ビール缶のような極太サイズに目が眩んで

この体験談は約 3 分で読めます。

息子が社会人になり、新しい生活が始まりました。
私もやっと静かな生活を送れるようになり、パートを続けていました。
夜中に帰って来たり、酔って帰って来たり、息子も一人前の大人になったのかなと感じながら、日々食事の準備をしながら、早く結婚して欲しいと願う日が続きました。

その日、珍しく仕事から早く帰って来たものの、自分の部屋に閉じこもっている息子を、晩ご飯の支度ができたので呼びに行きました。
ドアを開けると、下半身裸でベッドで仰向けになりオナニーをしていました。

「ご、ごめんなさい!食事の支度ができたわよ!」

私は慌ててドアを閉めました。
しばらくすると息子が部屋から出てきて、食事を終えるとすぐに部屋に戻りました。
とても気まずくて、私は少しドキドキしたものの、もう遅い時間だったので浴室に入りました。
髪を洗っていると全裸の息子が、「俺も入るよ」といきなり浴室に入ってきました。
息子は湯船に浸かり、私は体を洗っていました。

「母さんに見られちゃったね」

「ごめんね。でも男なんだし、欲求は誰にでもあるでしょ」

2人で少しずつ会話をして気持ちも落ち着いてきた頃・・・。

「あなたも体を洗いなさい」

息子は「そうだね」と立ち上がり、湯船に腰掛けると足を広げて、私の目の前にペニスを押しつけてきました。

「な、何するの!やめなさい!」

「よく見て、母さん、こんなんじゃセックスできる女なんていないんだよ!」

視線をペニスに向けると、まだ勃起もしてないのにグロテスクで太いペニスがそこにありました。

(もしこれが大きくなったら・・・)

「触ってみてよ」

私は息子のペニスを手に乗せ、軽く擦りました。
指が回らず、手のひらからはみ出ています。
すると脈を打ちながらグングン硬くなり、上を向いてきました。
すぐにそれは缶ビールと同じくらいの太さになりました。
私が呆気にとられていると・・・。

「セックスできる女性いないでしょ?こんなので!」

息子はそのまま浴室から出て行きました。
私はバスタオルを巻き、息子を追いかけて息子の部屋に行きました。

「身体を拭いてベッドに寝なさい」

私は電気を消して息子をベッドに座らせました。
息子の前に跪き、とても口に入りきらないペニスを擦りながら、舌を絡ませました。
しばらくすると睾丸が膨らんで、息子は足を痙攣させて私の頭に手を添えてきました。

「で、出る!」

「出して!出していいのよ」

両手で激しく擦ると腰を突き上げ、息子は射精しました。
ザーメンが私の顔に掛かりました。

「気持ちいい!母さんのも舐めさせて」

「やだ!恥ずかしいでしょ!」

抵抗しましたが、息子は私は両足を割って強引にクンニしてきました。
力任せにお尻を抱え込まれ、舌で奥までかき回され、思わず声が漏れてしまいました。
私も夢中になって息子のペニスを舐め回しました。
力が入らない身体を起こし・・・。

「い、入れてみようか?」

「無理だよ、母さん、無理しなくていいよ」

「そのままじっとしていて」

騎乗位の体位になり、息子のペニスを私のアソコに押し当てました。
全く入る気配はなく、逆にぐっと押し上げられると痛みが走りました。

「入らない、入らない、だめだ、やっぱり入らないよー」

ずっと私は我慢していましたが、入りませんでした。
結局、その夜は素股で出させて終わりました。

翌日も挑戦しましたが入れることは出来ず、息子を素股で出して、私は息子の指と舌でイキました。
一度では収まらない息子でしたので、二度目も素股でと思っていましたが、突然息子が私の両足首を掴んで突き立ててきました。

「む、無理よ!痛い!痛い!やめてやめて!」

必死に懇願しましたが、熱く硬いペニスが押し込まれ、快感と痛みの狭間で私は気を失い、あろう事か失禁してしまいました。
痛みで正気に戻っても息子の腰の動きは止まらず、「早く終わって、早く出して」と叫んでいましたが、途中から経験したことのない快感に襲われて・・・。

「アン、アンアン、もう少し奥まで入れて、いい、いい!またイクイク!」

気がつくと今度はうつ伏せにさせられ、後ろから・・・。

「母さん、母さん!お尻を上げて」

無意識にお尻を突き上げると・・・。

「あああ、いい!」

お尻を鷲掴みにされた状態で背中に射精されました。
気がつくと朝になっていました。
私はクタクタでパートを休んでしまいました。
息子は食事もせずに出勤しました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!