研究室で昼寝をしていたら

この体験談は約 3 分で読めます。

この前、大学の研究室で、あまりに眠いので授業出ないで1人で昼寝してたんだ。

うちの研究室には何故か和室があって、俺はよく仮眠するのに使ってるんだけど・・・。
何やら下半身がモゾモゾして目が覚めると、友達の彼女で同じ研究室のYさんが俺のムスコを撫でていた。

「えっ」

驚いた俺に、Yさんもびっくりして「ごめんなさい」と謝るのだが、内心嬉しかったりした。

Yさんは正直言ってそれほど可愛くないのですが、何と言っても巨乳なんです。

「別に構わないけど何でこんな事を」と聞く俺に、「彼氏のしか知らないから・・・」と言うYさん。

時計を見るとまだ講義が終わるのには時間がたっぷりあった。

「見たいの?」と尋ねると、「ちょっとだけ」と照れた感じで答えるので、「じゃあどうぞ」と、そのまま寝転んでいると、恐る恐るといった感じで触ってきた。

触りだすとスグに大胆になって、かなり触りにくそうにするので、自分でズボンを下げてパンツ姿になると、いきなり生でムスコを触りだした。

「すごーい」

そう言いながらムスコをマジマジと見ながら触るので、もうギンギンになっていました。

「ここまでしたんだからちゃんと処理してね」と俺が言うと、「あーそうだね」と結構軽いノリで答えたYさんは、躊躇することなくムスコを咥えだした。

いきなりのフェラですごく嬉しかったのだが、それほど気持ちよくないし、折角なので巨乳を揉んでみた。
巨乳のブラは結構硬くてあまり面白くないので、何も言わずに背中に手を入れてブラのホックを外した。
ボヨンって感じでブラが外れると少し恥ずかしそうにしていたのだが、それでもまだフェラを再開するので、Yさんのシャツを持ち上げて胸を出した。
結構乳輪が大きいけど、巨乳の割りに張りがあって垂れてない。

乳首の周りを撫でると気持ちいいのか、「んっんっ」と小さな声が出た。

初めての巨乳に大興奮で胸を揉み回した。
それでもYさんは感じながら必死でフェラしていたのだが、「あごが疲れた」と、とうとう処理出来ずに諦めた。

ここまで来たら止めれるわけもなく、そのまま押し倒して、Yさんに貪りつきました。
無抵抗どころか、Yさんの方からキスをせがんできたりと、すごく大胆なので、何の躊躇もなく、そのままエッチしてしまいました。

講義が終わり皆が帰って来てからはごく普通に友達してますが、さっきまで皆が雑談しているその和室でYさんとエッチしていたと思うと、1人で興奮してしまいました。

帰り際にYさんが小さな声で「内緒ね」と言うので、「あたりまえだろ」と返しました。

「またね」と言って帰ったYさんの「またね」の意味を、もう一度と捉えたい俺は馬鹿でしょうね。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!