新着情報

弱みを握った女子社員を車の中で襲って中出し[前編]

この体験談は約 7 分で読めます。

職場の女の子をヤッた体験。

職場の事務に裕子って女の子がいて、以前俺が裕子に頼んだ仕事で、裕子がちょっとハードな失敗をしでかした。
そのままいけば客先の信用を失い、俺の立場もやばかったし、裕子も社内処罰ものだった。
そこで俺が客先のフォローや社内の事前根回しをして、なんとか俺も裕子も騒ぎにならずに難を切り抜けたことがある。
それは自分の保身のためであって、別に裕子を助ける目的ではなかったが、それ以来、裕子は俺に感謝していたのか、多少無理な仕事も手伝ってくれた。

ある時、急な仕事で夜遅くまで裕子に手伝ってもらった。
俺は車で帰宅するので、「たまには車で送ってあげるよ」と声をかけた。
裕子は一旦遠慮したものの、結局俺の車に乗ることに。
裕子の家は郊外で、地図を見ると高速道を使った方が早そうだったので、奮発して高速を走った。

車内での会話で、裕子に彼氏が居ないことを知った。
そして、好みのタイプなんかを突っ込んで聞いているうちに、彼女の部署のK主任に恋心を抱いていることが分かった。
俺は別に裕子を恋愛対象には思っていなかったが、K主任は嫌いだったのでちょっと気に食わなかった。
そんな俺の感情も知らず、裕子はK主任の素晴らしさを語りだす。
俺はちょっとイラついて、「あの時の闇に葬り去ったトラブル、K主任に正直に話そうか?」と意地悪してみた。

「えー、やめて下さいよ」

裕子が困った顔をするのが面白くて、しばらくそのネタでからかった。

インターを出てから裕子の家の近くまでは真っすぐ行ってたぶん20分くらい。
でも俺は裕子をからかう時間を稼ぎたかったので、わざと違う道に入っていった。
しばらくして裕子が道路の案内板の行き先が違うことに気付いた。
俺は、「ごめん、道を間違えたみたいだ」と言って車を走らせ続けた。
裕子は不安そうな顔をして時計を気にしていた。

「地図で確認しよう、トイレも行きたいし」

そう言って、俺は人気もなく薄暗い緑地公園の森の脇に車を停めた。
裕子もトイレに行くというので、2人で車を降りて公園内のトイレに行った。
トイレの帰りに公園の案内板を見た。
そこはすげえ不便な場所で、最寄りの駅まで歩くと1時間はかかるだろうと思われた。
もちろん駅に行っても彼女の家とは違う方面だし、もとより終電もなくなっている時間だった。

「じゃ、あとは自力で帰ってね」

いきなり裕子に告げて、俺は走って車に戻った。
後ろから「待ってー」と、慌てて裕子が追いかけてくる。
一足先に車に乗った俺はドアの鍵を閉めて裕子を締め出す。

「開けてよぉ」

笑いながらドアをノックしていた裕子も、俺がシカトしてエンジンを掛けてライトを点けると本気で焦り始めた。
俺がエンジンを止めてドアを開けてやると、裕子は膨れっ面で「ひどいひどい」と言いながら乗ってきた。
時間が気になるのか、「さあ、行きましょ」と裕子が偉そうに急かすので、またカチンときた。

俺は「ヤダよ。K主任に君の恋心と不祥事をまとめてバラしていいなら送ってやる」と言ってやった。

それは裕子の職場での地位と淡い片思いを一気に失う行為に等しかった。
裕子は不快そうな顔をして、「なんでそんなこと言うの?やめて下さいよ。早く帰して下さい」と言う。

「じゃあバラされたい?」と聞くと、彼女は辛そうに首を横に振る。

「じゃあ俺に逆らわない方がいいんじゃない」

俺は裕子の顔を覗き込んで、服の上から裕子の胸を触った。
固めのブラの感触がした。
裕子は泣きそうな顔をして、「お願い、やめて下さい」と呟いた。

「じゃあK主任にバラすよ」

脅しながら、俺は裕子の胸を撫で続けた。
裕子は、「ひどい・・・」と言いながらも抵抗をしなかった。

俺は泣きそうな裕子の顔の上にのしかかるようにして唇を奪った。
そしてそのまま助手席の椅子を倒した。
裕子は頭を振って嫌がったが、俺は裕子の頭を押さえて、固く閉じた唇に舌を無理やり押し込んだ。
必死にキッと閉じた歯を舌で舐め回した。
裕子は震えながら目をきつく閉じて耐えているようだった。

俺は執拗に唇を吸い続けながら、裕子のコートのボタンを外していった。
片手で裕子の胸をセーターの上から撫でながら、もう一方の手をセーターの裾から突っ込んで、セーターを胸まで持ち上げた。
裕子がビクッと動いたので唇を離すと、「いやっ、やめてっ」と裕子が懇願しながら必死にセーターを元に戻そうとする。

「そんな事してたらいつまで経っても車は動かないよ」

笑いながら裕子の手を振り払いつつ、セーターの中のYシャツを引っ張るようにしてボタンを外した。
ラクダ色の肌着が見えた。
ババシャツだった。
裕子は寒がりらしく、今日まさか男の前で服を脱ぐとは思わなかったのだろう。

「おっ、この年でもうババシャツかい?皆に教えちゃお、裕子はババシャツ着てるぜって」

俺がからかうと、裕子は顔を真っ赤にして、「いやっ!や、やめて下さいっ!勘弁して下さい」って必死になってセーターを引っ張って隠そうとする。
俺はそれを押さえつけ、ババシャツも胸の所まで引き上げた。

「やめてーっ」

叫ぶ裕子の剥き出しになったお腹が息に合わせて揺れ、ブラが見えた。
厚手のワイヤー入りのだった。

ブラを上から押さえると、意外なことに弾力がなく、少しへこんだ。
ブラを無理やり引っ張り下ろしてみると、なんと裕子の胸はブラより一回りも小さかった。
実際はBカップくらいの胸を、ブラで大きく見せていたのだ。

「お前、騙してたな!」

「だめーっ!いやっ、見ないでっ。もうやめて。お願いっ」

急に裕子が暴れだした。

「黙れ、この貧乳!よーし、皆にお前が貧乳を隠してわざと大きいブラしてたって言ってやる。明日、楽しみにしてろよ!」

そう言って俺は裕子を睨みつけた。

「ひどい・・・。だめ、だめっ・・・。お願いです、もう許して下さい。もう会社に行かれない・・・」

裕子は顔を真っ赤にして口を震わせていた。

「よし、この貧乳の証拠を写真に撮ってやる」

裕子はまじでビビってイヤイヤイヤと頭を振った。
本当はカメラなんか持ってなかったのだが、カバンからカメラを取り出す素振りを見せたら、「やめてーっ!」と必死になって俺の腕を押さえようとしてきた。

「明日から一生恥かくのと、今だけ恥ずかしいのとどっちがいいんだい?」

裕子は目に涙を浮かべたまま、俺を睨みながら手の力を抜いた。
俺は裕子の背中に手をまわしてブラのホックを外し、ブラを首の近くまでずらして、裕子のお椀型の乳房とポチッとした小さめの乳首を拝見した。
両手で裕子の乳房を掴んで揉みながら、「小せえ胸だなあ、でも小さいなりに柔らかくていいなあ。小さくても感じるんだろ?」と、わざとバカにした言葉を繰り返した。
裕子は首を横に振りながら、「いやあっ、見ないでぇ、やめてぇ」と繰り返していた。
裕子の乳首を指で摘んで転がすと、乳首がなんとなく立ってきた。

「ほーら、乳首立ってるよーどうしたのかな?」

「お願い、もうやめてっ!誰か助けてっ!」

裕子は手で遮ろうとしてきた。
俺は彼女の手を掴んでねじ伏せ、「K主任に助けてもらいたいのかい?」と告げた。
K主任という言葉に裕子はハッとして俺を見た。

「じゃあK主任に助けを求めれば?助けてくれるかなあ、恥ずかしいババシャツの貧乳隠しの不祥事女なんかに」

そして、「あの時君を助けたのは誰だったっけ?頭の良い君なら忘れてはいないよね」と畳み掛けて、彼女の手を押さえる力を強めた。

裕子の目から涙が零れて、手の抵抗力が収まった。
俺は、「いい心がけだ」と声を掛けて、彼女の両手を押さえたまま乳首を舌で弄んだ。
裕子が声を殺して泣いているのが聞こえた。
続いて俺は裕子のジーンズのベルトに手を掛けた。

「やめてっ!」

裕子が上体を起こして俺を止めようとした。
一旦ベルトから手を離し、彼女の両手首を掴んで左右から背に回し、そのまま上体を肩で押さえつけて体重をかけた。
彼女の片手は俺の体重をかけられた背中と椅子の間に挟まったが、もう片方の手は抜け出してさらに俺に抵抗してきた。
俺はコノヤロウなどと言いながら片手でその手を押さえ込んだ。

「痛いっ!おねがい、もうやめてっ」

泣きながらほざく裕子に、「暴れると痛いよ」と笑って言ってやった。
俺が片手で何とかベルトを外すと、今度は腰を揺らして抵抗してきた。

「まさか今度はモモヒキなのかな?裕子さん」

「そんなの穿くわけないでしょ!変態!」

「だったらモモヒキじゃない証拠を見せるんだな、ババシャツ女!」

俺は応酬して、力ずくでホックをとってジーンズのファスナーを下ろした。
茶色いパンストと、その中に黄色っぽいパンティが見えた。
お腹側からパンストとパンティの中に指を突っ込んだ。
指先が彼女の陰毛に触れた。

「あひぃーっ、だめダメッ!やめてぇ」

裕子は腰をずらして俺の手を抜こうとした。
俺も必死にパンティの中に入れた手を奥へと這わせた。
裕子は腰を曲げ、両足を必死に閉じて、陰毛より先への俺の手の侵入を拒んだ。
必死な顔をしている裕子の唇を再び塞いで舌を割り込ませた。
口で息がつけなくなった裕子は鼻息を荒くした。
一瞬足の力が抜けた隙に、パンティの中の手を一気に奥へ差し込んだ。
裕子のアソコの端に指が達した。
口を塞がれたまま裕子は「ウー」と唸った。

俺はさらに指を進めた。
クリは分からなかったが、その辺りを人差し指と中指でグニグニと刺激した。
それまで俺の舌を拒み必死に閉じていた裕子の歯が開いた。
俺はすかさず舌を割り込ませ、裕子の舌を舐めた。
裕子の目がギョッとしていた。

パンティの中の手は裕子のアソコの穴らしき深い溝に達した。
俺は指を折り曲げてその柔らかいヒダヒダの穴の入り口を掻き回した。
裕子のアソコは全然濡れていなかった。
まだ裕子は腰をずらして俺の手を抜こうとしている。
俺は折り曲げてた指を伸ばして、アソコより奥に指を撫でながら這わせた。
パンストの締め付けが邪魔して苦労したが、辛うじて中指の腹が裕子のアヌスに触れた。
お尻の穴に指が達した瞬間、裕子は目を見開いて「ウーウー」と嫌がった。

「こっちの穴で勘弁してやろうか?」

俺が唇を離して呟きながら指の腹でアヌスをつつくと、裕子は必死に、「だめだめっ!汚いっ!そんなとこ触らないで、恥ずかしいっ!」と哀願しながらアヌスをキュッと引き締めた。

「じゃあこっちだ」

そう言いながら、反動で弛んだ太ももの締め付けを親指で押さえながら、裕子のアソコの穴に指3本を突っ込んだ。

「いやぁっ!あぁぅ!」

裕子が悲しい叫び声を上げた。
濡れてないアソコの中で指を乱暴に動かしながら彼女の首筋に唇を這わせた。
続けて耳たぶを舐めながら、「濡れてきたんじゃない?いやらしいな」と囁いた。
裕子はビックリして、「うそっ!違うっ、違うのっ。いやっ、嫌なの!こんな・・・」と泣きながら否定した。
本当は濡れてなかったが、「何が嫌なんだよ、こんなに濡れてて。なんでアソコが濡れるのか、お前だって知らないわけじゃないだろ」と嘯いた。

裕子は、「もう許して。お願いです。許してください。もう家に帰らないと家族に叱られる・・・」としゃくり声で許しを請うてきた。

「じゃ、終わらすか」

俺は手の動きを止めて、のしかかってた体を起こした。
裕子は少し安心したのか、強ばらせていた体の力を抜いた。
俺はパンティの中から手を抜くためにもう一方の手をジーンズに添え、手を抜くと同時に彼女のジーンズとパンスト、そしてパンティを一気に膝まで引き下ろしてやった。
不意を突かれた裕子が、「きゃあ!なにすんの」と悲鳴をあげる。
俺は、「終わらすんだよ!」と怒鳴って、裕子の剥き出しになった股間に手を突っ込んだ。

「いやっ、やめて!うそつき!終わらすって言ったじゃない」

焦る裕子。

「だから早く終わらせないと。じゃないとママが心配するよ」

俺は笑いながら言い放った。

「ひどい・・・。詐欺!ペテン師!」

裕子は言いながらジーンズを上げようとする。
俺は裕子の首を押さえつけ、脅した。

「詐欺はひどいな。終わったらちゃんと家に帰してあげるって。親御さんも待ってるんだろ、家に。早く終わらせて帰ってあげなよ。それともK主任に全てを話す?」

裕子の全身から力が抜けた。
ジーンズを引っ張っていた手が離れた。
肩が震えていた。

「・・・これで、もう終わりにして下さい・・・」

裕子は泣きながら俺に告げた。

「なんだよ、泣くなよ。これからが気持ち良くなるんだからさ」

そう言うと裕子はますます泣いた。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

新妻・熟女の不倫掲示板
最強媚薬「エロティカセブン」公式通販サイト