無防備で天然な妻のミニスカ制服姿に興奮して

この体験談は約 4 分で読めます。

俺(隆司、37歳)は異常な性癖の持ち主です。
俺は、妻(美沙、33歳)のエッチな姿を他の男に見せたいんです。

数ヶ月前、俺は学生時代からの友人(晴彦、37歳)と飲んでいました。
晴彦の実家は土建業を営んでおり、今は親から引き継いで社長を務めています。

俺「前に事務員を探しているって言ってたよな?」

晴彦「あ~、おばちゃん事務員が孫の世話するからって辞めちゃってさ」

俺「まだ募集しているの?」

晴彦「募集しているけど・・・どうかしたか?」

俺「俺のカミさん雇ってもらえないか?」

晴彦「美沙ちゃんを働かせるのか?」

俺「娘の今後を考えると貯金も必要だろう。俺1人じゃ家のローンだけであっぷあっぷだから」

晴彦「美沙ちゃんなら大歓迎だけど・・・いいのか?給料安いぞ」

俺「パートよりはいいだろう?」

晴彦「まぁ、そうかも知れないけど・・・娘さんは?帰りは19時くらいになっちゃうかも知れないぞ」

俺「娘は実家に頼むよ。家からすぐだし」

酒は進み、お互いにすっかり酔っぱらいです。

俺「なあ、事務員の制服ってどんなの?」

晴彦「タイトスカートに水色のブラウスとベスト。気になるのか?」

俺「タイトスカートってどれくらい短いんだ?」

晴彦「ん?膝が隠れるくらいだけど、どうした?」

俺「もっと短いのでもいいんだろう?」

晴彦「そりゃ、その方が男達の目の保養にもなるし・・・」

俺「じゃあカミさんの制服は激ショートで作ってくれよ」

晴彦「マジかよ!うちは土建業だし、男臭いのが多いぞ。美沙ちゃんがそんなの穿いたら、絶対にエロい目で見られるぞ。いいのか?」

俺「知ってるだろ。そういうのに興奮するんだよ!」

晴彦「昔から変わってないなぁ!その寝取られ癖!」

俺「別に本当に寝取ってくれって言ってるわけじゃないんだからさ!」

晴彦「分かったけど、あとで後悔するなよ」

俺「ビデオも頼む!」

晴彦「ハイハイ!」

以前にも晴彦の会社で彼女にバイトをさせたことがあって、エッチな制服姿を見て興奮していました。
家に帰り、妻に「晴彦の所で事務員で使ってくれるって」と言うと、「本当に!家から近いし良かったわ」と何も知らずに喜んでいました。
妻は天然で無防備なところがあるので、ちょっと丈の短い制服でも気にすることはないでしょう。

俺「今日、晴彦と会って制服を貰って来たぞ」

妻「で、いつから行けばいいの?」

俺「明日からでも来て欲しいそうだよ。実家には話しているから、こっちはいつでも大丈夫」

妻「じゃ早速、明日、行ってみようかしら」

俺「制服、試着してみれば」

妻「そうね!」

そう言って妻が服を脱ぎ始めたんです。

俺「事務員って言っても会社の顔だから、下着も良いものを着けた方がいいぞ」

妻「え?良いものってどういうの?」

俺「これ、買って来たんだけど、どうだ?」

妻「・・・透けちゃってるけど・・・大丈夫?」

俺「これくらいのがいいんだよ」

妻「パパがそう言うんだったら・・・明日はこれにするね」

毛がはみ出さないように、妻は風呂で下の毛の手入れもしていたようでした。
翌日、妻は真新しい制服に身を包み、「ちょっと緊張するわね」と言いながら自転車に跨がりました。
前から見るとタイトスカートは捲れ、股の奥がハッキリ見えます。
この後、妻は会社までの道のり(約1キロ)を、パンチラしながら行くのかと思うと興奮が止まりません。

妻「じゃあ行って来るね!」

妻は自転車を走らせました。
私も少し遅れて会社に向かったんですが、仕事中も妻のことが気になって仕方ありませんでした。

仕事を終えた私は友人の事務所へ立ち寄りました。
すでに妻は帰宅した後で、事務所には友人と2人の従業員が残っているだけでした。

俺「で、どうだった?」

晴彦「お前、本当にあの制服でいいのか?」

俺「凄くいやらしい制服だよな」

晴彦「制服もそうだけど・・・正直、何度も下着が見えちゃってさ」

俺「見えたか?エロい下着だったろう?」

晴彦「毛も透けて分かるくらいだったぞ」

俺「そうか!俺が選んだんだ!」

晴彦「好きだよなぁ・・・従業員も気になって仕方なかったと思うよ」

俺「みんなに見られたんだ!ヤベ~、興奮してきた」

晴彦「本当に知らないからな!」

家に帰ると妻は、「案外、事務の仕事って多いのね」と言いながらも、オジサン従業員とのコミュニケーションが楽しかったみたいで満足している様子でした。
その後も妻は私が購入した透け透けの下着を着け、毎日自転車で仕事に通い、従業員はもとより、来客にもパンチラを見られていたみたいでした。

妻が働き始めて1週間、晴彦から約束のDVDが手渡されました。
妻の席は男性従業員と向かい合う形で設置され、机の前を覆っていた鉄板は外され、妻の座る姿が正面から覗けるようになっていました。
従業員の視線は妻のスカートの奥へ向けられ、表情もいやらしくニヤついています。
1人の従業員に何かを頼まれた妻は、「ハイ!ちょっと待ってて下さい」と言い、脚立に上って後ろのキャビネットから書類を取り出していました。
その後ろでは数人の従業員が妻のスカートの中を覗き込み、終いには、「美沙ちゃん、危ないから」と言いながら妻のお尻に触れている者もいました。
それを親切と勘違いして、「すみません」とお礼を言う妻!
従業員の行動は日に日にエスカレートしていき、押さえる手はクイクイと動き、どう見ても普通にお尻を揉んでいるように見えました。

働き始めて1週間でここまでされているとは想像以上でした。
また進展があれば報告したいと思います。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド