彼女から聞いた従弟とのエッチな話

この体験談は約 3 分で読めます。

彼女から聞いた、彼女と彼女の従弟(当時は高校生)との体験談。

彼女がトランクス一丁の従弟の髪を切ってあげた。
勃起してたので特別に手コキで射精させてあげた。
飛んだ精液の処理をしてたら従弟が再び勃起。
おっぱいを揉まれる彼女。

(イカせれば収まるかも)と思い、フェラで射精させてあげた。

2回も出して、さすがに従弟は大人しくしてた。
それから2人でジュースを飲んで、一息ついて話したらしい。

「美紀ちゃんとこうなると思わなかった」
「でも本当は、たまにエッチな目で見てた」

とか言われた。
彼女は従弟の話を聞いて、(やっぱ男の子なんだな~)と思ったらしい。

で、そんな話をしながらも、まだ2人とも服を着てなかったと。
彼女は、もうここまでしたから平気だったみたい。
けど従弟は、「やっぱ美紀ちゃんは可愛い」とベタ褒めして、チラチラ身体を見てた。
んで従弟がちょっと近寄ってきて、「ちょっと触っていいかな?」って言いながら胸を揉んできたと。
さっきより慣れた感じでゆっくり揉んできたと。
彼女がそのままにしてると従弟がキスしてきた。
「んん~」となってたが、無理やり舌も入れてきてベロベロしてきた。
従弟は彼女を押し倒して、またおっぱいを揉みながらチューチューしだした。

そのときになってやっと彼女は、『あっ!』と思ったらしい。
いつの間にか正常位の体勢になってたと。
従弟が胸や乳首吸ったりキスしてくるから、チンコが当たってきたらしい。
従弟も確信犯なのか、彼女のアソコに擦り付けるように動いてきた。
彼女は「ちょっと~」と抵抗したが、たまにクリに当たるとビクッてなってたと。
従弟はハァハァ言いながら押し付けてきて、彼女も感じてたから『ヤバい』と思ってたらしい。
でも従弟が感じる位置を覚えて、少し下の方突いてきた時に、「あぁっ」と。

従弟はそのまま彼女のマンコに突っ込んできた。
入った瞬間、さらに従弟が突いてきたから彼女は抵抗できなかった。
彼女が感じてるからか、従弟は全力で突いてきた。

「美紀ちゃん、気持ちいいよ」

突きながら、おっぱいも揉みまくってくる。
彼女はやっと、「駄目、ゴムしてないじゃん」と言ったが、「ゴメン、もう止まんない」って言ってガンガン腰を振ってきた。
彼女も気持ち良くて止めれなかったらしい。

従弟は彼女に入れながらキスしてきた。
そしてまたおっぱいを掴みながら腰を振ってきて、「美紀ちゃん、イクよ」って言ってきた。

「ダメダメ」

彼女は慌て従弟の身体を押して抜いた。
ちょうど抜けた時に従弟は、「んはっ」と言いながらビュクッビュルッてイッたと。
今度も大量に。

彼女と従弟はベッドに横になって、2人ともグッタリだった。
怒るとかよりも、そのまま2人して少し寝ちゃったんだと。
彼女が先に起きて、『はぁ~、やっちゃったー』となったが、お風呂に入って洗ってたら、『ま、仕方ないかぁ』と思えたらしい。

しばらくして従弟を起こしたら、また「美紀ちゃ~ん」と抱きついてこようとしたから、「調子に乗んな!」て空手チョップをお見舞いしたらしい。
で、まだ全裸だった従弟を風呂に入らせて、今日のことは口止めしておいたと。

彼女曰く、「従弟が大学に行くまでに、あと2回だけやっちゃった」らしい。

ダラダラとすみませんでした。
支援ありがと。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!