叔母にトイレに連れ込まれて貪るようなフェラをされた

この体験談は約 3 分で読めます。

僕には彼女もいますが、彼女には内緒で叔母と関係を持っています。
もともと僕には母親がいなくて、小さい頃から叔母がよく面倒を見てくれていました。

あれは大学に入って、叔母(当時45歳)が入学のお祝いにと、一緒に食事に行った時でした。
当時は、叔母は旦那さんが亡くなり未亡人になった時期で、僕も大学での悩みや一人暮らしの不安もありました。
食事の途中、僕がトイレに行った時に叔母が入ってきて、個室に連れ込まれました。
その時はとにかく驚きで混乱していました。
壁に押さえつけられてカギを閉められ、ズボンを脱がされ、貪るように叔母のフェラが始まりました。
もうびっくりしました。
しかし叔母のフェラテクが凄かったのもあり、そのまま身を委ね、1回目は叔母の口に出してしまいました。

叔母は僕の精子を飲み干すと、なんとも言えない表情で僕を見上げてきました。
正直、叔母は年の割にはかなり美形です。
体型も小柄ですが、程よくムチムチして、しかも巨乳・・・。
我慢できるわけがありません。
叔母を抱き上げて立たせると、スカートと下着を剥ぎ取るように脱がし、個室の壁に押し付けて後ろから生で挿入しました。
ちょっと背徳感はありましたが・・・それもまた興奮材料になりました。

叔母のアソコはなんとまだピンク色でした。
しかもドロドロで、僕のモノがニチャニチャと卑猥な音を立てて入っていきました。
叔母の中は『これぞ名器』と言わんばかりの気持ちよさ。
モノに絡みつき、絞り取るように吸い付いてきて、締まりも抜群でした。
僕が突くとアソコもキュンキュンと締まって、もう最高です。
そこからはもうどうにでもなれと言わんばかりにガンガン激しく突きました。
僕がイク直前、快楽の声を押し殺していた叔母が、とてつもなく甘い声で囁きました。

「お願い・・・中に出して・・・」と。

当時、僕は19歳。
性欲の塊と言っても過言ではありません。
夢中で叔母を壁に押し付け、さらに激しく突きました。
トイレに、ニチャニチャ、パンパンといやらしく激しく打ち付ける音が響きました。
そして僕のモノの先端が叔母の一番奥をコンコンと叩きます。
そこからイクまではあっという間でした。
イク瞬間、僕は叔母に抱きつき、モノを一番奥に当てながら果てました。

初めての生セックスに生中出し。
もう快感どころではありません。

ビクンビクンと脈打つモノを一滴も残さず搾り取ろうとする叔母のアソコはまさに名器でした。
アソコからゆっくり引き抜くと、モノは糸を引き、アソコは泡立っていました。
僕が便器にへたりこむと、叔母が僕のモノを口に含み、残った精子を綺麗にしてくれました。
その表情がまたエロくて、僕はすぐに元気になりました。

「お願い、続きはホテルでしよう」

叔母に言われました。
もう背徳感などありません。
性欲が勝ってました。
急いで勘定を済ませ、叔母と手を繋いで近くのホテルへ入りました。
その夜は、お互い夢中で体を貪りあいました。
気がついたら朝で、僕は叔母を抱き締めながら寝ていました。
3回戦くらいまでは覚えていますが、その後はもう何回したかも覚えていません。
全部生で、全部中出しで・・・最後の方は空砲だったと思います。

僕の叔母との初体験はこんな感じです。
やはり血が繋がっているからでしょうか、身体の相性は抜群。
申し訳ないけれど彼女では物足りないくらいです。
今も週一で会って叔母とセックスしています。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!