タイプの紳士に巧みな愛撫で翻弄されて

この体験談は約 3 分で読めます。

26歳の女です。
6月の暑い日。
女友達とお茶してる時に偶然、彼女の高校時代のバレー部の先輩に出会い、同席したんです。
彼は地方の支店長で、その日は会議で上京して来たとのことでした。

長身で渋い感じの紳士。
知性的なセンスがあり、私の好みのタイプでした。

話が盛り上がってる最中、彼女の携帯が鳴って、彼女は急いで帰ることになり、「ごめんね~」と言って、そそくさと席を立ちました。
それで私は彼と2人っきりになったんです。

ちょうど昼時になり、彼から、「もし時間があるなら一緒にランチはいかがですか?」と誘われました。

彼の宿泊しているホテルは歩いてすぐのシテイホテルでした。
フレンチレストランでご馳走になりました。
慣れない高級ワインで酔った私を気遣い、「僕の部屋で少し休みましょう」と彼は言って、私を抱きかかえるようにしてエレベーターに乗り、部屋のベッドに横たえてくれました。
水を飲ませていただいたり、苦しそうにしていると上着を脱がせてくれました。
しばらくそのままでまどろんだみたいでした。

私が眼を覚まして起き上がろうとした時・・・。

「もう少し休んでいたほうがいいですよ」

彼は優しい言葉をかけてくれて、寝ている私を覗き込み、自然に軽く接吻されました。
「あっ」と思う間もない仕草でした。
彼は私を上から抱き締めてディープキス。
うっとりしてしまう私。

いつの間にかブラウスを脱がされ、ブラジャーも外されて、胸を優しく撫でまわされていました。
そのうちに身体中が燃え立つ感じになり、彼の巧みな愛撫に翻弄されてヌードにされた私はクリトリスを舐められると、すぐに頂点に達してました。
身体が結ばれる前に、こんなに激しくイッたのは初めてでした。

「欲しい!欲しい!」

本当は大きな声で叫びたいくらい彼が欲しいのに、入れてくれないんです。
さんざん挿入を焦らされ、何度もイカされて、いよいよ時、私は自ら脚を大きく開いてお迎えしました。
雄々しいそれは、とても硬くて素敵でした。
下から力強くオマンコを貫かれて、子宮が押し上げられ、全身に泡立つような快感が走りました。
私は何度も連続でイキまくって、最後は失神しちゃいました。
生理の直後でしたから・・・。

「今日は安全日だから生でお願い!」
「もう許してー、いっぱい出してー」

最後の方は恥ずかしさを忘れて叫んでいました。
ようやく彼は膣の奥深くにドクドクと精液を出してくれました。
子宮に精液の勢いを感じる、とても満ち足りた射精でした。
そのあとは後からも攻められて、また何度もイッちゃいました。
最後は騎乗位で、彼を上から見ながらペニスをこねてあげました。

その日から、友達には内緒で彼とデートしています。
この幸せがずっと続くといいな。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド