初めてを叔父さんに奪われて、担任の先生にイカされた

この体験談は約 5 分で読めます。

私の初めての相手は、母方の親戚の叔父さんでした。
叔父さんの家はかなり大きくて、小学2、3年のときから学校帰りにちょくちょく遊びに行っていて、芸術家だった叔父さんのモデルになってるうちに、そういう関係になってしまいました。

最初は服を着てのモデルだったのですが、叔父さんから「ミミちゃんのキレイな裸を描きたい」って言われて。
叔父さんは童話に出てくるお姫様のように私を描いてくれてたので、それが嬉しくて何でも言うことを聞いていました。

でも、私のヌードを描くだけだったのが、だんだん触られるようになって。
私もなぜか全然嫌じゃなくて、叔父さんもされるがままに触られ、感じてもいました。
真っ白いシーツの上で全裸になって、叔父さんに色んなことをされて。

「可愛いよ」
「ココ、キレイだよ」

なんて言われながら触られるのが、すごく気持ち良くて・・・。

叔父さんの指で初めてイッたのは、12歳の夏でした。
その後も、叔父さんのを舐めたり、叔父さんも私のを舐めたり・・・。
12歳の夏休みは、そうして過ぎて行き、夏も終わりの頃に初めて叔父さんのをアソコに受け入れました。
めいっぱい濡れたアソコに少しずつ入れてくれたのであまり痛くなくて、いつの間にか・・・。
初体験はそんな感じでした。
慣れてくると、叔父さんも少しずつ動かすようになって、私もセックスが感じるようになって、恥ずかしいくらいの喘ぎ声を上げてイクようにもなりました。

こういうことばかりしていたからか、高学年の頃から急に胸が発達して、背は小さくて小柄なのに、胸だけがDカップくらいになってしまって、体育の授業や水泳の授業が恥ずかしかったです。
スク水着から胸がはみ出てしまって、男子からは、「あいつの体はエロい」ってこそこそ言われてました。
この頃から、男の先生の目線も気になり始めました。

小学校を卒業する頃には、激しいセックスまで覚えて、自分が上になったり、バックから激しく突いてもらったり、何時間もセックスしてイキまくりでした。
その頃は、禁断の関係で良くない行為をしてるなんて思いもしないで、ひたすらにセックスに夢中でした。
ただ叔父さんからは「絶対誰にも内緒だよ。本当はこういうことは、まだ小学生ではしたらいけないことなんだよ」と言われていたので、なんとなく悪いことなのかなと思っていたので、友達にも誰にも秘密にしてました。

中学にあがって、私たちの関係が近親相姦というものであることを小説か何かで偶然知ってショックを受けました。
けれども、叔父さんとのセックスやめることが出来ませんでした。

それともうひとつ、水泳の授業で先生の目が気になりだしたのは小5の夏でした。
小学生用のスク水着では、私の胸はかなりはみ出してしまうときがあり、特に泳いでるときには、いつの間にか乳首まではみ出していることもありました。
先生(担任の男の先生で当時26歳)は、プールサイドに上がった瞬間、私の体をじっと見てるときがありました。
それは友達にも見られていて、「あ~、また先生、ミミのこと見てる~。胸がおっきいからね~」なんて言われてました。
先生はクロールや平泳ぎのとき水中で教えてくれていたのですが、周りからわからないように、胸やアソコの近くを触られてました。
先生が私を触っているときは、私となるべく視線合わせないようにしてて、落ち着かない感じで様子も変だったので、(これってわざとだよね)って気付いてましたが、あえて知らないふりをしてました。

そんなある日の放課後、水泳が苦手な人の補習だったのですが、先生から、「話があるから、このあと残って」と言われました。
みんなが帰った後、女子更衣室で。

「ちょっと、その水着、お前には小さくないか?」

「・・・はい」

私は恥ずかしくなって下を向いていました。

「それに。お前の体のことで気になることがあるから色々聞きたいんだけど・・・」

「ちょっと話が長くなるから」と言って、先生はパイプ椅子を2つ持ってきて座るように言いました。

「あのな、もしかしたら体が早く成長しすぎてるかもしれないんだ。心配だから俺に見せてくれないか?」

私はすごくビックリして、しばらく返事ができないでいました。

「なあ、ミミ。恥ずかしいかもしれないけど、先生は保健体育の資格もあるし、体を見ればだいたいのことはわかるから。ミミの体に何かあって、お母さんに話して病院の先生に見せるより、俺のほうが恥ずかしくないだろ?」

そんなことを言われ、急に不安になったのと親に知られたくないのとで、先生の言う通りに従いました。
自分から水着の肩紐を下ろして胸を見せました。
私の胸を見た瞬間、先生の目が大きく見開かれたのがわかりました。

「ちょっと・・・大きすぎるかなあ。去年からしたら急に大きくなりすぎだよな」

先生はそっと胸を手で触って親指で乳首に軽く触れてきました。
思わず体がビクンと反応してしまいました。

「正直に答えてくれな。ミミは普段、エッチなことを考えたり、したりしてるのか?」

私は叔父とのことを見抜かれた気がして、思わず頷いてしまいました。

「普段どういうことしてるのか、正直に話してごらん。大丈夫、誰にも言わないから」

私は泣きながら、途切れ途切れに叔父との行為を話しました。
泣いたのは、(叔父さんとすごくいけない事をしちゃってたから体が変になったのかな?どうしよう・・・)という思いからでした。
先生は驚きながらも、私と叔父がどういうことをしてるかを全部確認して、その後に・・・。

「・・・そうか。それで急にこんなに・・・。それじゃあ胸だけじゃなくて、あそこも心配だよな?大丈夫か、先生がちょっと見てあげよう」

私はもう不安で仕方がなくなって、シクシク泣きながら水着を全部脱ぎました。
先生は私の裸体を見ると、パイプ椅子をいくつか持ってきて、ここに横になって足を開くように言いました。
椅子の上に足をMの字に開いて横になると先生はアソコをペンライトで照らしました。

「見た感じは大丈夫そうだけど、中まで調べなきゃわかんないな。ちょっと、中、調べるよ?」

先生の指が、クチュ・・・っと中まで入ってきました。

「・・・ッ、んん・・・ぁ・・・」

私は身をよじり、叔父としてるときのように喘いでしまいました。
先生は指を出したり入れたり、さらにクリも舐められて、私のアソコは洪水状態になってしまいました。

「・・・ちょっと、小5にしては反応しすぎだぞ。ほら、こんなに濡れてるし」

さらに先生の指の動きが速くなって、あっという間にイッてしまいました。

「ミミのアソコん中、すげえビクビクしてる」

先生は今度はアソコを舐めたり、また指を入れ始めて、もう・・・気持ちよ過ぎてしまって、(もうダメ・・・)と思った瞬間、アソコから水鉄砲のようにピューッと何かが吹き出て、またイッてしまいました。

「すごいな。潮を吹いたぞ?」

私は初めて潮吹きを経験して、先生は感動したような声をあげていました。

その後、「叔父さんにしてるように俺にもしてごらん」と言われて、先生のをフェラしました。
先生のはパンパンに膨れ上がってて、物凄く大きくてメチャクチャ苦しかったです。
先生は私の頭を押さえると思いっきり腰を動かして私の口の中で放出しました。
叔父さんには口の中で出されたことはなかったので、すごくむせて泣いてしまいました。

「ごめん、ごめんな」

先生は動けなくなった私の体を抱き上げて、シャワーで口の中やアソコを念入りに洗ってくれました。

その日から、先生とも叔父さんと同じことをするようになりました。
プールにあったあまり使われていない倉庫でよくしていました。
エッチに関しては叔父さんよりも先生のほうが色んなことを知っていて、私は何度もイカされて、気を失いかけたことが何度もありました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!