口内射精にヤミツキな私

この体験談は約 2 分で読めます。

27歳、主婦、スタイルは普通だと思います。
結婚して3年くらいのダンナさんがいます。

最近の私はダンナさんの寝起きのオチンチンが大好きです。
朝立ちって、とってもパンパンに張っていて、脈打っていて、逞しくって。
いつもよりも大きく感じます。

先日の朝、起きると隣で寝ているダンナさんのオチンチンは下着の上からでもわかるくらい勃起しています。
前の晩はちょっと飲みすぎてエッチ無しだったので、ちょっと欲求不満・・・。
そっとダンナさんの下着をおろしてみると・・・。
超立ってます!

軽く擦ったり先っぽに「チュッ!」ってやってもダンナさんは起きません・・。
私は四つん這いになってオチンチンをフェラしました。
指でアソコを弄りながら。

ホントはお口でしてあげるつもりだったんだけど、次第に私のアソコも濡れ濡れになってきてしまって、どうしても入れたくなりました。
ダンナさんは寝てる(フリなのかわかりませんが)のでオチンチンを持って騎乗位で挿入。
なんか朝だと子宮が下がってるのか、ダンナさんの大きなオチンチンが子宮口に当たります。
しばらく腰を振ってるとダンナさんが起きました。

「なにやってんの??」と不思議そうに見ていますが、前の晩エッチしてもらっていないので、イキたくてイキたくて腰を振り続けました。

途中上下に動かしたり後騎乗位(?)で子宮口にオチンチンを擦り付けます。
そしてイキまくりです。
私はこれで3回はイキました。

「お前今日はかなりエロいな。興奮しちゃうよ・・・」と言われ、さらに興奮!!

ゴムは付けていないので、ダンナさんがイキそうになるとお口でしてあげました。
そのときの精子はとても濃くて飲めませんでしたが、すごく興奮します。
ヤミツキになりそう・・・。

付き合って初めてとかだと引かれると思いますけどね。

今ではちょっとしたオナニーです。
ダンナさんには悪いけど。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!