台風の夜、公園のトイレに引きずり込まれて

この体験談は約 5 分で読めます。

この間の台風の日のことです。

私は21歳の女子大生です。
その日の服装は、デニムのジャケットに花柄のミニのフレアスカートとショートブーツでした。
女子アナの三田友梨佳さんに似てるって言われることが多いので、顔立ちは悪くない方だと思います。

その日はバイトが終わったあとで彼氏と会う約束があったので、雨もすごいし嫌だなと思ってましたが、しばらく待ってると風もちょっと弱くなってきたので何とかなるかなと思って彼氏の家まで歩いて行くことにしました。
雨がすごいので私の他に人は全然歩いていません。
公園の前を通り過ぎようとしたそのときでした。

ガバッ!

いきなり後ろから抱きつかれて、すごく強い力で引きずっていかれそうになったのです。

(え!?え?え!?)

私はいきなりのことに頭の中が真っ白になり、相手は変質者だと思って叫び声をあげようとしました。
でもそれよりも早く、ゴツゴツした大きな手で口を塞がれてしまい、そのまま公園のトイレの中に引きずり込まれてしまいました。

「待って・・・お願い、やめて・・・」

私は必死にばたばたと抵抗しましたが、胸を揉まれながら障害者用トイレへ連れて行かれると、「騒いだらお前の顔を思いきり殴って、鼻をへし折ってから逃げるから」と男に言われました。

「俺は捕まらないけど、お前の顔には一生モノの傷が残るから」

私は途端に恐くなり、叫び声なんてあげれなくなりました。
恐くて顔は見れなかったけど、男は30歳くらいだったと思います。
私の顎をぐいっと自分の方に向けると唇にキスされました。

私は「うっ!」と言って唇を固く閉ざして息も止めたんですが、唇を舐められながら胸を揉まれました。

息が苦しくなって口を開いた瞬間に舌を入れられました。
歯茎を舐められて舌を絡められて・・・本当に気持ち悪かった。
私は目を強く瞑って泣いていました。

ずっとキスされながらジャケットを脱がされて、トップスもずらされてブラに手を入れられ、胸を揉まれながら首すじ、喉元、鎖骨と舌が這い下りてきて、ついに乳首を噛まれました。
訳がわからなくなりながらも、「はぁっ、いやぁっ、やめてぇ」と叫びました。
でも男は乳首を舌で転がし、たまに歯を立てたりして楽しんでる様子でした。
男は長身で結構筋肉もついてて、私がちょっとでも暴れようとするとぐっと力が込められて、本当に恐かったです。

男にキスされたり、胸を触られたりしてる間、ずっと心の中で彼氏に、(助けてっ!)って叫んでました。
でもトイレの壁に手をつかされて、お尻を突き出すような姿勢にされたあと、男に膝までショーツを引きずり下ろされました。
男はカチャカチャとベルトを外すような音を立てて、大きくなったアレを私のあそこに宛てがいました。

(どうかそれだけは・・・!)

どんなにそう思っても、壁に押さえつけられている私にはどうすることもできません。

「イヤ!やめて!挿れないで!」

死に物狂いの叫び声も雨の音に掻き消されてしまいました。
入り口付近に数回軽い衝撃があったと思ったら、いきなり奥深くに大きくてギンギンに勃起した硬いアレをズブズブっと挿入されてしまいました。

「ああっ・・・ぐうっ!」

あまりのショックに私は声にならない声を吐くしかありませんでした。
逃れようとして必死に抵抗したけど、すぐに腰を押さえつけられて、それ以上は動けなくなりました。
恐くて痛くて悲しくて、「痛ぃ・・・」と涙ながらに身をよじると、男は動きを止めて私の体を少し引き戻して、また乱暴に腰を振り始めました。

「やめて・・・もう・・・」

もう私は唇を触ってくる男の指に向かって小さな声を出すしかできません。
男の腰は全然動きが止まりません。
拒否している気持ちを無視して、スムーズに膣奥を犯していく男のペニス。
その感触は私を絶望させて抵抗する気力を失わせました。
抵抗したかったけど、呼吸するのが精一杯で。
激しくぶつかる腰の衝撃と奥に突き当たるモノを感じていたら、今までにない絶頂感に襲われてしまいました。

「あっ・・・待って・・・いゃ・・・むりっ」

それでも男は動くのをやめてくれなくて。
それどころか、私がイッてるのを見てますます激しく突き上げてきて・・・。

「うああ・・・だめ・・・だめぇ」

本当に苦しくて怖くて嫌なのに、あっと思った瞬間、背中が反ってイッちゃったんです。

「やっ・・・あっ・・・やっ・・・いゃ・・・」

「そんなによかったんだ。可愛い顔してるのに淫乱だね」

イカされて意識がはっきりしない私に男はそんなことを言うと、まだ痙攣が収まらない私を猛烈に突き始めました。
もう私は声すら出せなくて、声にならない喘ぎを出すだけにされてしまいました。
あまりの気持ちよさで、今まで出したことのない喘ぎ声が大声で自然に出ていたと思います。

「まだまだ気持ちよくしてあげるよ」

男はそう言うと高速ピストンをしてきました。
でも私がイク寸前で止めて、また高速ピストン。
それを何度も繰り返されて、もう私は気持ちよすぎて、涎を垂らして泣きながら言葉にならない声で叫んでました。
イヤだって思ってるのに、気持ちよすぎて死ぬんじゃないかと思うくらいの快感でした。
強すぎる刺激から逃れようと身を捩る私を男は押さえつけて言いました。

「中に出してあげるからね」

「中だけはやめてください・・・お願いっ、お願いします」

私は必死に拒絶の言葉を吐きましたが、もう身体が言うことを聞かず、言葉になってなかったかもしれません。

「いや・・・いやぁ・・・」

泣きながら首を振っていましたが、私が大人しくなったのがわかったのか、男はさらに激しく腰を打ちつけてきました。

パン!パン!パン!パン!

トイレ内にレイプの音が響くだけでした。
もちろん誰も助けになんて来てくれません。

パン!パン!パン!パン!パン!

男のピストンが激しさを増し、射精が近いことを知らされます。
そしてほぼ確実に、このまま子宮に向けて精液を出されてしまうであろうことも恐怖のうちに確信させられました。

「いやだっ!それだけはいやっ!いやですっ!ホントにやめてくださいっ!やめてーっ!!やあっ!やだっ!いやーっ!!」

泣き叫ぶ私に男は笑いながら言いました。

「可愛い女はケツも足も綺麗だし、やっぱマンコも違うな!」

次の瞬間、「うううっ!ううっ!ううーっ!!」と呻りながら男は私の膣内に精子を出しました。

ドクドクドクドクドク・・・。

「ああっ・・・あっ・・・クフっ!」

私の中で男のアレがビクビクと脈動し、体の中に広がっていく熱い迸りを感じて、私は涙を流しながら床に崩れ落ちました。
意識が朦朧とする中、「お前が可愛いからこんな目に遭うんだよ」と言って男が駆け去って行く足音が聞こえていました。

その後、私はなんとか立ち上がると、膣内に出された男の精子に吐き気を覚えながら帰宅しました。
すぐにシャワーで洗い流しましたが、レイプされた怒りと妊娠への恐怖でいっぱいです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!