お泊りの卒業旅行で親友の女の子と初めてのレズエッチ

この体験談は約 3 分で読めます。

4月からそれぞれ別の道を歩む私たち・・・。
高校生活3年間、いつも一緒だった親友の佳香と千葉のリゾートに2泊の卒業旅行に行きました。

ランドでめちゃ楽しんで、ホテルに着いたらすぐにディナー。
お風呂から出て、それぞれのベッドに寝転んで話をしていたけど、途中で佳香の返事が寝息に変わった。
微かに聞こえる風の音と波の音。
1人で窓から闇に包まれた海を見ながら、佳香と過ごした3年間を思い出していました。
嬉しい時も落ちてる時もいつも一緒で、何でも話せる2人でした。
でも、そんな佳香にも、ひとつだけ話せないことが私にはありました。
それは私が1年の終わりくらいから佳香に特別な感情を持っているということ。

最初は、「佳香が彼氏だったらいいなぁ~」とか「私が男だったら佳香と結婚したいぐらいだよ」みたいな感じだったんですけど、3年になってからはエッチな感情が芽生えてしまって、佳香とのエッチを想像しては1人でしちゃったりして・・・。
気付かれないようにしてきたけど、この旅行で想いだけは伝えたい、そう思っていました。

「来て良かったね!」

いつの間にか私の隣に立っていて、腕を組んできた佳香。

「うん。良かった」

「こうしてるとさ、うちら彼氏彼女みたいじゃね?」

ふざけるように私の肩に頭を乗せてくる。

(ドキッ、ドキドキ)

「はははっ、そだね~」

佳香の肩を抱き寄せた。

「美貴の手って、指が長くて格好いいよね」

私の手を握って、1本ずつ確かめるように指に触っている。

「そっかな?・・・あのさ・・・私・・・さ・・・」

「ん?なに?・・・」

「わ、私ね・・・佳香・・・を・・・ね・・・いや・・・やっぱいい・・・」

「フフッ・・・私・・・知ってたよ・・・」

私の右手を自分の右胸に導いてくれた。

「えっ!?」

「私もね・・・美貴なら・・・いいよ・・・美貴となら嬉しいよ、私・・・」

たぶん2人ともドキドキしていたと思います。
固まったように、どれくらいそのままでいたか・・・。

「佳香、いいの?意味わかってる?」

乾いた喉からやっと出た言葉。

「うん、わかってる・・・。夏休みにうちに携帯を忘れてったでしょ?すぐに気付いて取りに来たけど・・・、あの時、読んじゃったんだ・・・美貴の日記みたいなの。ごめんね・・・」

身体中がカッーと熱くなり、顔から火が出そうな恥ずかしさでした。
携帯に綴り続けた佳香への想い、そして生々しい妄想・・・。

「最初は、“えっ?なんだこれ?”って戸惑ったけど・・・よく考えてみたら嬉しいし・・・私も・・・同じくらい美貴が好きって・・・。日記を思い出すとドキドキしちゃうし・・・。だから・・・美貴の好きなようにして欲しい・・・」

「佳香・・・」

胸に触れていただけの右手に気持ちを込めて、柔らかい佳香の胸をゆっくり揉みながら耳にキスをしました。

「ハァッ・・・ン」

「好き!大好き!」

佳香を自分の方に向き直させキスをして、舌を絡め合いながらベッドへ移動して押し倒しました。
無我夢中で佳香のガウンを脱がし、ブラをずらして乳首にむしゃぶりつきました。

「ハッッッアン!アアアアアッ」

チュッ・・・クチュッ・・・チュッ・・・。

大事に大事に高級スウィーツを食べるように、乳房を揉みながら乳首を舐め続けました。

「アッン!美貴~ぃぃぃ・・・」

カチカチになっている佳香の乳首を指で弾くように愛撫しながら、舌は佳香の身体を下がって行きます。
おへその周りを丸く舐めながらショーツを脱がせました。

「恥ずかしいよ~美貴~」

なんて言いながらも腰を少し浮かせて脱がせやすくしてくれて、脚に絡みついたショーツも自分で取ってくれました。
佳香のそこはビラビラまでびっちょり濡れていました。
ビラビラを指で開き、その愛の液に舌を伸ばして味わうように、夢にまで見た佳香のオマンコを舐め続けました。
穴の中に舌先を入れたり、ビラビラを唇で噛んだり、クリを振動させた舌で刺激したり・・・。

「あっーあん!あんあんあっ・・・ああ~」

佳香の声が大きく途切れることなく続きます。
クリへの刺激を速くしながら、私の指はぐっちょり濡れていた自分のおまんこの中へ・・・。

「美貴~美貴~美貴~」

佳香が呼ぶ私の名前の速度が速くなり、それに合わせて佳香への舌、自分への指を激しくして一緒にイキました。

「ハァッ・・・ハァッ・・・」

「・・・ハァッ・・・ハァッ」

その夜はそのまま2人抱き合う形で、いつの間にか眠ってしまいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!