必死。
Tさんのことあんなに毛嫌いしてたのに、自分からフェラしてんじゃんw
しばらくお互い舐めてて・・・。

T「ねぇねぇ◯◯◯ちゃん、潮吹いたことある?」

◯◯◯「ない・・・ぅっんぁぅっんぁ」

T「吹いたら挿れさせてよーw」

◯◯◯「えぇww吹きませんってww」

かなり笑顔の◯◯◯。

T「お願いーwじゃあ四つん這い」

はにかんでTさんの方にお尻を上げて向ける。
お尻周りから太もも、そしてアソコも唾液でテカってべチョべチョw
Tさんが指を入れて勢いよく動かす。
◯◯◯の喘ぎが止まらない。
すると、ぐちゅぐちゅピチャピチャって音が・・・。

◯◯◯「あぁぁやめてぇぇぇもぅー・・・なに・・・ぁあ」

ぴちゃぴちゃ!

T「出たじゃんwwすげーなぁ、おいwあーw」

手を舐め、すかさずぐちょぐちょの◯◯◯のアソコにダイブw

◯◯◯「舐め・・・いやぁぁ・・・。・・・いやだもうw」

そしてが体を下から上に吸い舐めしてって最後は口にキス。

T「ゴムそこ、とって」

◯◯◯「ここw?」

引き出しからゴム出して、Tさんに着けてた。

(店では触られるのも嫌がっといて、すんなりの挿れるんだーw)

◯◯◯「ふふwはぁ・・・やぁあっ」

正常位でが挿入。

◯◯◯「ぁあっいい、あぁもうちょ恥ずぃぁぁ・・・」

T「あー気持ちいいいいー、◯◯◯ちゃんオッパイうまいわー」

もう吸いまくり。

◯◯◯「ぁああもうやぁあもっぃぃ」

しばらく正常位で、それから騎乗位へ。

T「動いてーw」

腰を落として・・・。

◯◯◯「うあぁ・・・ちょぅんぁぁあんもやぁ・・・」

口を押さえても喘ぐ◯◯◯。

(腰の動き、上手だなーw)

◯◯◯「はぁはぅいゃぅぅぅっもうぅ」

膝も立てて腰の動きが速くなる。

◯◯◯「ぅーぁぁあぁあっ!」

Tさんに覆いかぶさって、なんか◯◯◯が震えてるw
◯◯◯が脱力して少し休憩。
どうやらTさんも途中で果ててたみたい、ゴムに大量の液w
2人横になりながらトーク。

◯◯◯「あーあ・・・いやだなぁ・・・」

T「バーで◯◯◯と話してるときさ、俺のアソコやばいよw」

◯◯◯「いつも私に触ろうとしますもんね・・・ふふw」

T「今日はいいでしょー?w」

◯◯◯「絶対にナイショですよ・・・」

T「知ってるって。また勃ってきた、勃ってきたw」

ここからまたTさんが◯◯◯にフェラを頼み、なぜか◯◯◯の足の指の間を舐める。

◯◯◯「そこいやぁ」

そこからまた5分ぐらいクンニ&アソコに指入れて掻き回してるところで電話が鳴って終わり。
俺の時とは違い、2人の雰囲気はそこまで悪くならず、そのままシャワーへ。

◯◯◯「ちょ、もういやーw」

T「まだwあーすぅーあー(ちゅぱ)」

◯◯◯「ぁあん、ああ」

T「また頼むねーw」

◯◯◯「でもー・・・なんかやだぁwお店に来てくださいよ」

満更でもなさそうな◯◯◯。
で、シャワー終わってリビングへ。
数分したらドア辺りで挨拶して終わり。
帰り際に挿入のお礼で◯◯◯に1万あげたみたい。
エロ紳士w

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セフレラブ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。