ほとんど毎日、女子のパンツが見れました

この体験談は約 4 分で読めます。

小学校4年生になると、高学年になるからという理由で水着の着替えだけでなく、体操着の着替えまで別々にされました。
男子は教室、女子は更衣室で着替えをしていました。
その時は女子の着替えを全く意識していなかったので何とも思いませんでしたし、そのルールは小学校5年生まで続きました。

事態は小学校6年生で急展開します。
小学校6年生に進級すると4階の教室に移動させられ、女子の使う更衣室からは遠くなります。
(更衣室は1階にあります)
そのため先生は、「更衣室は使いたかったら使って下さい」と言い、女子達は教室で着替えるハメになりました。
さすがに水着に着替える時は別々でしたが、体操着は教室で一緒に着替えました。

自分の通っていた学校は、“体操着を登校時に着て来てはいけない”という規則があって、一旦上も下も下着姿にならなければ体操着に着替えることができません。
つまり女子もパンツ一丁になって着替えるということです。
しかも自分はその学校へ小学校4年生の時に転入したので、実質、クラスメートの下着を見るのは初めてでした。
小学校6年生にもなって同級生のパンツが見れるのはなかなか珍しいと思います。
だから実際に着替えてみると、かなり興奮しました。

(ここからクラスメートの名前は全て仮名にします)

クラスで一番背の低かった浅井さんのパンツはブリーフみたいな真っ白のパンツでした。
小さなお尻に合わないのか、端の方がヒラヒラしていてエロかったです。
4月中は出席番号順の席だったので、毎日その子のパンツを直視していました。

クラスで一番美人だった薩川さんのパンツは青色でした。
恥ずかしがって椅子に座ってズボンを脱いでいましたが、その時友達と話して自分を背にしていたので結局丸見えでした。
青色のパンツには小さなピンク色のハートがデザインされていました。

その薩川さんと仲の良い石垣さんのパンツは白色パンツでした。
浅井さんに次いで2番目に背の低かった女子で、発注ミスをしてしまったのか体操着ズボンが異様に短くて、座った時にパンツが丸見えでした。
自分がロッカーに物を取りに行って、ふと後ろを振り向くと石垣さんが着替えいるのを見ることができ、ディズニー柄のパンツだと判明しました。

クラスで学級委員をしていた山本さんのパンツは灰色でした。
プライドが高く、恥ずかしがってる姿を逆に見られたくないのか、ツンとした雰囲気で堂々と立って着替えていました。
しかし自分がパンツを見ていたのがばれて、凄く睨まれました。

放送委員長を務める黒崎さんのパンツは薄いピンク色でした。
彼女は明るく活発な子で自分と仲が良かったです。
自分と黒崎さん2人で体育に遅れそうになり、慌てて着替えいたので恥ずかしがっている暇はなく、自分が後ろにいるのにも関わらずパンツを丸出しにしていました。
水着を着るとお尻が少しはみ出してしまうような感じで、その子もパンツから少しお尻が出ていました。
パンツには筆記体の英単語が斜めに書かれていました。

女子なのにガキ大将みたいなリーダーシップを発揮する川村さんのパンツはオレンジ色でした。
しかし彼女にも羞恥心があり、あからさまに隠していたので先端の方しか見れませんでした。

9月の席替えで隣になったメガネの優等生、橋本さんのパンツは灰色と黒色のボーダーパンツでした。
彼女も上の服を下に伸ばして着替えていましたが隣の席なのでたまにチラッと見えました。
高校はトップ校に進んだみたいです。

冬休み開けの席替えで隣になった天然キャラ古川さんのパンツは緑色と白色のボーダーパンツでした。
彼女は恥ずかしがることもなく普通に立ってパンツを丸出しにして着替えていました。
堂々と着替える山本さんと異なり表情は全く変えず、男子と楽しそうに笑いながら着替えていたのを見たことがあります。
隣に自分が座っているのに緑と白のパンツを突き出すようにして着替えていたのでまじまじと見てしまいました。
しかもそれに気づいていませんでした。
意外とアニメ好きです。

ツインテール女子の野沢さんのパンツは薄いピンク色に白い水玉模様のあるデザインでした。
椅子に座って上の服で下着を隠しながら着替えていたので見えにくかったですが、角度的に少し見ることができました。
積極的な性格で女子グループの中心的存在でした。

最後、好きだった野末さんは花柄模様のオシャレなパンツでした。
好きな人だけに、毎日見るのが日課でした。
運よく同じ班になることが3回もあり、クラスの中で唯一、パンツを前方と後方から見たことがある女子です。
しかも彼女は隠さずに平然と着替えていたのでバッチリ見れ、日によってパンツも変わっていました。
ある時はたくさんのアルファベッドが書かれた白いパンツで、またある時は緑と白のチェックパンツでした。
彼女は小学校5年生から知っている冷静な優等生キャラで、目の色が茶色のかなり可愛い人だったので、初めて見たときは興奮しました。

こんな感じに毎日、女子のパンツを物色していました。
何回見てもドキドキしました。
実際、女子達は恥ずかしそうで隠していましたが、体操着の上もそこまで長くないので、クラス全員のパンツを見ることができました。
見た日はすぐ家に帰ってオナニーをしていました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド