王様ゲームで神になった俺の企み

この体験談は約 4 分で読めます。

俺が経験した刺激的な体験をひとつ。

大学時代、俺は関東の地方から出てきて一人暮らしをしていた。
付き合っていた彼女と俺のツレ(3人は同じサークル)、ツレの彼女との4人でよく遊んでいて、俺の家で飲むことがよくあった。
ちなみにツレの彼女は俺の彼女の高校の同級生で、彼女の紹介で付き合うことになったという経緯もあり、4人とも仲が良かった。

その日も俺の家で4人で飲んでて、みんなかなり酔っぱらってた。
で、大学生独自のノリというか悪ふざけで王様ゲームが始まった。
割り箸に1~3の数字と王様の印を付けて、俺が束ねて持って、みんなに引いてもらうという形でやっていた。
最初のうちは定番の、「抱き合う」とか「胸を触る」とか「酒の一気飲み」とかって風に普通に王様ゲームが進んでいった。
みんなはますます酔っぱらってかなりベロベロ。
一番酒の強い俺が何とか正気を保っているような状態。

俺の正面にツレ、俺の左側に彼女、右側にツレの彼女(Aちゃん)が座ってやっていたのだが、ゲームを進めていくうちに俺はあることに気付いた。
割り箸を引くとき、彼女は必ず一番左の割り箸を引き、ツレは2番目の割り箸、Aちゃんは必ず右側の割り箸を引く。
つまり俺は誰がどの割り箸を引いたか全てわかるし、逆に俺の思い通りの割り箸を3人に引かせることが可能な状態だった。
俺は王様ゲームを支配できる神状態だった。

俺は怪しまれないように、王様を適度に散らしたり、俺が王様になった時には、“ツレと俺がキス”とか“女同士でキス”といったふうにして、少しずつ命令を過激なものにしていった。
女同士のべろちゅーには正直興奮した。
ツレと俺の彼女が絡んでいるのを見るのは、嫉妬と興奮が混ざった変な感じだった。
さすがに俺とツレがべろちゅーとかっていうのは避けるようにしたけどなw

そして頃合いを見て、「俺(王様)とAちゃんがディープキス」って命令を発動。
ツレと俺の彼女にも、その前にべろちゅーさせたりしていたので、誰もこれを拒むことはできない。
自分の彼女の前でするべろちゅーは、すんげぇ興奮した。
最初はちょっと躊躇してたAちゃんだったが、一旦舌が触れ合うと普通に絡め合って濃厚なキスをした。
ちなみに俺はその時の彼女が初めての彼女だったので、キスをしたのもAちゃんが2人目www

そんな風に自分がいい思いをする命令を入れつつ、さらに命令を少しずつハードにしていった。
みんなが王様になった時も空気を読んでか、俺の命令の流れに乗るようになっていた。

「生乳を触る」
「耳にキス」
「服の上から股間を触る」

そんな感じで、勝手にどんどんとエロい方向へエスカレート。

「王様(俺)がAちゃんのあそこを直接触る」

俺は命令したと同時にAちゃんを押し倒した。
そのまま何度もディープキスをして、手を服の下に入れてAちゃんの胸を弄った。
しばらくしたらツレも俺の彼女を押し倒していたw
Aちゃんも最初のうちは、「ダメだって」とか言って少し抵抗してたけど、自分の彼氏のそんな姿を見たからか、途中からは俺に身を委ねてくれた。

で、Aちゃんのパンツの中に手を入れて触ると、そこはぐっしょり濡れていて、またもや大興奮の俺。
びちゃびちゃと音を立てながら触っていると、Aちゃんの手も俺の下着の中に入ってきて、ギンギンの俺のモノを触りだした。
たぶん大した時間じゃなかったんだろうけど、すんごい非現実感と罪悪感、そんなものが入り混じって感じたことのない倒錯感を感じていてた。

しかし、当時は20歳そこそこで女性経験も少ない俺。
ちょっと臆病になってしまい、そこから先に進むのが怖くなってしまった。
で、わざと明るく、「はい!終わり~」とか言ってAちゃんから離れ、その声を聞いて俺の彼女に覆いかぶさっていたツレも起き上がってきた。
4人とも辛うじて服は着たままだったw

オチがつまらなくて非常に申し訳ないが、現実はこんなもんだ。
ちなみに俺には寝取られ癖はない。
普通に彼女が他の男に手を出されたら殴りかかってると思う。
ただ、Aちゃんは俺の彼女より可愛かったがし、胸も大きくスタイルがいいから、その子といい思いできるならっていう下衆な思いがあった。
だからこんなことができたんだと思う。
でも、それ以上のところまでいけなかったのは、今となっては激しく後悔しているw

そこそこ色んな女と経験して遊び慣れて、色んな意味で大人になった今なら確実にAちゃんと最後までやってるだろうなぁw
俺とツレはそれぞれの彼女とその後も1年くらい付き合いは続いていたが、結局は別れた。
その夜のことは全然関係ないw

あ~、それにしても惜しいことをしたw
以上です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!