甥のオナニーに興奮して

この体験談は約 5 分で読めます。

ある夜、襖越しに寝ているはずの甥の部屋のテレビの音に目を覚ました私は、隣の様子を窺っていました。
私の部屋に間借りすることになって1ヶ月余り、甥の行動に興味を抱くことが多くなった時期でした。
テレビから流れる女性の喘ぎ声に耳を澄ませた私は、甥の様子を見てやろうと興味津々で起き上がるとパジャマ姿で襖に近づきました。
襖の向こうからはテレビから流れる女性の声と甥の物音が聞こえていました。

からかい半分で、「何見てんの?」の声をかけると同時に襖を勢いよく開けると、目の前にテレビの明かりに照らされた甥の姿がありました。
甥の下半身は丸裸で勃起した男根を握り締めて、はみ出た亀頭がこちらを向いて反り返っていました。
戸惑いながら目を逸らすと、驚いた様子でこちらを振り向く甥と目が合ってしまいました。

慌てながら襖を閉め、平常心を装いながらベッドへと辿り着くと、高まる胸の鼓動を抑えきれないまま震えるようにベッドに横たわりました。
伏し目がちに甥の部屋を見ると、閉めたはずの襖が僅かに開いていて、そっと体を起こすと、甥が恍惚の表情で男根を激しく動かしている様子が目に飛び込んできました。
悟られないように体勢を立て直した私は、甥が絶頂を迎えて精子を放出するまでの一部始終を盗み見していました。
事を終えた甥はしばらくすると明かりを消し、寝静まったように物音を立てなくなりました。
すべてを見届けた私は胸の鼓動が鳴り止まぬままに仰向けになって目を閉じました。
瞼に焼き付いた甥の姿に半睡半起の夢の中で時間だけが流れていました。

襖の開く音に目覚めて薄目を開けると、月明かりに照らされて近づいてくる甥の姿に気づきました。
私は徐々に鮮明になる意識の中で、パンティを露出したまま横たわる自分の姿に赤面しながらも悟られぬよう目を閉じて、寝たふりを装いながら事の成り行きを身動きできぬ状態で構えておりました。
しかし、甥の気配を感じながらも何一つ起こらぬ事態に、身体が凍ったように硬直してしまっていました。

次の瞬間、甥の手が私の下半身に触ってきました。
息が詰まりながらも悟られぬように身を縮めていると、甥の手が徐々に下がって私の秘部に到達しようとしてきました。
私は震える身体を必死で抑えていましたが、甥の指が陰茎に触れた瞬間、思わず身体がピクンと反応してしまいました。
甥が素早く手を離したのを感じました。
私は起き上がろうかと思案しましたが、甥に身を委ねたい思いが強く、しかしその後何も変わらない状況に困惑してしまいました。

私は熱く火照る下半身を意識しながら、甥の気配を身体全体で感じていました。
不意に甥の手が私のパンティにかかると、それまで締め付けられていた下腹部が軽くなったのを感じました。
私は自分の秘部が甥に見られていることを悟りながら、つい先ほど甥の生艶めかしい姿を見てしまったことに後ろめたさを覚え、なすがままの状態に身を置こうと決めました。

甥の鼻息が間近に聞こえ、しばし開いていたパンティが元に戻されると、今度はパジャマの上着が軽くなったのに気づきました。
甥がパジャマを持ち上げて私の胸元を見ているのを意識すると自然と呼吸が荒くなってしまい、息を殺しながら甥に見られる快感を覚えました。
突然、私の右の乳首に甥の指が触れた瞬間、思いもよらず私の身体はピクンと反応してしまいました。
甥の手が離れ、乱れた呼吸がどうしようもなく早まるのを抑えながら事の終わるのを祈るような気持ちでいました。
なおも甥の手が乳房に覆いかぶるように押し当てられると、意識とは裏腹に体はさらに反応しました。
今度は乳房から離れることのない甥の手に、荒げる呼吸を悟られたように感じました。
甥の手が私の乳房を摘み上げると身体に電気が走ったような感覚に襲われて、思わず身を捩っていました。
甥の手が私の臍の辺りを彷徨って、腹部が痙攣するのを感じながら、なおも秘部へと下る甥の手にもはや制御できない状態になっていました。

甥の手が私のパンティを巡り秘部の谷間を刺激すると、意識は半ば混濁して、脚の筋肉が緩んでいきました。
胸のボタンが外されていくとますます呼吸と胸の高まりが早まり、露わになった胸元に興奮を隠しきれないでいました。
乳房を撫で回す甥の指に耐えかねて、私は喘ぎ声を漏らしてしまいました。

乳首を舐め回す甥の唇に感度を高めながら、胸元を滑り下りる手がパンティの中に入っていくのを薄れがちな意識の中で興奮しながら味わいました。
甥の指が私の膣に入っていくのを恍惚と受けながら薄れゆく意識の中に身を委ねて、体の中に入った甥の指が音を立てて蠢く様を宙にも上る感覚で受け入れました。
乳房に当たる甥の歯の刺激と、膣に埋まり込む指の動きに全身がなくなるほどの幸福感を覚えました。
恍惚とした妄想に酔いしれて無意識に声を漏らし、しばらく意識を失いました。

自分の手に熱く当たる肉片に気を持ち直すと、触れるモノが甥の勃起した男根だと悟りました。
肉棒は脈がわかるほど硬直していました。
先ほど盗み見た甥の姿と重ね合わせて、現実の手の感触と、まだ挿入されたままで蠢く指に刺激されながら、私は甥の男根を握り締めていました。
肉棒を握り締める私の手に甥の手が添えられると、揺するように動かしはじめました。
同時に速度を増す膣の中の指と、手に収まりきらない甥のいきり立った男根の感触に、再び嵐のように熱い高まりが押し寄せ、閉じたはずの口から唾液が漏れました。
降り注ぐ快感に身を任せ、昇りつめる自分を感じました。

手に張りつめたような感覚がして、次の瞬間、乳房に生温かい物がかかるのを感じました。
手の中の肉棒は激しく波打ち、手に伝わる滴を感じながら、急速に萎んで柔らかくなる甥の男根を手のひらで包みました。
膣で蠢いていた甥の指が動きをやめて静かに抜かれると、拘束されていた私の腕も解放され、弛緩した状態で力が抜けていきました。
甥の濡れた手が私の乳房に触れると、乳首を優しく撫で回し、液状に変化した甥の精子と私の愛液が混ざり合い広がりながら、火照った乳房を包み込んでいきました。
甥は脱力した私の腕を取ると、まとわり付く液体を丁寧に拭き取ってくれました。
そして今までに経験したことのない刺激で乳首を愛撫されました。

立ち上がった気配を感じると、甥は私のパジャマの襟を閉じてボタンを留め直し、頬にキスをして戻っていきました。
薄目を開けて甥の背中を目で追いました。
今なお火照る下半身に自分の両手を埋め、不意に流れる涙と襲い来る身震いに身を丸めながら、収まりやまぬ胸の鼓動を聞き続けていました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド