新着情報

週末はピンサロで働く新入社員の娘と

この体験談は約 3 分で読めます。

いつものように繁華街に飲みに出ていた週末、俺は同僚とバーで飲んでいた。

同僚「ちぇんぱい(先輩)、今日は久々に抜きにいきたくないですか?(笑)」

俺「俺はどっちでもいいよ。飲めればいいし」

同僚「きーまり!!じゃあ早く出ましょ!」

俺「どこの店行くんー?」

同僚「ちょっと行ってみたい店があるんですよー!!」

こうして同僚について行った、とあるピンサロ。

(やばい。ここ、あいつが働いとるとこやん・・・)

“あいつ”とは、今年入ってきた新人社員の娘だ。
俺はたまたま繁華街で会ったことがあるので、ピンサロで働いている話は聞いていた。
同僚にバレたらヤバいのではないかとか色々考えていたけど、酔っぱらってるからどうでもよくなってきた。

とりあえず入店。
店の入り口の前で女の子の写真を5枚ほど渡された。
今日は働いていないことを祈りながら写真を見た。
しかし、みんな顔を隠してるから誰が誰だか分からない。
同僚と一緒に入れるように、待ち時間が同じ娘を指名した。

同僚「いやーワクワクしますね!風俗さいこー!!」

同僚はもうテンションがおかしい・・・。
いざ店の中に入ると、ジュポジュポやらチュパチュパやら音が騒がしかった。
敢えてなのか分からないが、一番奥の席に案内され、女の子が男性客のを咥えてる所を見せられるように歩いていった。
座ってしばらくしたら指名した女が現れた。

女「始めましてー、◯◯です」

(!・・・この声)

当たりというか外れというか、新人社員の娘だった。
俺はとりあえず分かってないふりをした。

女「今日は仕事帰りですかー?」

俺「いや、ニートなんだ!(笑)」

(どんな誤魔化し方だ)と自分でも思いながら服を脱がしてもらった。

女「もービンビンですね!!久しぶりなんですか?」

俺「まぁね!君とするために溜めてきた!」

女「えー!嬉しー、でも冗談ですよね(笑)」

なんて話をしながら女はちんこを消毒していた。

女「じゃあ舐めますね!上は脱いだ方がいいですか?」

俺「そーだね!!やっぱりおっぱいも触りたいし!」

女「はーい!痛かったら言ってくださいね!」

ジュポジュポ・・・チロチロッ・・・パクッ・・・チュパチュパッ・・・。

(よかった・・・バレてないみたいだ)

安心した俺は、舐められて気分も乗ってきた。

俺「下も触れる?」

女「いいですよ!69はプラス料金ですけど」

俺「したくなったら言うわ」

知り合いの女とやってると思うとだんだん興奮してきた。

女「アッ・・・アン・・・激しっ・・・い・・・い・・・イキ・・・そ・・・アッ・・・ンー・・・!」

女はイッてしまった。
しかしすぐに女は起き上がって俺のモノに貪りついた。
プロの本気のラストスパートで、俺は呆気なく女の口の中で果ててしまった。

女「ごくッ・・・」

俺「えっ?!飲んだの?」

女「あっ、思わず飲んじゃった!!(笑)」

驚いたが、まぁいいかと思い、同僚の女が呼ばれたので俺も出ることにした。
同僚が出るのを待ってから、顔を隠すように俯きながら出た。
同僚の満足そうな顔を見ながら代行を呼んで帰宅した。

で、次の日。

同僚「昨日はよかったですね!」

俺「あー、うん」

同僚「何かテンション低いっすね!(笑)」

俺「ちょっと酔いが醒めて仕事やからな・・・コーヒー飲むか?」

同僚「お願いしますー!」

コーヒーを入れに行くと、そこに新人社員の女がいた。
俺は少し緊張したが、女の方からニコッとしてきたのでホッとした。
そして給湯室から出ようとした時・・・。

女「俺さん、昨日のことは内緒ですからね(笑)」

俺「えっ?気づいてたの?」

女「はい、最初から!」

俺「わざと指名したわけじゃないから」

女「分かってますよ!その代わり、昨日イカされたお返し、近いうちにさせてくださいね!(笑)」

・・・この後のことは、また今度にでもゆっくりと。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

発情倶楽部
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。