新着情報

冴えないオヤジが手に入れた高級肉オナホ

この体験談は約 6 分で読めます。

彼女は新入社員で、大人しめで意見をする方ではない。
大学を出てそのまま入ったからまだ22歳で、色白で顔も可愛く、ぽっちゃりとまではいかないが柔らかそうで胸も大きい。
同期や部下達と話していても一番話題になっているくらい可愛い。

一方、俺は中年太りした40過ぎの妻子持ちのおっさんだ。
妻とはこの3年セックスレスで人肌恋しい。

そんな彼女に、仕事が終わったら相談があると誘われたのだ。

(これは一発できるチャンスなのでは?)

仕事を終え、浮かれ足で待ち合わせ場所に行き、彼女とチェーンの居酒屋に入る。

俺「相談ってなに?」

彼女「実は私、同期の人とうまく行ってないんです・・・」

彼女は自分が口数が少ないせいで同僚と仲良く出来ずに悩んでいるらしい。
うちの会社は男8:女2くらいの割合だから、男だらけの中で彼女は居づらいらしい。
確かに同じ男としてこんな歩く性器みたいな女と友達にはなれんわな。
ヤるだけならともかく(笑)

俺は飲むのが早くて、それに合わせて飲んでるうちに彼女の顔は真っ赤っか!
すでに日を越そうとしてる時間だったので、いい頃合いだし出ようとする。

彼女「あっ・・・終電ない・・・」

携帯で電車の時刻を調べていた彼女が呟いた。

俺「まじ?どうすんの?」

彼女「んー・・・この辺のホテルに泊まります!」

この辺って言っても繁華街なのでビジネスホテルはあまりなく、代わりにラブホテルがたくさんある。

(この流れで行けっかな?)

俺「俺も電車なくてタクシーで帰ろうとしてたんだよね」

彼女「そうなんですかー」

俺「うん、でもタクシー代がかなり掛かるからビジネスホテル探そうと思ってる」

彼女はちょっと安堵した顔をして、唯一あるビジネスホテルに行くと、あいにく満室で入れなかった。
まあ唯一なので常に満室だと知ってたけどな。

俺「どうするかー」

彼女「あ、あの・・・違うホテルにしません・・・?」

そう言って指を差すのはラブホ街。

(これはヤレるw)と確信した。

近くのラブホに入ってすぐさまフロントに行ってキーを貰う。
彼女も違う部屋を借りる気はなさそうw
かなり酔ってたのかエレベーターの中でよろけて俺にもたれかかってきたw
部屋に入ると腕を掴んで上目遣いで見てくる。

(これはもういいってことだよな?)

彼女「んっ」

お尻を鷲掴みにしながらキスをしてやる。
舌を出してくるのでこちらも応えてやると首に腕を回してきた。
キスをしながらベッドに直行し、下着だけを脱がせ、すぐハメられるようにした。
まんこを触ると太ももに伝うくらいにぐっしょり濡れていた。

俺「びしょびしょだね」

彼女「んっ、ぁ」

俺「エッチな声」

くちゅくちゅとわざと音を立てて太い指で掻き回す。

彼女「あっあんっあんっあぁ」

いつの間にか開脚していやらしく腰を振っていた。

彼女「きもち、きもちいい、です」

舌を犬みたいに出して唾液を上から垂らすと嬉しそうに飲み込む。

俺「やらしい」

彼女「やだ、恥ずかしいです・・・」

向き合うようになり、足を開いて俺のちんこにヌルヌルのまんこを擦り付ける。

俺「もう入れたいの?」

彼女「・・・はい」

俺「ゴムないよ?」

彼女「・・・入れたいです」

彼女を下にして太ももを掴み、まんこを開く。
ヒクヒクしてちんこを入れて欲しそうに濡れてる。

俺「どこにどうしたいの?」

彼女「おまんこに、おちんちんズポズポ生ハメしてください・・・」

照れながらちんこに手を添えて、びしょ濡れのまんこに宛てがい亀頭を入れた。

彼女「ああんっあ、ああん」

先が入ったので腰を落として一気に挿入したけど、これだけでイキそうなくらいキツい。

俺「あー、入れただけでイキそう」

彼女「だめですぅ、おまんこハメハメしてくださいっ」

大人しい部下が、父親ほど離れている男のちんぽを美味しそうに舐めてハメられ、自分から腰を振るドスケベ女だとは会社の奴らは知るまい。

彼女「おっきい、あっすごい・・・」

俺のちんこは自慢じゃないけど長さは20センチほどで、かなり太い上にカリがデカい。
大抵の女はいつも喜ぶ。

俺「君の中、すっごく気持ちいいよ」

ゆるゆると動き始めるとそれに合わせて腰を動かす。

彼女「あっおっきい、こんなの初めてっ、ああんっ気持ちいいっ、気持ちいいですっ」

腰に足を絡ませて狂ったように腰を振る。

彼女「ちんちんすごいぃ」

濡れまくったまんこはお尻にまで汁を垂らしてグチョグチョ音を立てる。
そろそろ我慢出来ないので彼女を寝そべらして正常位へ。

俺「イキそう」

彼女「あんっあっあっあっ」

俺「あっ、イク、イク」

彼女「あっあんああんっああっ」

腰を振るスピードをあげて奥をガンガン突き、そのまま子宮に射精した。

彼女「ああんっあっ、だめっ、中に出てます!」

俺「ん、気持ちいいよ」

彼女「あんっあっおまんこの中で精子出てるぅ、子宮にかかってますぅ・・・抜いてください・・・っ」

そう言いながら自ら腰をくねらせて、子宮にグリグリ射精してるちんこを押し付ける。

彼女「中だめですよぉ・・・」

俺「外がいいなんて聞いてないよ?」

彼女「孕んじゃいますぅ、だめぇ・・・」

そう言いながら腰に絡ませた足に力を入れ、抜けないようにガッチリ固めてる。
どんだけ淫乱なんだよ(笑)

彼女「あぁ・・・部長の精子受精しちゃう・・・」

出し切って奥に腰を押し付けて抜こうとしたらまだ足を外してくれない。
腰を揺らし始める。

彼女「んっ・・・んっ・・・」

俺「どうしたの?」

彼女「まだしたいです・・・」

いやらしい腰の動きにちんこも硬さを取り戻してくる。

俺「早く出さないと妊娠しちゃうよ?」

彼女「もっと気持ちよくなりたいです・・・」

後輩ちゃんの目はとろんとしてて、もう快楽を得ることしか頭になさそう。

俺「まんこに染み付いちゃうけどいいの?」

半勃起のちんこを膣内で扱く。

彼女「種付けしてぇ精子、精子好きぃ」

まんこからダラダラ愛液と精子を垂れ流して、子宮にちんこをグリグリ押し付ける。

俺「俺の精子で妊娠したい?まんこ使われたい?」

彼女「あんっ部長の子供、妊娠したいですっ、わたしのおまんこを、あんっ、部長専用の中出し肉便器にしてくださいっ」

物静かな彼女の口から下品な言葉を吐かせてますます興奮した。
一度引き抜いてから四つん這いにさせて後ろから挿入する。

俺「今日セックスつもりだったんだろ?こんなに濡らしやがって」

彼女「あっ、あんっおちんちんすぐ入れられるように、ずっとおまんこ濡らしてましたっ」

俺「会社でもか?」

彼女「はい、いつも部長に犯される妄想してぇストッキングまで汚してますぅ。後ろからされるの好きっ、犯されてるのぉ、犯されるの好きっ」

俺「今度、部下にレイプさせてやるよ」

彼女「嬉しいです、ああんっ、おちんちん穴使ってくださいっ」

俺のちんこでまんこがガバガバのグロマンになったら、この肉便器、部下に譲ってやってもいいかな。
一発5000円でw

彼女「おまんこがおちんぽ穴になっちゃうぅっ、あんっあんっ、おちんぽハメハメして精子出されるだけのおまんこっおまんこぉ」

俺「お前にはそれしか利用価値ないんだよ!」

彼女「おっぱいも、触ってくださいっ乳首いじめてぇ」

俺「てめぇは便器なんだから、穴以外使わねえよ!」

ワイシャツのボタンを外し、ブラジャーをあげて胸を露出させる。
見た目通り大きくて、ピストンに合わせてぶるんぶるん揺れていた。
ああ言ったけど、こんなデカい胸触らないわけがない。
鷲掴みにして乱暴に揉むとまんこキュンキュンさせて喜んでやがる。

彼女「おちんぽ穴使って、使ってくださいっ」

遠慮なくガンガン攻める。
ちんぽに夢中すぎて隠語を恥ずかしげもなく口から零れるように発する。
正直これはかなり引いた(笑)

彼女「ちんぽぉ、部長のおちんぽ穴になりますぅ」

俺が腰を振らなくても良いくらいに下から腰を動かして自分でピストンしてる。

俺「出る、出る、出るっ」

彼女「部長の精子タンクに中出してくださいっ」

俺「孕めっ孕めっ孕めっ」

彼女「ああっ、おまんこ便器にしてくださいっ、責任取らなくていいから妊娠させてぇ」

俺「うぅあっ、あっ」

奥に当てながら膣内で出し切るまで腰を振る。
彼女も足を俺の背中に絡めたままだ。

俺「はー気持ちよかった」

膣内から抜くと即ティッシュで拭き取りスーツを着る。

俺「じゃあ帰るから」

ベッドで寝そべり、肩で息をしながらまんこからブピュッブっと汚い音をさせながら精子を出す彼女を放置して、家族が待つ家に帰るためホテルから出た。
明日から性欲処理には困らなそうだ(笑)
それからほぼ毎日、ホテルや誰もいなくなったオフィス、男子トイレや給湯室でまんこを使ったが、淫乱度は増すばかりだ。

以上、俺が肉オナホを手にした話でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻奴隷

スポンサードリンク

最強媚薬 エロティカセブン