先輩のご主人に中出しされながらイッてしまった私

この体験談は約 3 分で読めます。

37歳の独身OLです。
年末から年始に掛けてグアムに行ってきました。
私の友達と会社の先輩とそのご主人です。

最終日の前の日にゴルフをすることになりました。
私は一度もゴルフをしたことがなくて緊張しましたが、先輩のご主人に教えてもらいながらなんとかコースをまわりました。

次の日、先輩と友達はエステに行き、私は先輩のご主人とプールに行きました。
あまりの暑さで30分ほどして部屋に戻り、シャワーを浴びてTシャツと薄手のスウェットに着替えて、ご主人と話をしながら残っていたワインを飲んでいました。
私がご主人に、「昨日のゴルフで筋肉痛になっちゃって腰とか足が痛いんです」なんて話をすると、「それは大変だ。じゃあマッサージをしてあげよう」と言って私のそばに来て、最初は肩とか腕を揉んでくれていました。
私は「悪いからいいですよ」と言いましたが、「マッサージをした方が治りが早いから」と続けてくれました。

ご主人「ここでは少しやりづらいからこっちに来て」

私はベッドに連れて行かれて、「ここにうつ伏せになって」と言われ、うつ伏せになりました。
するとご主人は私の上に馬乗りになり、背中そして腰とマッサージをしてくれました。
ご主人のマッサージはとても上手で、私はワインを飲んだこともありウトウトしてしまいました。
お尻のあたりから足の付けにかけてしてもらっているとき、ご主人の指が微妙に私のアソコに当たって、ちょっと気持ちよくなりかけてしまいました。

仰向けになるように言われ、その通りにしました。
ご主人は足の裏からだんだん上にあがり、足の付け根まで来ました。
今度は私の足の間に体を入れ、私の左足を持ってご主人の肩の上に乗せ、「リンパのマッサージだから」と、両手で足の付け根を揉んできました。
ご主人の指が私のアソコを刺激してきました。
私もすごく気持ち良くなり、口を半開きにしながら自分でも少し腰を動かしてしまいました。

今度は反対の足をしてくれました。
その時、私のおまんこはもうすごく濡れていて、音も出ていて、きっとご主人にもわかっていたと思います。
ご主人は私の両足の裏を持って、私の頭の方に両足を押してきました。
数回ほど押されて、ご主人が私の体を抱え込むようにしたと思った瞬間、私のアソコにご主人の硬いモノが当たり、上下に擦ってきました。

私「いや、あぁ、いや、だめ」

ご主人が私のスウェットのお尻のゴムに手をかけて、一気にパンティごと脱がされました。そしてご主人は素早く下に移動すると、私のアソコに舌で刺激してきました。
一緒に指も入ってきて、激しく動かされて・・・。

私「いい、ああ、イク、イク!」

私はご主人のクンニでイッてしまいました。
気がついた時は私もご主人も全裸になっていました。

私「イヤ。やめてください。奥さんに怒られますから」

そう言って私は拒否しましたが、先程の余韻がまだ残っていて、キスをされながら胸を揉まれているうちに、久しぶりだったせいもありまた濡れてきて、すごく感じてしまったんです。
自分からご主人の大きくなったモノを握ってしまい、その大きさにビックリしました。
私はその大きくなったモノを口に含みました。

「すごく上手だね。もういいよ」

ご主人が足の間に入って、私のアソコに大きくて太いモノを入れてきました。

私「うう、すごい、ああ、またイキそう・・・ダメっ!」

私がイキかけたとき・・・。

ご主人「俺もイク・・・中に出すよ、出すよ!」

私「中はヤダ・・・」

腰を振って逃げようとしましたが、逆に膣の奥深くまで入れられ、ご主人に中に出されながら私はイッてしまいました。

その後、シャワーを浴びて、もう一度セックスしました。
久しぶりだったせいもあってすごく良くて、私は友人のご主人にまた何度もイカされて、やっぱり最後は中に出されてしまいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!