新着情報

3000円でフェラ抜きしてくれた援交ヤンキー

この体験談は約 3 分で読めます。

どっちかと言うと援助に近いのだが・・・かなり大昔の話。
ポケベル全盛時代、ド田舎の普通高校、学校が少ないのでヤンキーもいれば一流大学に行くやつもいるという学校でした。

当時高1の俺は、援助交際をしているという噂の(事実でしたが)『まゆ(仮名)』と同じクラスになりました。
まゆはいわゆるヤンキーで、気は強かったですが、顔、体ともにロリ系でした。
性格は悪くはなく、クラスでも結構みんなと仲良くやっていました。
俺も挨拶したり雑談したりするくらいの仲でした。

で、ある日、“営業”をかけられたのです。
放課後、たまたま廊下でまゆと一緒になりました。
まゆが俺に近づいてきて・・・。

「前から聞こうと思ってたんだけど、あんたって彼女いるの?女とやったことある?」

みたいな事を聞いてきました。
(他にも色々言われましたが、そんな感じです)

「AVとか観てるんでしょ?やりたいときは連絡してよ」

そう言ってポケベルの番号を教えてくれました。
普通なら、からかわれてるだけとか色々考えるのでしょうが、何しろ高校生ですから頭が回りません。
その日の夜に自宅からかけてみました。
すぐに電話がかかってきました。
そして、愛想はいいですが、いきなり具体的な条件の話になりました。

「今からでもいいよ。3000円とカラオケ代くらい用意して駅前でどう?」

もちろん行くしかありません。
ただこの段階では、どういうことなのか分かっていません。
おそらくは援助交際なのでしょうが、もしかしたら好意を持ってくれたのかもしれないし、最後までできるかもしれないし。

まゆと駅前で合流してカラオケボックスへ。
その間、俺は無言、向こうは普通に話しかけてきました。

部屋に入ると、「じゃあトイレで洗ってきてよ」と言われました。
言われた通りに、トイレの洗面所でチンコに水をかけました。
部屋に戻るとまゆは、「私に触るのは無しだから」と言って、何の躊躇いもなく俺の前に座り、ズボンを脱がしてフェラをはじめました。

まゆはまず、俺のチンコを根元を持って、振り回す感じにして硬くしてから口に含みました。
そのあとは一気に頭を前後に振りました。
彼女もいなくて、ほとんど女としゃべったこともない俺がいきなりのフェラ。
さすがに悶えてしまい、足が自然と閉じたり開いたりしました。
まゆは1回、口を離すと・・・。

「出るときは言ってね、口の中でいいから」

そう言って再びフェラ。
その後、まゆが2、3回頭を前後させただけで俺は限界に達して出してしまいました。
すぐにまゆはバッグからポケットティッシュを取り出して処理をし、トイレに行って戻って来ました。
(マウスウォッシュで口を洗っていたらしいです)
僕がお礼を言ってお金を渡すと、「いつでも呼んでね」と笑顔で言われました。

その後、貯金を下ろしたりして、何回かまゆを呼びました。
試しに日曜の朝早くとか、平日の夜遅くとかもベルを鳴らしましたが、すぐに電話が返ってきました。
ただ、高校生が自由にできるお金なんてたかが知れています。
まゆにフェラして欲しくてバイトを始め、値引き交渉をしたら少しだけ安くしてくれました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟専
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。