都合のいい中国人妻[後編]

この体験談は約 6 分で読めます。

しっかり主題歌も聞いて俺とKさんは映画館を出た。
しかし俺は近くにホテルがあるのかどうかも知らなかった。
俺は郊外のホテル街しか知らなかったので、そこに行こうと思い、駅に向かった。
気分はルンルンだった。
繋いだ手は振り子のように前後していた。
肘で胸をつついたりもした。
映画館であんなことやこんなことをした俺に羞恥心など無い。

駅に行って電車に乗った。
もちろんラブホテルに行くためだ。
電車の中では俺とKさんの間で小声で話をしていた。
話の内容は・・・とんでもないことだ。

先に俺は、『都合のいい体だけの仲がいい』と書いた。
しかし俺は怖かったんだ。

「結婚してくれ」と言われることと、Kさんの夫にバレたときのことが。

慰謝料なんかを請求されたら俺の家は壊れてしまうだろう。
俺は国公立大学進学が義務だ。
今の俺は浪人生でいい子を装っている。
親は泣くだろう。
俺は親を泣かせたくなんかない!
俺は小心者だ。
そこで、異例だろうが、体の関係を持つ前にKさんに話しておこうと思ったんだ。

「俺はKさんと結婚することは出来ないし、長い間Kさんのそばに居ることも出来ないかもしれない。それでも俺とエッチをしてもいいのか?俺でいいのか?」

おおむねこんなことを真剣な目で言った。
返ってきた言葉は少し意外だった。

「もちろんいいよ。愛人になって欲しい。だから体だけの関係でいい。結婚は私も出来ない。私の家を壊したくないし、Y君には幸せになって欲しい」

大体こんなところだろう。

『愛人』という言葉に俺はビックリした。
よく考えたら確かにそうだ。
でも俺は『セックスフレンド』くらいの軽い気持ちでいた。

Kさんが朝からそう考えていたのか、映画館でそう考えたのか、そのとき咄嗟に考えたのかはわからない。
ただ、OKだということは分かった。
そしてお互いが了解してラブホテルに向かった。
駅からホテルまでは10分弱だった。
さっきの話は無かったのような明るい元気な2人だった。
手を繋ぎ、どう見てもカップルの男と女だった。

俺もKさんもラブホテルに行ったことはない。
小さい窓口から、どうしたらいいか聞いた。
少し笑われるかと思ったが、優しく教えてくれた。
とりあえず2時間居るつもりでいた。
一番安い部屋を選んだ。
エレベーターで部屋へと向かう。
俺は、「ここで襲おうか?」とか言って胸を揉んだりした。
しかしすぐエレベーターは着いた。

部屋へと向かう。
どっちが先シャワーを浴びる?みたいな会話が飛ぶ。

「このままでもいいよ?」と言って俺はKさんをベッドに押し倒した。

冗談で、だ。

「先入って来て」とKさんが言う。

俺は素直に先にシャワーを浴びに行った。
あそこはすでにヌルヌルだった。
特に念入りに洗った。
俺は5分くらいだろうか、すぐにお風呂場から出た。
そしてKさんにシャワーを浴びるように言う。
Kさんは下着を脱いでいる最中だった。

話は逸れるが、俺は少しだけロリコンの気がある。
タイプは“可愛いお姉さん”だ。
例を挙げると、優香とか小野真弓とか。
石田ゆり子さんは結婚したいタイプというか、また違う。
近所にお姉さんとしていて欲しい。
憧れというのかな。

話を戻す。
俺は歯を磨くことにした。
AVを観ながら歯を磨いた。
Kさんがシャワーから出てきた。
俺は小をしたくなりトイレへ行った。
トイレから出てくるとKさんが歯磨きを終えようとしているところだった。
Kさんが居るべッドに座った。

わかるだろうが、ここから先は俺には未知の世界だ。
Kさんにリードしてくれとあらかじめ言っていた。
俺はこんなことも恥ずかしくない奴だ。
だけどKさんは、きちんと出来なくてもいいから俺にして欲しいと言った。
Kさんは大人だから、俺の“最初”は“男”としてリードさせてあげたかったのだろう。

今となってそれを嬉しく思う。
子供な俺には後になってそれがわかるんだ。
今思うともっと色んなことが出来たはずだと悔やんで仕方ない。

俺とKさんは布団に潜り、キスをした。
そしてゆっくり左胸を揉む。
相変わらずKさんの左乳首は立たなかった。
右を責めることにした。
乳首は攻めない。
ゆっくり揉んで俺の舌は耳に行く。
だんだんと乳輪、乳首と攻めていく。
乳輪は小さかった。
胸を舐めた。
吸って舌を動かすと気持ちいいらしいと聞いたことがあったのでやってみた。
しかし、舌を速く動かすことは出来なかった。
最初だから・・・許して欲しい。

まだ5分も経ってないが手は秘所へやった。
手はどこを触っているのかわからない。
俺はクリトリスが最後まで判らなかった。
そこが一番気持ちいいという女性は多いらしいが・・・。
小さいとかではないと思う。
俺が判らなかっただけなんだ。

俺は膣に指を出し入れした。
というか、これが一番反応してくれて嬉しかったんだ。
出来るだけ速く出し入れしたり、奥まで入れたり、掻き回したり、指を曲げて色んなとこを刺激したりした。
1本だった指も2本にした。
が、痛いそうなので、すぐに止めた。

申し訳ないのは爪を切ってなかったことだ。
もしかしたら、中が切れているかもしれない。
Kさんが「痛い」と言ったからには相当だったことと思う。

俺はKさんの秘所を舐めた。
クンニをしたってことだ。
でも大したことは出来なかった。
舐める、吸う、舌を入れるくらいだ。
正直に言うと、毛が邪魔だった。
それと、少ししょっぱかった。

初めて10分くらいだろうか。
俺は入れようとした。
最初はナマで入れてみた。
そうしたかったんだ。
でも俺はすぐに抜いた。

「コンドーム付けるからちょっと待って」と俺は言った。

するとKさんは、「今日は安全日だからそのままでいいよ」と言った。

けれど俺は怖かったんだ。
(もしも・・・)という考えが頭をよぎった。
だからちゃんと付けた。

そしてKさんに「入れるよ?」と聞いた。

優しく、「うん・・・」って答えてくれた。

Kさんの腰の下に枕を置いた。
それが楽だと友達に聞いていたからだ。
とりあえず俺は腰を振ってみた。
でも速く振ると俺自身がKさんから出てしまうし、ゆっくりだったら気持ちよくない。

ちょっと話は飛ぶ。
だんだん感じが分かってきた。
速く動かすことが出来るようになっていた。
でもKさんは濡れていなかったのだろう。
ローションを使って欲しいと言われた。
少しショックな俺。
俺は風呂場にローションを取りに行った。
そして、塗ってした。

ただ、俺が初めてで下手だからか、遅漏なのか、コンドーム装着状態だとどうしても出なかった。
どうしようか2人で迷った。
ここ3年間くらい俺は女性に騎乗位をして欲しいと思っていた。
そこでKさんに騎乗位をしてくれと頼んだ。
Kさんはしてくれた。
Kさんがゆっくり動いてくれた。
俺は下から突いてみた。

しかし、ここでまた問題が発生した。
痛いらしい。
Kさんは俺自身が大きいからだと言う。
どうなんだ?

ちなみにスペックは12、4cm。
カリ横幅3、7cm周り11cm。
根元横幅4、5cm周り14cmだ。

指2本が入らないKさんが小さいと思うのだが・・・。
騎乗位は10回も上下してないだろう。
Kさんが痛いと言うのですぐに止めた。
それでも俺は嬉しかった。
痛がっているのも可愛かった。
俺は少しS気があるのかも知れない。

正常位に戻った。
コンドームを付けてだったら相変わらず気持ちよくなかった。
ついに俺は外してやることにした。
奥まで突くとKさんは声を上げる。
それが痛いのか気持ちいいのか、俺には知る術は無かった。
とりあえず付けないと気持ちよかった。
中で出さないように気をつけて、最後は外に出した。
Kさんのお腹の上に出した。
俺はKさんの上に出した液体を拭いて一緒にシャワーを浴びた。
部屋に入って40分ほどが経っていた。

ここからが問題だ。
俺は自分勝手になっていた。
自己中な俺が出たのかも知れない。
いや、出たんだ。
もうすぐ1時間・・・最初、俺は2時間居る予定だった。
でも、もうエッチをしたくなかったんだ。
思っていたほど気持ちいいものではなかったから。
愛が無いからか?
俺が下手だからか?

それに俺はKさんに少し幻滅していた。
俺の理想とはかけ離れ過ぎていた。
俺は、初めてする女の子は処女か、あまり経験してない子がいいと思っていた。
童貞らしいと思ってくれ。
とにかく違ったんだ。
俺が奥まで突くと声を出して俺の背中を摘む。
正直、少し引いたよ。
今考えれば映画館が一番楽しかった・・・。

風呂を出て2人でベッドに座っていた。
そんな俺はまたとんでもないことを言い出した。

・初めてのエッチは思ったより気持ちよくなかった。
・Kさんとはもうあまり会わないかもしれない。
・毎日メールをすると言っていたが、それも分からない。
この3つかな・・・。

今考えると、Kさんは何もかも初めての俺に文句ひとつ言わずに付き合ってエッチをしてくれた。
1日だが、Kさんはかなり俺に尽くしてくれた。
そんな人に俺はひどいことを言ったんだ。
やっぱり俺はこんな奴なんだ。
これが俺の書きたかったことだ。

Kさんは少し悲しそうに見えた。
“哀しい”の方が正しいのかもしれない。
それでもKさんはこんな俺を許してくれた。
というか、それでいいと言ってくれたんだ。
俺は将来は真面目に就職して、いい奥さんと幸せに暮らすはずだ、とか言ってくれた。

結局、俺とKさんは1時間でホテルを出た。
この話をしてさっさと出た。
ホテル代は俺が出した。
それでも俺達は手を繋いで駅へと歩いた・・・。
会話はほとんどない。

結果的に俺は都合のいいデートをしてKさんを捨てたんだ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!