新着情報

オナ禁した三十路カップルの限界チャレンジ

この体験談は約 6 分で読めます。

去年の夏、週末同棲してる彼女と限界にチャレンジしてみた。
次に会うまでの5日間はお互いオナ禁して、土曜日の朝イチに彼女の部屋へ行き、ちょっと高めのユンケル飲んで、洗濯と掃除が終わってからチャレンジ開始の段取り。

ちなみに俺は30歳。
彼女は36歳で性の盛りw
若干贔屓目だけど化粧して服着たら20代半ば~後半。
彼女、年の割にミニスカの似合うエロボディなんだが、脱ぐと若干乳尻が垂れてて、頭皮からお母さんの匂いがする微妙なお年頃。
でもまぁ一緒にいるだけで常時半勃起しちゃう女だから問題無い。
彼女も俺と一緒の時はマン汁垂れるの困ってて、今はソレ用のナプキンみたいなの付けてる。
この前まではティッシュ挟んでガビガビになってたのに、そんなもん何処で見つけてきたんだw

話を戻す。
掃除の手を止めて洗濯物を干してる彼女を見る。
ポワポワ揺れる乳見てたら我慢できなくなって後ろから揉み倒して、なし崩しのスタート。
ちょっと乱暴に揉んで乳首つねってキスして舌しゃぶりまくってマンコクチュクチュしたら、何の前触れもなくイッちゃった。
しかしここで、挿入してないのにイクのはカウントするかどうかの問題発生。
協議中も指でマンコ掻き回してたらさらに1回イッたようだったw

問題は先送りにして、濡れ過ぎマンコに最初はゴムで付けて挿入。
20回ぐらい腰振っただけでうっかり大放出。

「あぃぃぃ~!!」

かなり気持ち良かったらしい。
ゴム外してキレイに舐め取ってもらい、俺もマンコを軽く拭いて一息してから再びニュルっと入れる。
嬉しいのか悲しいのか基本的に生OKな体質なんだよ・・・orz
でもさすがに連続で何回も中出しするのはちと怖いので、2回目以降はいつも通り、出す時は口で受けてもらって尿道をチューチュー吸って全部飲んでもらう。
関係無いけど、精液飲むようになってからバストアップしたとか言ってるが、正直な話、違いがわかんね。

挿入したままシャワー浴びたり、風呂の掃除しながらお互いイッたり舐めたり飲んでもらったりしてたが、腹減ってきたので気分転換を兼ねて飯の材料の買い出しと燃料のエロDVDを借りに出掛けることに。
その時の彼女にさせた服装は、下はローライズで、腰からは横が紐に近いTバックをモロパンさせて、上はノーブラで一昔前に流行ったピッタリしたTシャツ。
それと浮き乳首隠しで申し訳程度にケープを羽織る。
端から見たら年齢を弁えないキモ老けカップルだと思うけど、見てるだけでまたムラムラする。
完全に贔屓目だけどw

スーパーでは抱き寄せるように手をまわして下乳をプニプニ摘んだりケツ揉んだりパンツのゴム弾いたりやりたい放題。
オバハンの視線が凄かった。
ビデオ屋では腰じゃなくて完全に乳に手を当てて人影の少ないエロコーナーを練り歩く。
棚の前に立ち止まった時は二人でしゃがんでDVDの詳細を一緒に見る。
俺は乳を後ろから揉みしだき耳元1cmの距離で会話して、時折腰パンをパッチン。
彼女の手は俺のチンコを擦る。

ふと周りを見れば恐らく10代ぐらいの若い男がチラチラ見てる。
荷物と羽織ってるケープを没収して、少し離れてその男と彼女を観察。
彼女にはそのまましゃがんでDVDを吟味するフリを指令。
恥ずかしいのか、浮き乳首と顔を髪で隠してるのがいじらしい。
しばらくしてから、「な~んだ、ここにいたのか~」風に男に見えるようにねっとりとハグして軽くキスして、腰パンをパッチンさせてからエロコーナーを出る。
仕返しにチンコをつねられる。

レジでは指が食い込む様に、なおかつ指で乳首を挟むように乳に手を当てつつ、彼女に俺の腰からサイフ出してもらって会員カードと金も出してもらう。
店員の女の子(恐らく10代ぐらい)が下向いたまま応対してくれるのが可愛いかった。
店出たところでまたつねられた。

んで帰り道、人気の無い道を歩きながらTシャツの下から手入れてモミモミ。
彼女はポロリを気にしつつ、俺のパンツの上から手の平でチンコをサスサス。
青姦希望したが強く強く却下されたので、帰って即、服着させたまま玄関で無理やり挿入。
なんでさっきより濡れてるんだ?

「ちょ、ちょ待って!ビール揺れるからちょ待って!」

置けよw
昼飯一緒に作って喰って新婚さんいらっしゃ~いを観ながらお茶飲んで小休止。
この時点で午後1時過ぎだったかいな?
集計してみたら、確か俺が4回で彼女が8回。

「お前そんなにイッてるの!?」

不意を突かれて挿れられた瞬間とか、ビデオ屋でのハグとキスとかでも軽くイッたと顔を赤くしながら自己申告される。
可愛すぎるので顔中キスしてから舌をしゃぶりまくって挿入。
無いと思うけど、もしそれが嘘だとしてもナイスな嘘をありがとう!って感じだ。
うん、俺アホですw

終わってから、掛け布団を抱き締める彼女ごと背中から抱き締める形でお喋りして、風呂入ってビール飲んでDVD観よう!ってことになる。
風呂では泡踊り合戦で洗い合い、シャンプーし合い、落ち着いたところで2人っきりの古今東西お題付きしりとり。
彼女が負けたら一分間声を出さず手マンに耐える。
俺が負けたらリンス手コキに一分間耐えるという毎度のアホルールw
いっぱい遊んでたっぷり汗かいて、冷房でひえひえにした部屋で全裸で一気にビールを煽る。
声を揃えて・・・。

「うっめ~!!」

口寂しくなったので、ツマミ代わりに彼女のアナルをペロっと舐めて2本目のビールを出そうとしたら、冷蔵庫の前で屈もうとしてる俺のアナルをペロっと反撃されたので、そのまま69対戦開始。
この時『お互いイカさずに長く舐め合おう協定』が結ばれる。
これが午後5時半ぐらい。
今考えれば風呂に2時間ぐらい入ってたってことか。

舐め合い吸い合い、上になり下になりと頑張ってたが、疲労とアルコールと内股枕が心地よいのが重なって、マンコに顔を埋めてウトウト。
目が覚めたらベッドに寝てて、きちんと布団掛けられてた。
なんか妙に照れた。
ありがとう。

彼女は晩飯の準備してて、「おはよ~、腰振り過ぎて下半身がフワフワするよ~w」と。
俺のお気に入りの部屋着と下着で料理してる姿が愛おしかった。
邪魔にならない程度にくっついて甘える。
全裸で。

明日はどこに遊びに行くか相談しながら、晩飯とビールをのんびり楽しむ。
赤ヒゲ薬局とプール付きとかのゴージャスなオプションのあるラブホに行きたいと言われちょっと引くが、「遊園地のプールとかどうよ?」って話したらウキウキと水着を引っ張り出して選び出すw
色んな所に谷間作ったり寄せた乳肉を逃がしたりして着替えの邪魔してたら、「もー!またムラムラしてきたやろ!」と怒られて、もう何回目かわからない挿入。
水着のまま壁に手をつかせて立ちバック。
チンコが立ち過ぎてちょっと痛い。

チンコ挿したままプレステのコントローラーでDVDを再生させる。
前に一回観たパイズリ総集編。
恥ずかしくてリクエストできなかった“乳首にチンコ擦りつけ”のシーンで、「これやって欲しい・・・って言ったら怒る?」って弱気にねだってみる。

「んふふ~」と不適な笑いを返され、ニュポッとチンコ抜かれてベッドの端っこでしてもらう。

最初はおぼつかなかったが、慣れてきたら片手で乳と乳首とチンコを自在に扱う手つきがエロ過ぎる。
勃ち過ぎてチンコ痛い。
でもメッチャ興奮して「イキたいよ~」って言ったら、そのまま口に含まれて楽にしてもらう。

ぐったりしながらここで本日2回目の集計。
俺が12回出して、彼女は16~17回。
時間は23時過ぎだったかな?

「俺はもう無理っぽいけど、お前はキリの良い24回イクように頑張れ!俺も頑張る!」

「気持ちいいけどこれ以上はイケないかも・・・」

無視して勝手に頑張る。
舐めたり弄ったり刺したり、なんとか18回目を達成。
その後、俺も13回目を無理やりに生中出しでイク。
ほとんど出てなかったけどw
俺が出した時に一緒に軽くイッてくれたので、最終的に彼女は19回、俺は13回。

最後に時計を見たのは0時前。
彼女は大いびき。
次の日、目が覚めたら昼の12時w
スピスピ寝てる彼女が起きないように抱き締めてから、おっぱいに顔を埋めて寝ようとモゾモゾしてたら起こしちゃった。

「コーヒー淹れるね~」と言いながら起き出そうとするが、立つのが辛いらしく俺が用意することに。

チンコがキンキンヒリヒリ痛い。
コーヒーとカップ持って戻ると・・・。

「マンマンがピリピリ痛いよ~~~~」

結局プールはバイキンや刺激がキツそうなので中止して、徒歩で1分の小さな中華屋さんで本当に本当にささやかな打ち上げw
他の客が全然いなかったので、餃子とピータンでビールを飲みながら、あの時はあーだったこーだった、途中から精液の味が変わったとか、ペース考えればもっと記録が伸びたとか、人目をはばからずちょっとした反省会もw
結局、その日は帰ってから暗くなるまで抱っこして一緒に本読みながら何回もチュって軽いキスしあってダラダラ過ごしました。
でも夜寝る前にお互いのアソコを舐め合って、「なんか動物みたいw」って言葉でムラムラきて一回だけしちゃいましたけど。

おしまい。
ど下手な文章で長々と失礼しました~。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

テレメール
最強媚薬エロティカセブン