混浴風呂のフルヌードカップルに刺激されて

この体験談は約 2 分で読めます。

22歳の時、仕事の関係で知り合った5歳年上の彼女とドライブ旅行に行った。
泊った旅館で部屋に案内されて、仲居さんがお風呂の説明してくれた。

「屋上に景色の良い露天風呂がございます。ゆっくりお楽しみください。ただし混浴です。屋上までは必ず部屋に備え付けのタオルと浴衣をご使用ください」

彼女が言う。

「混浴だって、面白そうね。行きましょうよ。私、混浴って初めて」

私も混浴は初めてだった。
彼女も私も下着なしの浴衣1枚でバスタオルをもち、屋上行き専用のエレベーターに乗った。
屋上に行くと遠くの山々の景色が綺麗で、そこに岩などを配置した湯船がる。
先客に1組のカップルがいた。
その前に簡単な脱衣スペースと鍵つきの脱衣ボックスがある。
彼女は、さっさと浴衣を脱ぎ、タオルも使わずに素っ裸になると、胸もヘアも丸出しで、「ご一緒させてください」とカップルに声をかけて湯船に浸かった。
私は片手でペニスを隠しながら、「失礼します」と続いて入る。

そのカップッルは湯船からあがる時、タオルなしで何も隠さず立ち上がった。
女性のヘアは縦に細長く、きれいに手入れしているようだった。
男性のほうは熊のような陰毛と逞しく隆々としたペニス。
ちょっと圧倒された。
2人は何も隠さず堂々とバスタオルで体を拭き、浴衣を着て出ていった。

さすが、わざわざ屋上の混浴まで来るカップルは堂々としている。
部屋ではきっとベッドの上で、あの女性の両足を大きく広げ、あの割れ目にあの逞しいペニスをぶち込み、激しいピストンで女性を悶えさせているだろう。
そんな光景が目に浮かんだ。
あの女性の裸を見てそんな想像をしていると興奮してきた。

「やりたくなった。部屋へ戻ろう」

彼女はくすっと笑い、「そうね、部屋でやりましょう」と言った。
部屋に戻ると、彼女も私も浴衣をさっと脱いだ。

「おちんちん、すっかり興奮してるわね」

彼女がベッドで仰向けになる。

「さあ、どうぞ」

たまらずペニスを挿入し、深いピストン運動をして射精した。

その後も何度も混浴露天風呂へ往復した。
多い時は3組のカップルがいた。
屋上の混浴露天風呂にわざわざ来るカップルは、やはり露出好きなのだろう。
彼女もやはり露出好きなのだろうか?
黒々と茂るヘアを全く隠さず、堂々としている。
一緒になったどのカップルもタオルなしのヘアヌードだった。

後にも先にも、他の女性のヘアヌードをこんなに見たのは初めてだ。
おかげかどうか、チェックアウトするまで挿入、射精を数え切れないほどした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!