ミルク飲み人形と化した俺の彼女

この体験談は約 2 分で読めます。

大学生のときに付き合っていた彼女は宝生舞似の大人しい感じ。
セックス嫌いってわけではないけど、表には出さないタイプ。
セックスも至ってノーマルで、色々やってみたけど全然乗ってきてくれないんで、俺としては少々つまらなかった。
あと体質的にアソコの粘膜が弱いらしく、1回戦ではイクけど、2回戦からは痛くてイケなくなる子だった。

でも大学生といえばやりたい盛りで、1日5発くらいはへっちゃらでしょ?
で、このあり余った性欲をどうしてくれるんだと、浮気しちゃってもいいのかと彼女に迫ったわけです。
幸い彼女はフェラとごっくんにはまったく抵抗がなかったんで・・・。

「じゃあ満足するまで口でしてあげる。そのかわり浮気はしないでね」

それから彼女は俺のミルク飲み人形と化した。
夜、彼女のアパートに行き、まずは前日から溜めておいた濃いやつを口で吸い出させて全部飲ませる。
小休憩の後、普通にセックス。

一戦終わってベッドでタバコを吸いながらテレビを観ていると、画面のタレントにムラムラしてきた俺。

「なあ」と、横で寝ている彼女の口元にチンポを持っていくとなんの抵抗もなく咥えてくれた。

「明日の朝、朝立ちしてたらフェラで起こしてよ」なんてお願いしてから寝る。

朝、モゾモゾとパンツを脱がされているのに気づいて目が覚めた。
そのまま寝たふりをしてると、言いつけ通りフェラをしてくれて、最後はちゃんと飲んでくれた。

「じゃあ私、授業に出てくるから」

そう言うと口も濯がずに出かける彼女。
彼女が帰ってくるまでまた寝る俺。
昼過ぎに帰ってきた彼女に、「遅いよ。もうこんなだよ」と勃起したチンポを出す。

「あ、ほんとだ。はいはい、ちょっと待ってね」

慌てて靴を脱いで咥えに来る彼女。
いつでもフェラ&ごっくんしてくれるのは嬉しいけど、あまりにも抵抗なく咥えちゃ飲み咥えちゃ飲みするんで、それはそれでちょっと物足りないというか・・・。
で、彼女のほうもすっかり慣れきっちゃって、あるときふと彼女を見ると、テレビ観ながらしゃぶってんの。
ドラマを観ながらジュポジュポやって、ドラマを観ながら精液をごっくん。

「さっきテレビ観ながらやってたろ?」

「あ、バレた?ごめんw」

彼女は気まぐれで、自分がしたいときは、「ねぇ、今日、すっごい下着をつけてきちゃった」とか言って誘ってくるくせに、こっちが誘っても気が乗らないときはあっさり拒否する彼女。
ノリノリのときのセックスは最高なんだけど・・・。
なかなか思い通りにはいかないもんだね。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!