古女房の熟した味わい深さ

この体験談は約 3 分で読めます。

今年、婚歴30年を迎えました。
私は57歳、女房は55歳ですが、かなり若く見えて美魔女と言われています。
若い頃、女房はその美貌から広報課で販促の仕事をしており、顔が似ているので「広報課の伊藤麻衣子」と言われていました。
今も垂れ目が可愛い古女房です。

出会いは32年前。
販促用の試作品を広報課に持ち込んだ時、女房も私も失恋直後で意気投合、ヤケ酒を飲みに行ったことから始まりました。
泥酔してエッチな雰囲気になった流れでラブホに入ってセックスしてしまったのです。
初めは酔った勢いでしたが、裸になってシャワーを浴び終わった後、やや酔いが醒めてしまい、お互い素っ裸で見つめ合って・・・。

「これってヤバいよね・・・」

女房がそう言いましたが、私は広報課の伊藤麻衣子と言われた社内アイドルの裸にフル勃起でしたから、とても後に引けず・・・。

「好きになってしまったから抱かせて欲しい。酔った勢いじゃないから・・・」

そう言って抱き締めて女房の股ぐらに陰茎を押し込むと、ヌルッと先端が入ってしまい・・・。

「ああん・・・私も濡れてるみたい・・・」

そのままベッドに押し倒して、根元まで入れてしまいました。
その時のセックスがとても良かったらしく、女房は私とセックスしたくて、私は可愛い妻をエッチに喘がせたくて、頻繁に会うようになって結婚しました。
私と女房がデキていることが知れ渡ると、広報課の伊藤麻衣子に憧れていた社員や、破局した元彼から嫌がらせを受けましたが、結婚したら諦めがついたようで収まりました。

私達は結婚以来、基本的に毎日セックスする夫婦でした。
それは今でも変わらず、しない日は週に1、2日あるかないかで、ほぼ毎日セックスしてから寝ます。
だから私は女房の身体は隅々まで知り尽くしています。
スカートを捲って指先で陰核をこね続けると、女房の目はトロンとなって私の陰茎を欲しがり涎を流します。
色っぽく上気した顔で私のズボンをずり下ろし、陰茎を弄ります。
もう子供たちも独立して2人きりですから、そのままいそいそと風呂場で股間を洗って寝室で裸で抱き合います。

55歳の女房の陰唇は真っ黒で、パックリ割れて見える膣口はピンク。
そのコントラストが鮮やかです。
女房の陰裂をネチネチと舐め回すと愛液が溢れてくるので、それを陰核に塗るようにして舐めてやると、あっという間にアクメに達します。
女房の陰核は新婚時代に管で吸い出してあるので全体が剥き出ていて、とても敏感です。
普段は陰裂の中に隠れていますが、陰裂を開いて舐めてやれば、あっという間にイキます。
陰茎を膣内に入れて掻き回すと・・・。

「はぁ~・・・はぁ~・・・」

すぐに吐息が漏れ出します。
膣ごと引きずり出すようにカリで天井を擦り上げれば・・・。

「イクぅぅぅぅぅぅ~イクぅぅぅぅぅぅぅぅ~」

切ない声を出して仰け反り、陰茎にまとわりつく最高の感触に、たっぷり奥に射精します。

「はぁぁぁぁぁ・・・これこれ・・・アソコから熱いのがトロ~って流れ出てくると、セックスした~って気分になるわね・・・」

そう言って妻は微笑みます。

「毎日、抱かせてくれてありがとう。いつでもさせてくれる女房を持って幸せだよ」

私がそう言うと妻は・・・。

「私こそ、こんな年になっても抱いてもらえて嬉しいのよ。やっぱりセックスって素敵だもの・・・」

そう言ってくれる女房は本当に可愛くて、身体もまだまだ若々しいので、できることなら若い頃のように、2回戦、3回戦と立て続けに抱きたいのですが、さすがに今は無理です。

若い頃より今の55歳の古女房の方が、抱いていて気持ちがいいように思います。
30年抱き続けて飽きるどころか、ますます古女房の熟しきった身体の味わい深さに夢中になっています。
本当に女房と結婚して良かったと心から思う結婚30年でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!