新着情報

ヤクザの妾になっていた中学生の彼女

この体験談は約 4 分で読めます。

学生時代、俺の先輩は札付きの悪で、その親父が地元で有名なヤクザの親分だった。
先輩の母親は薬物毒で他界という、痛い家の悪い先輩がいた。

中学から付き合ってた彼女(カナ)は、ちょっとだけ裕福な、でも普通の家の次女。
頭は学校で一番優秀で、容姿も激カワイイ子で俺の自慢だった。
若い頃は俺も結構悪いことをしたもので、その先輩と授業抜け出しては遊びまくった。

中学のあるとき、先輩の家で、先輩と先輩の彼女、俺と俺の彼女、あと先輩の友達の5人でプチ宴会みたいなのをやることになった。
行ってみたら凄いデカい和風の家で、黒塗りの高そうな車もいっぱいあった。
ガラの悪い、明らかに堅気とは思えない人たちが出たり入ったりしていた。
5人の予定が、なぜか先輩の彼女は来れないことになって、4人で遊ぶことになった。

不良と言ってもまだ子供なんで、普通にプレステしたりして遊んでいた。

「負けたヤツは浣腸な」

なんて言って罰ゲームで遊んでたけど、俺の彼女もいたので、当然彼女が負けたときは、「先輩、女はちょっと・・・」と俺は必死に止めようとした。
すると先輩は急に不機嫌になって、微妙な雰囲気になってきた。

先輩「じゃ、コーマン(当時はマンコをこう言っていた)見せろや」

俺「・・・それもちょっと、一応、俺の彼女だし」

彼女「あははは・・(苦笑い)」

何を話したかはよく覚えてないが、ますます気まずい雰囲気になったので俺は帰りたくなってきた。
そのとき、隣の部屋から先輩の親父さんが顔を出したんで、挨拶した。
先輩の友達はビビってしまったのかすっかり無口になって、途中で用事とか言って帰ってた。
で、そろそろ暗くなったので、俺も帰ろうかとしたとき。

俺「そんじゃあ失礼しました。また明日っす」

先輩「おう」

俺「カナ、帰ろ」

先輩「この子は泊まっていくって、な?」

俺は冗談じゃないと思った。
なんでそうなるんだ、いきなり。
でも先輩には逆らえないし、逆らうと何をされるか分かったもんじゃない。
俺は、ほんの10秒くらいだったが、まるで何時間分くらいも考えるように葛藤した。
結果的に、彼女を連れて帰ることはできなかった。

次の日から彼女は学校に来なかった。
正確には行方不明になった。
彼女の親が捜索願いを出していたんだ。
俺は事実を知っていたけど言わなかった、いや言えなかった。
でも結局、最後に彼女に会ったのは俺だということが知ってる友人の発言でバレて、俺は警察に呼ばれてすべてを話した。
ヤクザの家に置いてきたと・・・。

それから半年くらい経ったが、彼女は依然行方不明。
ありえないことだが、警察も地元のヤクザの親分には手を出しにくいのだろう。
噂じゃ、芸能界や政界にも先輩の親は手を出していると聞いていた。
彼女の両親も、実の娘がヤクザの家に囚われているというのに、ビビって何もできない。
いや、普通の人間ならそうだろうな。
俺も半分諦めた。

それからさらに半年、俺は高校生になっていた。
悪友の先輩との付き合いもまだあった。
先輩の家に行くことも何度かあったが、彼女は見なかった。
俺は勇気を出して聞いた。

俺「あの・・・先輩。カナってどうなったんすかね?いやね、あの女とかどうでも良かったんすけどね、ちょっと気になったんすよ」

(本当は、まだカナが好きだった)

すると驚くべき回答が返ってきた。
なんとカナは先輩の親父の女になっているという。
それだけじゃなく、夜の相手もよくしていて、ヤクザ親父のお気に入りらしい。
今は離れた場所のマンションに住まわされているらしい。
それだけではなく、中学の頃から年齢を偽って、マイナーなAVや、ソープやキャバクラで働かせられ、金を稼がされているらしかった。
俺は怒りがこみ上げてきたが、あまりに無力で何もできなかった。

俺はあの夜のことも聞いた。
俺がカナを置いてきた夜だ。

実はあのパーティは仕組まれていて、女を先輩のヤクザ親父に差し出すためのオーディションみたいなものだったらしい。
なるほど、先輩が自分の彼女をドタキャンさせるはずだ。
それでヤクザ親父の目に留まり、俺が帰った後すぐに寝室に連れて行かれ、次の日の朝までヤクザ親父に抱かれたらしい。
しかもなんと、今までヤクザ親父の子を妊娠して中絶させられたのが数回あったらしい。

当時、まだ高校に入ったばかりだった俺は壮絶なショックを受けた。
でも、ヤクザの世界では珍しいことではなく、むしろ普通で、もしかしたらAV女優やキャバクラ嬢ってそういう子が多いのかもしれない。

俺は彼女の住んでいるマンションに行った。
どうしても今の彼女を見たかったし、会いたかった。
行ってみてびっくりした。
すごく高級なマンションに住んでいたのだ。

俺は何時間も張って、彼女の出てくるのを待った。
出てきた彼女を見て驚いた。
あの真面目そうなカナが、髪を茶髪というか金髪に染めて化粧をしまくって、ド派手な白い毛皮のコートを着ていたのだ。
首には悪趣味な金のネックレスがしてあった、ヤクザ親父の趣味でしてるらしかった。

ヤクザ親父が通っていると聞いていたので、俺はずっと夜中まで張っていた。
ヤクザ親父が来ると、すぐに扉の前で濃厚なディープキス。
そのあと、カナとヤクザは朝まで出てくることはなかった。

俺は虚しさや悲しさよりも怒りがこみ上げてきた。
あれだけ清純そうな女が、あんな汚れたことを平気でするなんて・・・。
あれだけ俺を好きだと言ったのに・・・。
簡単にヤクザの女になるなんて・・・。
なったらなったで俺には電話一つなしかよ。
女って一夜で心変わりする生き物なんだな。

俺は失望した。
信じていたのに。
あんな親父に抱かれるくらいなら舌を噛んで死んで欲しかった。
自分の親を裏切り、俺を裏切ってのうのうと生きてやがって。
第一、しばらく暮らしてからならまだしも、会った初日から毎晩中出しで抱かれまくっていたのが信じられない。
もう女なんて信じまい。

今は俺は27歳になり、結婚して子供は2人います。
本当にあのとき、あんな女を選ばなくて、ある意味ラッキーだと思っています。
今はこんないい妻に恵まれ、家庭も持てたのだから。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻鹿鳴館