激混みの花火会場でノーブラ浴衣で同僚と密着

この体験談は約 3 分で読めます。

少しエッチな内容です。
昨日、花火大会があり、行ってきた時の話です。

私は今25歳で普通のOLをやっています。
職場の仲の良い人達と花火を見に行こうという話になりました。
みんなで示し合わせて浴衣を着用。
私達、女性グループは食べ物と飲み物を用意し、男性達は場所を確保。
花火が始まる前からアウトドアでのバーベキューのような感じで盛り上がっていました。

やがて花火の時間になり、片付けをしてよく見える場所に行こうとなり、固まって移動。
けれども凄い人混みで、私はみんなからはぐれ、1人で探し歩いていました。
ついていない事に、貴重品は車にまとめて保管。
花火だけを眺める予定だったので携帯電話も持ち合わせていません。

(どうしよう・・・)

そう思っていたら知った顔が前に。
同じようにみんなとはぐれて探し歩いていたAさんでした。
ほっとはしましたが、みんなと会うまでは安心できず、2人で探しますが見つからず。
そのうち花火の打ち上げ開始時間になり、周りが足を止めたので探し回るのも困難な状態に。

結局2人で花火を見ことにしてしばらく見てましたが、独身の男女が一緒にいると不思議な空気になるもの。
そんな感じじゃなかったのに、手を繋ぐことに・・・。
まあ雰囲気に流されただけ・・・それだけで終わるはず・・・でした。
ところが1回目の仕掛けが終わった時、突然、私の首筋に異物が入ってきた感触が!

(え、落ち葉?)

と思ってたらガサゴソと動いていて・・・。

「きゃーーーっ」

思わず大きな声が出て、隣のAさんも周りのみんなも振り向いて。
なんだかわかりませんが得体の知れない虫みたいなのが首筋にいて、あろう事かそのまま浴衣の中に入ってきたんです。
背中の方でガサゴソと動くそれに、もう卒倒しそうです。
まだそれがどんな虫なのかも分からない状態。
また悲惨なことに、すっごい人混みで身動きすら難しい中で、浴衣の帯を解かないと取り出せそうもありません・・・。
怯え、混乱する私にAさんから提案がありました。

「俺が取ろうか?背中からでよければ」

少し考えました。

(あー、中にシャツを着てくれば良かった・・・)

でも、その時の私に選択肢はなく、お願いすることにしました。
Aさんがおずおずと浴衣の首筋から手を入れます。
そして、背中で蠢いている虫(?)を掴もうとします。
でもAさんから浴衣の中は見えず、首筋は狭く、さらに私に遠慮して恐る恐るの動き。
結構時間はかかったものの無事に虫を外に出すことができました。
正体は、カナブンでした。

ただ、続きがあります・・・。
Aさんがカナブンを掴んで外に出したとき、弾みでブラのホックが外れてしまったんです。
Aさんもそれに気づき、「ご・・・ごめん」と言ってくれましたが、人混みの中で直すこともままならず・・・。
結局、胸元ゆるゆるのままで花火鑑賞。

帰りも凄い人混みでした。
Aさんは私を支えてかばってくれましたが、どうしても2人は密着することになります。
それも私のブラが外れた状態で・・・。
私はAさん体を預け、お互い抱き合うように。

するとAさんがするする・・・と、私の浴衣の中に手を差し入れてきたんです。
ホックが外れて浮いた状態のブラは容易に突破され、直におっぱいを揉まれ、乳首も弄られました。
私は必死で声が出ないようにしますが、Aさんのイタズラは止まりません。
そのうち私の後ろに回り、背後から抱き締めて一緒に歩くふりをして、おっぱいを触り放題。
胸だけでなくお尻も触られました。

そんな状態でしばらく歩いて、やっと元いた場所に到着。
すでに仲間たちは帰って来ていて、2人っきりだったことを冷やかされました。

で、仲間たちと別れた後は・・・ご想像の通りです。
ブラのホックが外れたまま2人でホテルに直行しました。
Aさんも私も異常に興奮していて、してもしてもし足りなくて、お風呂にも入らず連続で3回もセックスしてしまいました。
やっと落ち着いてきて前戯らしいことをした4回目の頃には、もう夜が明けようとしていました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!