熟年夫婦の熱い温泉旅行

この体験談は約 4 分で読めます。

〔体験談投稿者:トコロテン 様〕

私たち夫婦は再婚同士(私:56歳/妻:53歳)です。
再婚同士ということもあり、夫婦生活はこの年にもかかわらず盛んな方だと思います。
先日夫婦で温泉旅行に出かけた時の体験談を投稿します。

いつもの通り都内から某所まで2時間のドライブ。
今回は素泊まりゆえ、各名物料理を食べ、某温泉地に向かう。
今回の宿はペンションを少し大きくしたような宿で、敷地内に数ヶ所ほど貸切風呂が点在しており、子供の宿泊は不可でカップル専用と言っても良いかもしれません。
宿到着後、運転の疲れを取るため、数ヶ所ある貸切風呂へ向かうことに。
辺りは薄暗くなっており、妻の裸体がライトに照らされ、妙に下半身がウズウズ。
・・・が、寄る年波ゆえ夜の部に備えてガマン。

何気ない会話の後、のぼせる前に部屋に戻る。
運転疲れや温泉で体が温まったゆえ、お互いいつの間にか寝てしまった。
数時間ほど寝ただろうか、何気に目が覚め、喉が渇いたので敷地内にある自動販売機まで飲み物を買いに(妻はまだ爆睡中)。

建屋の中に入り部屋のドアノブに手を掛けた時、隣室のドア辺りからカップルの甘えるような声が。
部屋に入らず暫く聞き耳を立てていると、甘える声が喘ぎ声に。
そう、ここは木造の宿で壁は薄い。
興味津々でその場に十数分は居ただろうか。
最後は「イク~~!」との声で終わったみたいだ。
お陰で浴衣の下は・・・硬くなってしまった。

部屋に戻ると妻も起きていた。

妻「何処行ってたの?」

私「喉が渇いたから飲み物買ってきた」

妻「ねえねえ・・隣から変な声が聞こえてきたわ」

私「うんうん。部屋に戻るとき通路にも聞こえてた」

妻「私たちも気を付けないと・・・(妻は声が大きい)。で、あそこ大きくなってない?」

私「久しぶりに他人の生声を聴いたからな。お前は?濡れてるのか?」

妻「・・・」

ここは熟年、お互い暗黙の了解で浴衣と下着を脱ぎ捨て・・・全裸のままベッドへ。
いつもの通り妻のフェラ、裏筋からアナル舐め。
舌をアナルの穴へ・・・何とも言えない気持ちになる。
69で妻が上になりクリに吸い付く。
既に妻のあそこは・・・。

そのまま舌を穴に滑らせると愛液で溢れている。
今度はアナルへ舌を滑らす。

「ダメ・・気持ちいい・・もっと」

だんだん妻の声が荒くなってくる。
いつもはゆっくりと舐めあうのだが、さっきの隣の声にスイッチが入ってしまいバックから硬くなったものを妻の中へ。

妻「ア~~入ったわ・・気持ちいい・・・」

私「どうした?いつものような声を出さないのか?」

妻「だめだよ・・お隣に聞こえるわ・・・」

私「いいじゃないか」

妻「恥ずかしいから・・ダメ(枕で顔を抑える)。奥に入ってる・・気持ちいい・・もっと奥に・・・」

私「ほら・・グチュグチュ言ってる・・愛液が溢れてるよ」

妻「アアア~もっと・・イキそう・・イク~~ウ~~」

一回目の絶頂を迎えた妻。
今度は妻が上に・・・。

妻「クリが当たってる・・気持ちいわ~」

私「我慢しないでもっと声を出していいよ」

妻「ダメ・・恥ずかしい・・イイワ~~気持ちいい~~」

段々我慢ができなくなったのか、声が大きくなる妻。

妻「アアア~~またイキそう!アアアアア~イクう~」

私「そろそろ俺も・・いいかな?」

妻「ウン・・あなたの温かいのが欲しい・・・」

いつものフィニッシュの正常位でドッキング。

妻「いいわ~もっと奥に・・・奥を突いて!」

私「ほら・・奥を突いてるよ!」

妻「アアア~イイ~~奥に入ってるわ~アアアアア~」

私「そろそろイッていい?」

妻「ウン。あなたのが欲しい・・アアア~またイキそうだわ」

ベッドがギシギシと鳴り、壁にベッドが当たる。
だんだん妻も我慢ができなくなったのか、いつもの喘ぎ声に。
おそらく部屋の外まで声が漏れている。

妻「アアア~イク~~あなたも早く~~一緒にイキたい・・」

妻を抱き締め、高速で腰を動かす。

私「もうだめだ・・・イク・・・精子欲しいか?」

妻「欲しいの・・あなたの温かい精子を子宮に頂戴!」

部屋中に響き渡る妻の喘ぎ声。
ベッドが壁に当たるガタガタ音。

私「イクぞ!」

妻「アアアアア~~イク~~~~!」

妻の絶頂とともに精子を妻の子宮の中に。

ベッドに横たわる二人、腕枕をして無の世界に。
その時、ベッド側の壁に物音が?
シ~ンとした部屋に微かに聞こえる話し声が。

私「聞かれたかな?向こう側で物音がしたよ」

妻「そうみたいだね」

他愛のない会話をしていると今度は隣の部屋からベッドの軋む音と微かな喘ぎ声が。

私「はじまったのかな?」

妻「お若いカップルかしら?もう2回戦なんて・・・」

はっきりと聞こえるカップルの営み。
先程以上にベッド音と喘ぎ声が。
にんまりとした後、汗もかいたので二人で寝る前に貸切風呂へ向かう。
お互い浴衣以外は何も着けずに。
夜深いこともあり静寂が心地よい。
部屋に戻るとお向かいもシーンと。
そのままベッドに寝転んだ。

気が付けばもう明け方に。
妻もほぼ同時に起きてきた。
昨日の余韻か、朝立ちか、もう硬くなっていた。

妻「もう一回したいの?硬くなってるわ」

私「そうみたいだな。精子は出るかわからないが・・・」

目と目が合いそのままバックから。
昨日の精子が残ってるのか、もうあそこは十分。

私「もう恥ずかしくないだろ。喘ぎ声を出してくれ」

妻「ウン・・イイ・・奥に入ってるわ・・アアア!子宮に当たってる・・・」

またまた部屋中に響き渡る喘ぎ声。

妻「アアア~~気持ちいい~~いいわ!」

今度は周りに全く遠慮はせず愛し合いました。
おそらくお隣以外にも聞かれたかもしれませんね?

勿論、今回のようなカップル専用の宿以外ではマナーを守ってます。
一戦の後、再び貸切風呂へ。
のんびりした後部屋に戻り、帰り支度。
お隣は朝セックスをしたかは不明です。
TVを点けたりしてましたから。

また、暖かくなったら旅行に行く予定です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!