新着情報

食べ物とセックスが隣り合わせな夫婦生活

この体験談は約 4 分で読めます。

新婚旅行で行ったモルジブのコテージでの思い出。

行きの飛行機からすでに我慢できなかった私と彼。
毛布の下で指マンされてパンツがぐしょぐしょになったので、ブラもパンツもトイレで脱ぎました。
ノーパンになった私のお尻を後ろから荒々しく掴み、ズブっとハメられました。
最後部の席で騒音も凄かったので大声でイキまくり。
シートは洪水状態!
振動と緊張感と彼の激しいピストンで絶叫。
もちろん大量に生出し。
そのまま抜かずに2回しました。
最後は痙攣しながら気絶しちゃった。
セックスで気絶したの初めて。

現地に到着し、深夜の空港からコテージまでボートで移動。
ボートの運転手と現地の添乗員と私たちの他に外人カップルが2組。
彼らもいちゃいちゃしてたので、私たちも負けじといちゃいちゃ。

熱く舌を絡め合うキスをしながら、彼は私の胸やクリや膣を弄り、熱いモノを入り口に擦りつけてきました。
太ももから下はお漏らししたみたいにぐしょぐしょ。
ロングスカートだったのが幸い。
もうすぐ到着ってとこでまた後ろから生挿入され、胸を揉まれながら彼の荒い息を感じていました。

コテージに到着し、カギを受け取ってボートが見えなくなった途端、その場でスカートを捲りあげられて荒々しく立ちバック。
そのまま床に倒れこみ、お互いに服をむしり取ってゴロゴロ転がりながら大声で激しく感じ合いました。
騎乗位や正常位などで続けて3回。
木の床には私と彼の液であちこちに水溜まりができていました。

ようやくシャワーを浴び、今度は2人で全裸になってコテージの浜辺へ。
月がとても綺麗でした。
気付いたら四つん這いにされ、またしてもバックから突かれてました。
ねっとり69をし、砂だらけになりながら何度も何度もイキました。
最後は2人で絶叫しながら同時に昇天。
挿入したままそのまま浜辺で眠り、朝を迎えました。

なんと、朝になってもペニスが入ったままでした!
ベッドに戻り、ねっとりと優しく正常位で2回。

ここでちょっと補足。
浜辺で69をしたあと、思い切りマングリ返しをされました。
満月の青い光に私のびちょびちょに濡れたマンコがてらてらと光っていました。
彼はそこにむしゃぶりついて、狂ったようにクンニしました。
マンコがヒクヒクしていやらしい音が響いて私はイキまくりました。
初めて潮を吹いたのはこの時です。
彼の顔に思いきりかかって恥ずかしかったな・・・。

そのあと太ももとか色々舐められて、私のクリは直径1センチ以上に膨らんでました。
さんざんイカされたあと、砂の上に寝かされて激しく全身を愛撫されました。
砂が痛かったけど快感が凄過ぎて気になりませんでした。

これ以上ないってほど強く抱き合って、正常位で密着して深く挿入されました。
すると彼はピストンじゃなくて腰をまわし始めました。
時折すごい深くズンッて感じで突いてきて、もう私は訳が分からなくなって、涙とかヨダレを垂らして絶叫しまくってました。
彼が射精する瞬間は電流みたいなものが走って目の前が真っ白。
その後はもう記憶がないのですが、目覚めたら朝焼けになっていて、強く抱き合ってました。
彼は硬いペニスを私の膣に入れたまま熟睡してましたw

結婚して3年経つけど、今でも夕食を食べながら私のマンコ舐めたり、お箸でクリを摘んだりしてくる超スケベな彼です。
私も彼が目覚めるまで、マンコを顔に押し付けて遊んでます。
もちろんその後はクンニから69。
たいていは私が騎乗位で激しく腰を振ってイキまくります。

夜はいつも彼が遅いのであまりしませんが、毎朝必ず2、3回はしてます。
休日の午前中はほとんどセックス三昧。
そろそろ子供が欲しいけど、妊娠中にお互い我慢できるかどうか心配w

野獣のように過ごした新婚旅行初日の翌朝。
昼過ぎまでベッドで愛し合ったあとでブランチを食べたのですが、メニューの中のヨーグルトとはちみつ、そしてアイスクリームを彼は私の唇や乳首、マンコに塗りつけました。
私も負けじと彼の胸やペニスなどに塗りつけ、2人でドロドロに全身を舐めあい、激しく愛撫しあいました。
溶けたアイスや2人の汗や私の液が交じり合ってとても卑猥でした。

そのうち彼はまた私をマングリ返しにし、凄くいやらしい音を立ててクンニを始めました。
クンニが大好きな彼なのです。

「◯◯のマンコ、甘くて美味しいよ」とか言いながら、自然と69になり、私も負けじと夢中でフェラをしました。
唇が痛くなるまで貪るように続けました。
彼は最後は私の口の中で出しました。
はちみつやアイスの甘ったるい味と精液の苦い味がミックスされて、なんとも言えない味でした。

たぶん私も潮を吹いてたと思います。
体を起こしたら、まるで滝のように私の液が足首まで流れました。

あれ以来、食べ物とセックスが隣り合わせの環境が病みつきになりました。
休みの日の夕食は、たいていほとんど裸で過ごします。
私は裸にエプロンとか、ブラだけつけてパンティーは無しとか。
気分が高まってくると口移しで食べあったりして、ひとしきり食べたあと、彼は私のマンコを「これはデザート」と言ってベロベロ舐めてます。
そのあとはもちろんねっとりと69、そして激しいセックスに突入するパターンが多いです。

2人とも喘ぎ声が大きいので、お隣さんに丸聞こえかも。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

相互RSS

This XML document is invalid, likely due to invalid characters. XML error: Invalid character at line 265, column 32