中2の時に美術室で後輩と初体験

この体験談は約 3 分で読めます。

〔体験談投稿者:翔馬 様〕

中2の時の初体験。

美術部に所属していた。
部員は3年生が引退し、中2の男子が俺1人と、中2の女子2人、中1の男女が2人ずつの7人だった。
自動的に部長にさせられた。

中2の女子(同級生)はブス2人、中1の男子は論外。
女子2人のうち、1人の子が可愛い感じだった。
その子の名前は玲奈ちゃん。
小顔で目が大きく黒髪のポニーテールが可愛い子だった。

ある日、部活の顧問の先生が会議で他の学校へ出かけてしまい、作品を作成する作業がある人以外は休みとなり、作業がある人も状況しだいではおのおの終了するという流れとした。

中2の女子2人はサボリ、中1の4人はちゃんと来て作業を始めた。
俺も作成があり部活に出た、というより中1がいたら帰れない。

中1の子達もおのおの作業のキリの良い所で俺に帰って良いか聞いてくるので、それぞれ帰らせていた。
残りは俺と中1の玲奈ちゃんだけになった。

玲奈は水彩画を描いていた。

玲奈「翔馬先輩、このへんの線が上手く表現出来ないんです」

俺「そうだね・・・」

アドバイスなんてできたもんではないが、ちょっと話をした。
玲奈の後ろに立つとポニーテールからシャンプーの香りがムラつかせる。
女子の匂い。

時計を見ると最終下校時間の1時間前。

俺「玲奈、ボチボチ片付け始めよう」

玲奈「ハイ、先輩。てか、みんなテキトーに片付けて、残った私達がバカみたいですね」

玲奈がブツブツ言いながら片付け始める。

玲奈が美術準備室に入ると大声で俺を呼んだ。

玲奈「先輩!」

俺が慌てて準備室に行くと、なぜか大きな蛙がいた。
1年の男子の1人が蛙の絵を描いており、モデルで美術室で飼っていた。
それが水槽から逃げてしまっていたのだ。

俺「あのバカちゃんと蓋しなかったのかよ」

俺は蛙を捕まえようとするが、玲奈は怖がり俺に抱きついてくる。
玲奈の女子の匂いに奮起。

ここはいい所を見せないと。
でも抱きついてくる玲奈が邪魔。

蛙が教室の方に移動。
俺は玲奈に教室のドアを閉めるように指示。
玲奈はなぜか鍵まで締めている。

蛙は何故か逃げる玲奈の方へ。
俺はそれを追いかける。
蛙が玲奈に飛びかかる。
玲奈は腰を抜かしたようにへたる。

玲奈と俺の身体で挟むように蛙を捕まえた。
玲奈と密着。
玲奈の胸を触ってしまった。

(ヤバイ・・・)

でも平静を装い蛙を水槽に戻して蓋をした。

玲奈はまだ放心状態。
蛙に飛びかかられたのか、事故とはいえ俺が胸を触ってしまったからか。

俺「玲奈、大丈夫だよ。蛙は水槽に入れたから・・・どした?」

玲奈「先輩、ごめんなさい。私、恥ずかしい。蛙でパニクって」

俺は胸を触られたことじゃないことではないと安心して、玲奈をそっと抱き締めた。
玲奈は俺の目を見て・・・。

「センパイ」

思わず俺はキスしてしまった。
玲奈も抵抗しない。
もう一度見つめてキス。
まだ床にヘタれてる玲奈にそのまま覆い被さった。

俺「俺、玲奈のこと好きだった」

玲奈「私も翔馬先輩のこと好きです」

そのまま重なり合ってキスをして、体育服のジャージを脱がす。
そしてパンツを脱いで玲奈のマンコを触る。
濡れている。
俺のチンコも勃起状態。
知識なんて無いが本能なのかそのまま挿入。
ブラを外してオッパイを舐めた。

玲奈は最初痛がった。

玲奈「痛いっ」

俺「止めようか」

玲奈「先輩、大丈夫」

何か俺の侵入を妨げようとする壁がある。
一気に貫く。
玲奈が痛がる。

玲奈は痛みから快感に変わったかのように、「アンアン、イイ、イイ」とあえぐ。

俺は玲奈の上に乗って自然と腰を振る。
だんだん声も大きくなる。
感じているのか、腰を振る勢いも大きくなる。

そしてイキそうになる。
出てくるのはおしっこではなくて精液。
女のコの中に入ると子供が出来ると保健体育で習った。
俺は出そうになり、慌てて玲奈から抜いて床に飛ばした。

初めてエッチして終わったらお互い笑い出してしまった。

最終下校時間まであと15分、慌てて床を拭く。
俺の精液と玲奈の血液。
なんとか片付けて職員室に美術室の鍵を返して下校した。

帰り道神社の陰でキスをした。

俺「玲奈、声大きくなったのは感じてたの?」

玲奈「重くて潰れそうだった!」

どうやら初めてのエッチで興奮して玲奈の上に乗った時に体重を掛け過ぎたようだった。

玲奈とはその後付き合いました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!