先生の指がクリに触れた瞬間に我慢していた声が出た

この体験談は約 3 分で読めます。

そこは先生が1人だけの小さなところ。
お客さんも誰もいませんでした。
下着は取るように言われ、着替えてみると白い薄手の診察服が透けて、薄っすらと私の乳首とアソコの毛が見えます。
私は恥ずかしくって手で隠すように前屈みになって先生のところへ行きました。
すると先生はそれに気づいてくれたようで、すぐに診察台でうつ伏せになるよう言ってくれました。

先生は優しく肩を揉みながら、「すごく凝ってるね。肩から腰を中心に揉みほぐすからね」と言いました。
先生の手がどんどん腰に近づいてくると、なぜか私のクリがジンと熱くなってきてしまい、自分でも濡れていることが分かります。
先生は気づいていないようで、「ん~。腰も凝ってるね。ここが凝ってるから背中も肩も凝るんだよ」と言いながら腰とお尻の骨を中心に揉んできます。
クリがすごく疼いてるのに触れてもらえないことが余計に私のカラダを熱くさせました。

(もう我慢できない!早く家に帰ってオナニーしたいっ!)

そう思い、先生に「もういいです」と言おうとした瞬間、先生が「あなたは生理痛もひどいんじゃないかな。もし良かったら生理痛によく効くマッサージがありますけど、どうします?」と言ってきました。

「・・・お願いします・・・」

辛うじて小さな声で返事をすると、仰向けになるよう言われました。
私はもうボーッとしていたので、仰向けになると薄っすらと乳首やアソコの毛が見えてしまうことを忘れてしまっていました。
しかも濡れてしまっていたせいでアソコの部分が更に透けていて、自分で言うのも変ですが、おっきなオッパイも診察服からこぼれそうでした。

先生は私の姿に少し興奮した様子で、ちょっと震えた声で、「あなたは胸が大きいから肩が凝るのかもしれないですね。ちょっと前のほうも揉んでおきましょう」と言うと、診察服の上から優しくオッパイを揉んできます。

「人肌で胸を揉むと溜まっている血流が流れて肩も凝らないんですよ」

先生は説明しながら診察服からオッパイを出しました。
恥ずかしかったけど、私は先生の手の動きを見ているだけで興奮してしまい、乳首が摘まれた時にはもう我慢できず、「あっ・・・ンッ」と声をあげてしまいました。

先生は、「次は生理痛のマッサージをしますね」と言うと私のアソコへ行き、足を広げました。

でもクリには触れてくれません。
足の付け根を優しく人差し指で上下にマッサージするんです。

(先生にアソコを見られてる・・・)

そう思うだけで私のアソコは濡れてきて、先生が付け根を上下に動かすだけで、クチュクチュ・・・といういやらしい音が響きました。
私は喘ぎ声をこらえるのに必死でしたが、先生の指がクリに触れた瞬間、我慢していた声を出してしまいました。

「あぁん・・・ハァハァ・・・気持ちいいですぅ・・・」

そう言うと先生は、「クリトリスを刺激すると体全体に血が巡るから生理痛にも効くんですよ」と言いながら激しく指を動かします。
私のクリはビクンビクンッと動き、先生が口でクリをチュパチュパ吸われて私はイッてしまいました。

本当は先生に挿れてもらいたかったのですが、お客さんの声が受付から聞こえてきたので、「今日はこれで終わりです」と先生は言いました。
窓口へ向かう先生のアソコはズボンの上からでも分かるほど大きくなっていました。

あのときはセックスできなくて残念だったけど、今度は出来るように先生に予約のお願いをしておこうと思っています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!