新着情報

淫乱でパイパンな人妻OLと職場でオナニー&セックス

この体験談は約 3 分で読めます。

<相手のスペック>
47歳、既婚者。
かなりエロい。
いつもミニスカートで、上着は胸の谷間が見える服装。

男3人、女の事務員1人の小さな会社。
私は入社3年目、事務員は1年先輩になる。

普段から2人だけになることが多く、世間話から下ネタまで話をする。
事務員には付き合って8年になる年下の彼氏がいる。
いわゆるセックスフレンドだ。
彼とは月に4日しか会えないようで、旦那さんは単身赴任で月に1日しか帰らないようだ。
普段の話から、かなりの欲求不満みたい。
だからエロい服装で誘いをかけているのかも。

入社して2ヶ月目に歓迎会を開いてくれた。
本社の人も加わって10人、テーブルの端に私、その前に事務員が座った。
堀コタツ調の席だ。
とりあえずビールで乾杯。
ジョッキ2杯飲み終わった頃、「何飲みます?私(事務員)ワイン飲むけど、Kさん(私)は?」と聞かれたので、「同じ物で」と答えた。

しばらくすると足元に何か当たった。
事務員の足だ。
私が足を引っ込めると足を探して絡ませて来て、何か目で合図してる。
よく分かんないけど私の足を求めているようで、事務員の方に伸ばすと、すかさず私の足は太ももの間に挟まれた。

事務員は足を少し開き、付け根まで私の足を迎え入れた。
少し足の指を動かしてみる。

「う~」と咳払い。

もっと動かしてみる。
事務員は私を色っぽい目で見つめてくる。
少し感じているようだ。

かなりお酒も入り、とりあえず解散することになった。
事務員に、「Kさん、同じ方向だから送ってって」と言われ、タクシーで送ることにした。
彼女の家は車で30分くらい。

タクシーに乗るなり、事務員は私のズボンのファスナーを下げ、ブリーフの上から指で擦ってきた。
私がバツイチなのは事務員も知っている。
横を見ると事務員は足を開いていて、スカートも股の所まで上がっていた。
股に手をやり、撫でてみる。
事務員は私の手を取って股の所に持って行く。
人差し指で触ってやると、「あ~」と小さな声。

事務員が腰を軽く上げて耳元で、「脱がして」と言ってきた。
私も普段から事務員のことは気になっていた。
運転手に気づかれない様にパンストとパンティを脱がし、事務員の股に手をやるとかなり濡れていた。
それよりビックリ!
有るものがない・・・パイパンだった。

指で撫で、中に入れてみる。
たちまち蜜が溢れてきた。
その時、事務員が私のパンツの中に手を入れ、握ってきた。
そしてパンツから出し、前屈みになって口に含んだ。

翌日、会社に行くと、事務員は私を見てニヤッとした。
今日は1日中、事務所で仕事です。
皆が10時には外回りに出ました。
夕方まで帰ってきません。

事務所はすかさず事務椅子に片足を置くと、私に見せ付けるようにパイパンオマンコを晒した。
昨日、タクシーの中で約束した通りノーパンでした。
聞くと、そんなことをするのは初めてで朝から恥ずかしく、なぜか濡れているようでした。

そのまま見ていると、事務員はオナニーを始めました。
かなり慣れている様子。

私「会社でしたことあるの?」

事務員「毎日」

ビックリしたが、事務員を見ているとムラムラときて、私もズボンの上から撫でていました。

事務員「Kさんもすれば、オナニーやっているんでしょ」

私もファスナーからチンチンを出してオナニーを始めました。
気持ち良くなってきたので「入れさせて」と言うと・・・。

事務員「最初はお口で」

お言葉に甘えて事務員の口の中に出しました。
事務員が、「オマンコのスポット触って」と言うので、中指でオマンコの中のクリの裏側を刺激すると、大量の潮を吹きました。

事務員は会社の玄関の鍵を掛け、外に外出中の札を掛け、事務所の鍵も掛けて全裸になりました。

「事務所の鍵、他にも誰か持っているんじゃないの?」と聞くと、「私だけ」と答え、なぜ会社で全裸になれるのか納得しました。

私も全裸になり、事務所の机で事務員と2回しました。
事務員に、「Kさんってタフね」と言われましたが、久々だったのと、状況に興奮していたせいもあったのでしょう。

今でも事務員とは週に3回ほど、飲み会の日は送りがてら外ですることもあります。
事務員は半年前に彼氏と別れたようです。
私がいるからでしょうか。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

全日本密通倶楽部
フェロモン香水「F for men」公式通販サイト