美人課長の美脚をストッキング越しに舐め回す!

この体験談は約 4 分で読めます。

私は31歳、北国出身の男です。
東京の私大から東京の会社に就職しました。
29歳の時に両親が揃って体調不良になり、1人息子としてはやはり面倒を見ないといけないので、30歳の区切りで地元に帰ることにして、地元の会社になんとか再就職を決めました。

引き継ぎ業務と送別会も終わり、あと2日で東京とオサラバで田舎暮らしか・・・としんみりしてたら、上司の美人課長・亜紀(34歳)から飲みに誘われました。
超難関の国立大卒で仕事も出来て、しかも美人!
これまで私は自分の成績を上げるというより、課長に誉められたい一心で仕事に邁進していました。
実際、私の営業成績はかなり優秀でした。

イタリア料理を食べながら仕事の思い出話に花を咲かせました。
2軒目のバーに行くとプライベートの話になりました。
課長は彼氏から結婚を申し込まれてるけど、仕事が楽しくて今の生活リズムを崩したくないみたいでした。

「野田君がいて、課長として助かったんだよ。何かお礼させて!何がいい?時計とか?」

私は酔いもあり最後だし、大胆に攻めました。

「出来れば・・・課長が欲しいです・・・」

「えっ?私?・・・も~、何言ってるの!冗談だよね?(笑)」

「冗談じゃないです・・・ずっと課長に憧れてましたから!」

会社を辞めることが決まってなければ絶対に言えないセリフです。

「光栄だけど・・・それは無理。彼氏いるし・・・」

「無理なのは分かってます」

課長の顔がしんみりとなり会話が弾まなくなりました。
気まずくなり、私から「帰りましょう!」と切り出しました。
課長を地下鉄の出入口まで送り、私は風俗に行くつもりでした。
課長を見送りぷらぷらと歩き出したら、私の腕を誰かが引っ張りました。
驚いて振り向くと・・・課長でした!

「何も言わないでついて来て・・・」

課長について行くとシティホテルでした!
課長はツインルームを頼み、無言で2人で部屋に入りました。

「課長・・・?」

「野田君!さっき言ったことが本音なら・・・絶対に誰にも言わないなら・・・」

やった!
心の中でガッツポーズです!!
憧れの美人の上司!
私のオナペット!!

私は課長を抱き締めてキスをしました。

「あ・・・あん」

舌入れは拒否されました・・・。
課長をベッドに押し倒し、スーツを脱がせながら首筋と耳たぶにキス!
センスの良い香水が鼻先をくすぐりました。
白いブラウスからはブラジャーが薄っすらと透けて見えました。
82~83センチと思われる胸の膨らみをそっとタッチ!

「あ・・・あん・・・」

私の左手は課長のベージュのストッキング越しに太ももを攻めていました。
課長の足の肉質とナイロンの感触に感激でした。
課長の足は太くもなく細くもなく私の理想でした。
タイトスカートから伸びるこの足を何度会社で見つめたことか!
私は課長の下半身に移行して足攻めです。
ストッキング越しに、太もも、すね、ふくらはぎを愛撫です。

「はあ~・・・」

課長の声も色っぽくて堪りません!
黒いハイヒールを脱がすと形の良い足の指がストッキング越しに見えました。
私は右足の親指をストッキング越しに口に含みました。

「あ!ダメ!野田君!洗ってないから!」

私は構わず足の指をベロベロしました。

「ああ・・・恥ずかしい・・・ダメ・・・」

部下に足の指を舐められる行為に課長は感じてるみたいでした。
ほんのり蒸れた美人課長のつま先を味わい、再び上半身に移行。
首筋に愛撫をしながらブラウスを脱がしました。
品のある白いブラジャーが現れました!!
そしてタイトスカートも脱がし、ついにパンティと御対面!!
ブラジャーとお揃いの白いパンティ!
ずっと見たかった課長のパンティ!
ついに課長をブラジャー、パンティ、ストッキングだけにしました。
スーツの中を何度見たいと思った事か!
私は課長の白い柔肌に舌を這わせて愛撫をはじめました。

「あ・・・ああ・・・あん」

課長の吐息も萌えです!
そしてブラジャーに手を掛けて脱がすと待望のおっぱい!
巨乳ではありませんが形の良いおっぱいで乳首はピンクでした。

「ああ・・・野田君に見られてる・・・信じられない」

私も信じられませんでした。
才色兼備で会社のマドンナである亜紀課長のおっぱいを見てる・・・。
私は夢中でモミモミし、乳首を何度も吸いまくりました!

「ああ・・・野田君!」

ついに舌入れたキスを課長は受け入れました。
私はストッキングも脱がし、課長はパンティ一枚になりました。

このパンティの中に課長のアソコがある!
どーなってるんだ?
才色兼備のアソコはどーなってるんだ?
美人課長のアソコを会社の中で初めて見る男になるんだ!
そう思うとさすがに緊張しました。

パンティをゆっくり脱がすと薄目のヘアが現れました!
ああ・・・課長のマン毛!
こーなってたんだ・・・。
課長のパンティを完全に脱がし、私は荒っぽく両足を広げました!

「課長のアソコがハッキリと見えるよ!」

「イヤ!恥ずかしい!見ないで・・・」

「課長のアソコはこんな色と形をしてたんだ・・・。会社の男達全てが見たいと思ってる課長のアソコ!自分の部下に見られてどーですか?」

言葉責めです。

「あっ!イヤ!会社の人に見られるなんて!」

課長はガクガク震え、そして・・・潮を噴きました!
こんなにも課長は感じやすくてスケベだったんだ!
才色兼備の美人課長の裏の顔を知って大興奮でした。

「ああ・・・野田君に恥ずかしいとこ見られちゃった・・・」

「課長・・・大丈夫です。2人だけの秘密ですから」

「野田君・・・お願い、今日のことは誰にも言わないで!」

やがて課長の中に挿入して2回戦やりました。
最高の東京ラストナイトでした。

あれから2年。
課長は彼氏と別れ、キャリアウーマン一直線らしいです。
もう少ししたら私の地元の近くに来る用事があるらしく、「ご飯食べよう!」と連絡がありました。
果たしてどーなるか!
今から再会が楽しみです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!