おデブ嬢を美人女優に脳内変換して

この体験談は約 3 分で読めます。

童貞の俺が今日初めて風俗に行ったwww
ピンサロってやつかな?
めっちゃ緊張したわ。
女の子の前で下半身丸出しで、そこに女の子が近づいて、優しく手を添えてふきふきしてくれた。
それだけで少しピクってなって気持ちよかった。

注意書きで、『生理中の女の子の下半身はお触り禁止』ってなってた。
友人も俺も、「今日は生理だからダメなの」って言われた・・・。
基本的におっぱいのみなのか?

『初めては勃たない』なんて話をよく聞いていたが、早漏の俺なら問題ないと思っていた。
しかし、実際には緊張で頭が冷静になって、いまいち興奮できなかった。

1人目は意外と可愛い子。
友人に以前、その店で「朝青龍に当たった」と聞いていたから、内心かなりホッとした。
んで、勝手が判らなかったから、「初めてだからリードして」と頼んだ。
しかし相手も新人らしく、「好きにしていいよ」と受け身の姿勢。

仕方ないから、まずは両手を突き出しておっぱいを触った。
触ってるだけにも飽きたので、口でしてもらうことにした。
ここからが良かった。
まず、温かい。
亀さんやられると、ピクって気持ちいい。
そしてヌルヌル感。
聞いてはいたが、確かに気持ち良かった。
なのになぜかフル勃起には至らず・・・。

せっかくなのでパイずりをお願いする。

(こっちは客なんだ)

そう割り切ると、意外と話せるもんだ。
胸はシチュエーション的には萌えるんだが、気持ち良さ的には口には遠く及ばず。

だんだん時間も気になったので、また口でしてもらうことにした。
その子の胸を触りながらしてもらったが、結局イケず終い。
気持ち良かったのは間違いないんだが・・・、慣れない環境のせいだろうか。

1人目が終わり、2人目。
最初の子と比べると、かなりぽっちゃりな子が登場。
ここで一瞬、友人が話していた朝青龍の存在を思い出す。
しかし俺は、(ここでこいつを朝青龍と認識したら負けだ)と思い、必死に世間話をした。
朝青龍は馴れた手つきで消毒し、「寝てください」との指示で俺をリード。

「生理だから下のお触りはダメ」

そう言いながら、早速寝かした俺を口で責め始め、お触りの猶予さえ与えない。
じゅっぽじゅっぽとエッチな音を立ててやってくれ、それなりに気持ちいいのだが、さっきの子のほうが上手いと思った。

それでも、ここでイケなきゃ金が無駄になる。
初風俗で、たいした収穫もなしで終わってたまるかと一念発起。
そこで俺は、友人がアドバイスしてくれた、『ケツに力を入れる作戦』を実行した。
さらに目を閉じ、倉科カナを妄想して現実を補完することも忘れない。
ひたすら頭を上下させてる朝青龍に申し訳なくなったので、腰や足を動かして、こっちも感じている風のリアクションをとった。
っていうか、そうすると少し気持ち良かった。
なんか急にイキそうになり始める。
んで、止めてもらうべきか、このまま口に出していいのかわからなくて困ったので・・・。

「あーもうイキそう」

と、男優的なセリフを吐いて朝青龍の出方を窺った。
それでもヤツは止まらなかったので、そのまま口にゴールイン。
イッたときの気持ち良さ、そして解放感はたまらなく素晴らしかった。
あくまでも俺の頭の中では、相手は倉科カナだから。

そんな感じで初ピンサロは終了。
正直、1人目の子で頑張ってイッておけば良かった。
もしも次に行くなら、15分一本勝負の指名ありがいいかもしれん。

あと、フェラしてもらってる最中なんだが、お互い無言になってしまうから超気まずいw
なので、「あったかい・・・」とか「そこ気持ちいい」とか口に出したんだけど、むしろ気持ち悪い男優状態になってた気がするwww

店を出たあと友人に、「朝青龍はいたか?」と聞かれた。

「わからんけど、2人目はちょっとぽっちゃりした子だった」と言ったら、「やたら馴れ馴れしいZZガンダムだったか?」と聞かれ、まさにその通りだったので、やはり俺は朝青龍にイカされたのだと知った。
悔しいが、フェラはなかなか良かった。

まあこれでちょっとは慣れたんで、今度はしっかり自分を興奮させて、もっと気持ちいいことをしたいと思った。
これが俺の向上心!

ちなみに友人はイケずに終わったらしく、「これも社会勉強か・・・ベビーオイルで馴れすぎたかな」と凹んでいた(笑)

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド