新着情報

急に積極的になった妻[前編]

この体験談は約 7 分で読めます。

最近、嫁が急に変わってしまいました。
僕は32歳の会社勤めで、嫁の環奈は26歳の専業主婦です。
結婚してまだ2年弱で、付き合い始めた時は、環奈はある企業の受付嬢でした。

つい最近まで嫁はそこで働いていたのだけど、結婚を機に仕事も辞めてもらいました。
環奈の職場の男性や、お客さんで来る男性のことがすごく気になっていた僕は、付き合っていた時から、早く辞めてもらいたいと思っていました。
収入的にも問題ないので、結婚はいい機会でした。

僕はかなり心配性で嫉妬深いです。
そして環奈は、バカ夫目線なのかもしれませんが、すごく可愛いと思う。
AKBとかだったらセンターにいておかしくないくらいだと思う。
可愛らしくて痩せているというか、引き締まった体なのにGカップという反則ボディ。
そして何よりも、僕としか付き合ったことがなくて、僕以外の男を知らないという奇跡。
そんな環奈と毎日一緒にいられるだけで僕は幸せでした。

ただエッチに関しては、ちょっと遠慮してしまっているのが残念なところです。
環奈はあまりにも純情というか、中学から女子校だったこともあり、性的なことは驚くほど何も知りませんでした。
僕はそんな彼女に嫌われたくない一心で、セックスもあまり誘わず、してもなるべく短時間で済まそうとしていました。

最近は子作りを始めたので、週に一回はするようになり幸せでした。
ただ、子作りを始めようと環奈が言ってきたその夜、エッチをすると驚くことばかりでした。

先にシャワーを浴びて寝室で待っていると環奈が入ってきました。
環奈は、いつもはあまり色気がない可愛らしいタイプの下着しかしませんが、入ってきた環奈は、真っ赤な透けた感じのブラに、指3本分くらいしか布がないような小さなショーツを穿き、ガーターベルトを着けていました。
ガーターベルトは、太ももの途中までの黒のアミアミのストッキングに接続されていて、エロくてセクシーな姿でした。
ショーツは小さすぎてヘアがはみ出しそうなくらいでしたが、僕が浮気防止という理由で環奈にヘアを剃ってもらっているので、はみ出してはいませんでした。

ヘアを剃ってくれと言うくらい心配性で独占欲が強い僕ですが、せいぜい週1回くらいしか彼女を抱かないのは勿体無い気もします。
でも、あまりエッチばかり迫ると清純な環奈に嫌われると思うので仕方ないです。

「へへwどうかな?変?」

環奈が照れ臭そうに言ってきました。
いつも環奈はシャワーを浴びた後は、身体にタオルを巻付けて、部屋を真っ暗にして入って来ます。
そして真っ暗な中でエッチを始めます。
でも今は部屋は明るいままで、しかもセクシーな大人のランジェリーを身に着けています。

「ど、どうしたの?それ・・・」

僕が本気で驚いてそう聞くと、「うんwアマゾンで買ったんだよwどうかなぁ?興奮してくれた?」と、僕に近づきながら言いました。
彼女のデカい胸がそのセクシーなブラでより強調されて、本当にアメリカンポルノの女優さんみたいです。

「すごく、興奮する。でも、どうして?」

「ヒロシさんに、喜んでもらいたいからだよぉ~w」

嫁の可愛い発言に胸が熱くなりました。
あんなにウブで何も知らない環奈が、僕を喜ばせるためにこんなものまで買って身に着けてくれる。
今まででも十分に最高の嫁でしたが、最高すぎる嫁になりました。
そんな風に感動していると彼女がベッドの上に乗ってきました。

「今日は、私がやってみるね。下手くそだと思うけど頑張るから・・・」

そう言って環奈がキスをしてきました。
環奈の柔らかい唇が僕の唇に当たり、それだけでとろけそうです。
すると、彼女の小さな舌が僕の口の中に入ってきました。
たったこれだけのことですごく驚きました。

彼女の方から舌を入れてきた!

もちろん初めてのことなので嬉しくて仕方ないです。
また一つ、彼女の初めての男になれたと思うと胸が熱くなります。

僕は彼女の初デート、初キス、初体験の相手になれました。
そして今、彼女からのディープキスを受けた初めての男になれました。
まだフェラやクンニはしたことがないですが、それも徐々に初めてを貰うつもりです。
これからの人生、彼女の初めての相手は常に僕なんだと思うと、その幸運に涙が出そうです。

彼女は僕の口の中に入れた舌で歯ぐきや上顎まで舐め回します。
こんなに積極的なキスは当然初めてです。
僕も負けないように舌を絡ませていきます。
すると、キスをしながら僕のペニスを握ってきました。
僕は正直もうイキそうでした。
こんなにもエッチな格好の環奈に、今までされたことがないような積極的な愛撫を受けて、今までないくらい高ぶっていました。

すると環奈が、「ホントだ。カチカチになってる!」と驚きの声を上げました。

僕は性欲はそれなりにありますが、昔からセックスが弱いです。
と言っても、それほど経験が多いわけではないですが、関係を持った女性には外人みたいと言われます。
サイズが大きいのではなく、硬さが足りないそうです。
外人さんみたいに勃起しても柔らかい、という事らしいですが、こればかりは持って生まれた身体特徴なので変えられないと思っていました。
でも、今の僕のペニスは、自分でも驚くほど硬くなっている感じです。

それよりも環奈の「ホントだ」という言葉が気になりました。

(何が本当なんだろう?)

「え?ホントって?」

僕が疑問をぶつけると・・・。

「え!?あ、うん、ネットで調べてみたんだ。どうすれば興奮してくれるかって・・・」

環奈が歯切れ悪く言いました。
でも、そんな事を調べていたのを僕に知られて、恥ずかしがっているんだろうと思います。
それにしても健気な嫁だと思いました。
もしかしたら環奈は口に出さないだけで、僕のペニスが柔らかめなのを気にしてくれていたのかも知れません。

「ありがとう!すっごく興奮してるよ。もう出ちゃいそうだから、いいかな?」

僕は切羽詰まった感じで言いました。

「ダメぇ、今日はいっぱいサービスするんだから!だって初めての子作りでしょ?」

環奈はそう言うと、僕をベッドに寝かせて乳首を舐めてきました。
これにも本当に驚きました。
こんな事を環奈がしてくれるとは夢にも思っていませんでした。
エッチな下着のまま、こんな事をしてくれる環奈に感動していました。
こんな事までして僕を喜ばせようとしてくれる。
きっとこれもネットで調べたんだと思います。
ただ、環奈は意外なほど上手に舐めてくれるので、つい声が漏れてしまいました。

「ふふw可愛い声w気持ち良い?感じてくれてるの?」

いつもは真っ暗な中でほとんど会話もないエッチだったのに、今日は何から何まで違います。
やはり子供を作ろうと決心したことで、環奈は積極的になったのだと思います。

「凄く気持ち良いよ。ありがとう、こんな事まで調べてくれたんだ」

僕が感動してそう言うと、「え?何が?」と環奈は意味がわからないという感じで言いました。

「え?乳首舐めるとか、ネットで調べてくれたんでしょ?」

「あ、うん!そうだよ!ネットで調べたんだ!ヒロシさんのために!」

環奈は妙に力説しました。
そして環奈はそのまま舐め続けてくれて、下の方まで舐めてきます。
そのまま股間の方に下りてきて、僕のペニスを舌で舐めました。
僕はその一舐めで鳥肌が立つほど感じてしまいました。
あの芸能人並みに可愛らしくて、セックスに奥手というか、嫌悪感を持っているようにすら感じる環奈がお口でしてくれている。
もちろん環奈にしてもらうのは初めてです。
環奈の初フェラをもらうことが出来た喜びで少し涙が出てきました。

環奈は可愛らしいお口でペロペロと竿や亀頭を舐めてくれます。
そして、そのまま咥えてくれると、唇でカリを引っ掛けながら頭を振ります。
ネットで調べて、その通りにしてくれているだけなんですが、すごく気持ち良くて驚きました。
環奈は少しドジなところがあり、料理も砂糖と塩を間違えるとか、とんでもないことをしでかす事もあります。
でも、さっきの乳首舐めや、今のフェラは器用にこなしています。
初めてなのにこんなに上手く出来るのは才能があるのかも知れませんが、僕への愛が深いという事だと思います。

すぐにイキそうになり、「ダメ、イッちゃいそうだよ!」と言うと、竿を舐めるのを止めました。
一瞬、なんで?と思いましたが、環奈は僕の太ももを下から持ち上げるようにして、僕の腰を浮かせました。

(な、なんだ!)と不思議に思う間もなく、環奈の舌が僕の肛門を舐め始めました。

「ダッ、ダメだってっ!そんなとこ汚いって!」

慌てて身をよじって逃げようとしましたが、「ヒロシさんのが汚いわけないじゃん!任せて!」と、環奈は可愛いことを良いながら肛門を舐めてくれます。
最初は恥ずかしいだけでしたが、すぐに気持ち良いと思うようになりました。

「へへw気持ち良~い?」

環奈は嬉しそうに言いながら、さらに舐めてくれます。
舐めながら手を伸ばして僕の乳首を触り始めました。
思わず声が出ました。
気持ち良すぎて鳥肌が立ちっぱなしです。

「ふふwいっぱいお汁出てきてるねw嬉しいなぁ~感じてくれてるんだねw」

環奈はエッチな下着のまま、何とも言えない妖艶とも言える笑みを浮かべて、そう言ってきました。

僕は、このとき初めて違和感を覚えました。
僕のために色々と調べて頑張ってしてくれている・・・そう思っていましたが、ちょっと極端すぎると思い始めました。
こんな風にアナル舐めをしながら乳首も責めてくるなんて、初めてで出来るのだろうか?
そう思うと急にドキドキしてきました。
環奈に限って浮気なんてあり得ませんが、疑問に思ってしまいます。

そんな僕の胸の内など知らない環奈は、さらに責めてきます。
僕の肛門を舐めながら右手で乳首を触り、左手で僕のペニスをしごき始めました。
こんなのは超高等技術のような気がします。
しかも、かなり滑らかと言うか、少なくとも『ネットで調べて初めて試してみた!』という感じではありません。
僕はドキドキしながらも、気持ち良すぎてダメでした。

「ごめん!もうダメ!イッちゃう!」

僕がそう叫ぶと、環奈はいきなり僕のペニスを咥えてくれました。
そして右手と唇で僕のカリと竿をしごきあげ、イカせてくれました。
思い切り彼女の口の中に射精しながら、呆けるほど気持ち良かったです。

グッタリとする僕に、「へへw飲んじゃったwヒロシさんの、美味しいです・・・」と、環奈が嬉しそうに少し照れながら言いました。

「飲んでくれたの!?」と、僕は思わず大声で言ってしまいました。

すごく、本当にものすごく嬉しくて、つい声が大きくなりました。
出したのを飲んでもらうのは、なんでこんなに嬉しいんでしょう?
僕は、さっきまで変な疑問を持ったことを恥じました。
環奈は僕のために一生懸命調べて頑張ってくれたのだと思います。
考えてみたら、浮気とかして変なテクニックを身につけたのなら、それを僕に使うはずがないです。
そんな事をしたら、浮気したと白状するようなものです。
堂々と今までと違うテクニックを使えるのは、潔白の証明のようなものだと気がつきました。
そう思うと気が楽になり、環奈のセクシーな格好を見て、すぐに復活しました。

「あっ!もう、大っきくなってる・・・私で、興奮してくれてるの?」

嬉しそうに言う環奈。

「当たり前じゃん!そんなエッチな格好してくれたら興奮しっぱなしだよ!」

「嬉しい・・・じゃあ、今度からもっと色々と着てみるね!」

環奈は本当に嬉しそうです。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

奴隷の巣
最強媚薬エロティカセブン