新着情報

地方局の女子アナのブラチラと生乳首

この体験談は約 3 分で読めます。

先日、オルゴールの販売で、地方都市のデパートで開催された物産展に出店しました。
初日のお昼を過ぎた頃、大きなカメラを持った男性とデパートの社員、それに2人の女性スタッフがやって来て、僕のブース前で足が止まり話しかけられました。
夕方の情報番組に、うちのオルゴールを生放送したいと言うのです。
もちろん快く引き受けました。

2人の女性のうち1人はクリっとした目と見事に整った顔立ちで、文句のつけようがない美人。
清潔感のある白いノースリーブのワンピース姿でスタイルも良く、どこか育ちの良いお嬢様のようでもあります。
この女性が差し出した名刺をいただくと、地方局の女子アナでした。
どうりで一見しただけで、どことなく一般人とは違う雰囲気を醸し出していると思いました。

女子アナはスタッフと一緒にショーケースの中に入っている、お客さんは触れることのできない高級品に目が向いています。

「これは日本製で10万円ほどです。こちらがスイス製で30万円ですね」

「すごい、30万ですか」

女子アナとスタッフは30万円という値段に驚きの表情を見せ、スイス製のオルゴールに顔を近づけて前屈みになりました。
すると、女子アナのワンピースの胸元が上下にガバッと大きく開きブラジャーがモロ見え。
ブラジャーは夏らしい爽やかなライトブルーで白い花柄があります。
さらにおっぱいの谷間どころか、もう少しで乳首が見えそうなほどです。

「このオルゴールの音を聞くことはできますか?」

「もちろんいいですよ、ではこちらにどうぞ」

ショーケースからオルゴールを取り出し、横にある作業台に置いて音を流します。
作業台はショーケースより少し低いので、女子アナはさらに前屈みになりながらオルゴールのゆっくりとした動きをまじまじと見ています。
その間、しっかりブラジャーは丸見え。
軽くカップが浮いているので、ほんのあとわずかで乳首も見えそう。
ドキドキしながらも、絶妙な際どさになんとももどかしい気分でした。

実はうちには、もっと高級なオルゴールがあります。
スイス製でクリスタル。
30万円のよりも3倍の大きさがあり、100万円を超す最高級品。
置き場所を考えている途中だったので、まだ箱に入れたままでした。

「実は、もっとすごいのがあるんですよ」

得意げにスタッフに伝えると、目を輝かせながら、「ぜひ見たい」と言います。
木製の箱を開けると、大きさと見た目の美しさにスタッフや女子アナは目が釘付けになっていました。

「これ、ものすごく重たいんです。女性1人だと持てないかもしれませんよ」

「えっ、そんなに重たいのですか?」

「よかったら持ち上げてみます?」

女子アナが手を差し出すので軍手を渡すと、前屈みになりながら手を伸ばしてオルゴールを持ち上げようとします。
その瞬間、ついにやりました。
思わず息を呑みました。
手を伸ばしたことでさらにカップが浮き上がり、待望の乳首が目に飛び込んできました。
膨らみの先端に、薄茶色の小さな突起物がぷっくりとしています。

「どうですか?見た目よりも重たいですよね。では音を出すので、このまま移動しましょう」

僕も軍手をして女子アナと向い合い、一緒にオルゴールを持ち上げて作業台まで移動することに。
わざとゆっくり動いたり、一旦別の場所に置いて作業台に載っているオルゴールを移動してもう一度持ち上げたり、考えられる限りの時間稼ぎをしました。
もちろん、その間は乳首が見えっぱなし。

「ゆっくりでいいですから」と声をかけながらも、目先のおっぱいに釘付け。

まあ移動と言っても振り向いてすぐそこなので、実際にはわずかな時間でしたが不思議と長く感じました。
言葉にできないほど美しい女子アナの生おっぱいは、目眩がしそうなほどです。

オルゴールを作業台に置くと音を流し、再びライトブルーのブラジャーを観賞。
ここでも音の聴き比べてをして、しっかり時間稼ぎ。

色白で柔らかそうで、揉み心地の良さそうなおっぱい。
ブラジャーの上からでも充分感じ取れます。
脳内の記憶機能を総動員して、しっかりと目に焼き付けました。

生放送本番の終了後は女子アナに握手をしてもらいました。
初の生出演に加え、女子アナの生おっぱいまで拝見させてもらい、貴重な体験をありがとうございました。
きっとこのような体験は2度とないでしょう。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

逆援痴女の森