エロい女子のフェラテクで瞬殺された

この体験談は約 3 分で読めます。

俺が高校生の時の話・・・。
その日は仲良しグループの中の男4人と女3人で飲んでたんだ。
男達はいつも飲んだらM(女子)の家に泊まりに行く習慣があったんだけど、経緯は忘れてしまったが、その日はなぜか女友達の1人、Eが一緒に泊まりに来たんだ。
もう夏の朝4時半頃だったから軽く明るくなってきてた。

Mは泊まりに来たらいつも1人でベッドで寝るわけだが、その日もMはすでにかなり眠そうで、帰るとすぐにベッドで寝始めた。
俺ともう1人、泊まりに来た男のTとEは一緒に掛け布団1枚で床で寝ることに。
Tはかなり遊び人だった上に、俺もTも酔っていたため、2人でEを挟んで寝ることにした。

最初は皆で他愛のない話をしてたんだけど、気づいたらMは爆睡モードに。
まだそこまで限界ではなかった床組3人は話を続ける。
すると遊び人のTがいきなり、Eの乳を揉み始めた。
俺は最初、上を向いてたから気づかなかったけど、Tが「本当にデカかったんだなw」とか言い出すからさすがに気づいた。
(確かEカップくらい)

俺、その時は付き合ってる子がいて、彼女とEは親友だったから、さすがに笑って「何やってんだよw」くらいに最初は流しただけど、その後もTは留まるところを知らないw
Tが乳首を触ったようで、Eは敏感で有名だったし、少し声を漏らす。
それを聞いてさすがに俺も耐え切れず、理性は飛んで、右の乳へ手を伸ばした・・・。

(デカい!!マジでデカい!!!)

それなりに経験はあったけど、歴代のかなり上位に食い込むくらいEの胸はデカかった!
気がついたら俺も乳首を弄っていた。
さすがに目が覚めたEは「やめて・・・」と小さい声で言うが、本気の抵抗はしていない。

気づけば10分くらいは揉んでいただろうか。
ついにTが下へ手を伸ばした。
すかさず俺もそれに便乗。

E「それはさすがにダメ!」

EがMにバレない程度の声で拒否したので、仕方なく2人の手は上に戻って・・・みたいなやり取りをまた10分くらい。
デカい乳と、Mにバレないかどうかの興奮で俺の息子はすでにギンギンになっていた・・・。
するとEが俺達の息子をジャージのズボンの上から触り始めた!
それもなんというか、すごい優しく擦る感じで。
その触り方にさらに興奮してしまい、俺はズボンを脱いだ。
それでもEはパンツの上から擦ってくれる。
今思えばEも結構な変態だったんだなw

俺は長時間フル勃起してたせいで我慢汁が半端じゃない。
Eも時折、「超濡れてるじゃんw」とか言ってくるし、それが余計に興奮する。
俺がEの右側にいて右手(利き手)でされてたから、きっとTより気持ちよかったはずだ。
たまに手を下に持っていこうと試みるが、「そこ触るならしないよ?」と言われ、触るよりも触られたい俺は、もちろん我慢w
そのやりとりも何回もループして、そのまま20分以上は弄られてたと思う。

さすがに俺ももうそろそろ限界を迎えそうだ・・・。
Eの巨乳を揉み続け、優しくしごかれたり、先っちょを弄られていた俺はもう限界だった。
しかしここはMの部屋の床!
さすがに出すわけにはいかない!
ようやくここで理性が働いた俺はEに、「それ以上されたら出ちゃうかもしれない・・・」と言った。

「出すのはさすがにダメだよ・・・」と言うくせに、弄り続けてくるE。

(もうダメだ!抑えきれない!)

俺はEの頭を鷲掴みにして布団の中に引きずり込んだ。
そしてそのままの勢いでチンコをEの口に押し付けた。
しかしEは口を開かない。
(この時はEの顔は見えないから手探りでやってた)
それでも俺はEの口にグリグリとチンコを押し付ける。
Tは、「おぉ、マジで!?w」とか言ってたけど、もう俺の耳にはTの言葉なんて入ってこない。
するとEがついに口を開いた。
そしてEの長い舌が俺のチンコを絡みつくように舐め回してくる。
ずっと寸止め状態だったこともあり、Eのテクニックにマジで瞬殺。
そのまま口の中に、今までにこれほどの精子が出たであろうか、というくらいぶちまけた。

その後TとEは2人でコンビニに行き、俺は寝てしまった。
気まずくなるかと思ったけど、次の日からまた普通の関係になれたから安心した。
後で話を聞くと、最初は我慢汁かと思ってたら、いきなり半端じゃない量が出てきてEもビビったそうだw

これは今でも俺の最高のズリネタです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!